生憎の雨に見舞われたジロ・デ・イタリア最終ステージ。トリノの周回コースでスプリンターたちが競り合い、進路妨害による降格処分を受けたニッツォロに代わってアルントが勝利。ニーバリが第99代チャンピオンに輝いた。



雨のクーネオをスタートする157名の選手たち雨のクーネオをスタートする157名の選手たち photo:Kei Tsuji
雨の最終ステージを迎えた山本元喜(NIPPOヴィーニファンティーニ)雨の最終ステージを迎えた山本元喜(NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:Kei Tsujiアスタナのチームメイトたちに守られるように走るマリアローザのヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)アスタナのチームメイトたちに守られるように走るマリアローザのヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji


クーネオを離れると天候は回復傾向にクーネオを離れると天候は回復傾向に photo:Kei Tsujiアルプスを越えた157名が目指すのはピエモンテ州の州都トリノ。3週間(休息日が3日間あったためほぼ4週間)にわたる3463.1kmの戦いを締めくくるのは、合計8周する全長7.5kmのトリノ周回コースだ。

チームカーを運転する監督と乾杯するヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)チームカーを運転する監督と乾杯するヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsujiヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)がマリアローザを着て凱旋する1日は雨模様。スタート地点クーネオの濡れた石畳をスタートした一行は、グランツール最終日特有のスローペースで動き出す。ニーバリを総合優勝に導いたアスタナが最前列で肩を組み、ニーバリはチームカーから受け取ったグラスで乾杯した。

レース序盤に発生した大落車、山本元喜(NIPPOヴィーニファンティーニ)の姿もレース序盤に発生した大落車、山本元喜(NIPPOヴィーニファンティーニ)の姿も photo:Kei Tsuji天候は徐々に回復したものの路面はウェットな状態。スタートから37km走った直線路で集団落車が発生し、ステフェン・クルイスウィク(オランダ、ロットNLユンボ)やエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ)、ミケル・ニエベ(スペイン、チームスカイ)といった今大会の主役たちを含む20名以上が地面に叩きつけられた。この落車で肩甲骨を骨折したラルスイティング・バク(デンマーク、ロット・ソウダル)はリタイアを余儀なくされている。山本元喜(NIPPOヴィーニファンティーニ)も落車に巻き込まれたが大きな怪我を負うことなくレースに復帰した。

フィニッシュまで100kmを切ってようやくアスタナが集団先頭でペースを作り始める。とは言ってもペースを上げるのではなくリーダーチームとしての威厳を示しながらの集団牽引。レースは落ち着きを見せたまま進行したが、95km地点でロットNLユンボのマーティン・チャリンギ(オランダ)とヨス・ファンエムデン(オランダ)が奇襲アタック。タンデム走行でリードを広げながらトリノの周回コースに突入する。

トラムの線路や石畳、テクニカルコーナーを含む周回コースは徐々に乾きつつあったが、オーガナイザーとコミッセールの合意によってニュートラル措置が取られることに。1回目のフィニッシュライン通過タイムが総合タイムに反映されることとなり、総合成績が争われないことが決まった。



アスタナを先頭にトリノの周回コースに入るメイン集団アスタナを先頭にトリノの周回コースに入るメイン集団 photo:Kei Tsuji
95km地点でメイン集団から飛び出したマーティン・チャリンギとヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)95km地点でメイン集団から飛び出したマーティン・チャリンギとヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsujiカウンターアタックを仕掛けたマヌエーレ・ボアーロ(イタリア、ティンコフ)らカウンターアタックを仕掛けたマヌエーレ・ボアーロ(イタリア、ティンコフ)ら photo:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 ジロ・デ・イタリア―薔薇色の輪舞 (ヤエスメディアムック 299)
カテゴリー: Book
著者: 砂田 弓弦
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 2,808
アマゾン価格: ¥ 2,808
の画像 ジロ・デ・イタリア2014 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝