2日連続で格の違いを見せたのはジョン・アベラストゥリ(チーム右京)。チーム力で逃げを吸収した後はエーススプリンターが仕上げ、チーム右京は開幕から5戦で3勝目。ユースは福田圭晃(横浜高校)が、Fは吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)が制した。



ジョン・アベラストゥリ(チーム右京)が優勝ジョン・アベラストゥリ(チーム右京)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI
4月24日(日)群馬連戦2日目は、初日より長いP1の120km(AAレイティング)、そしてJユースツアー初戦などのロードレースが行われた。

高校1年の福田圭晃(横浜高校自転車競技部)が連覇

Jユースツアーはジュニアとユース年代のみのシリーズ戦。その初戦がこの群馬2日目に行われた。ふだんはJエリートツアーに出場する対象選手も、年間4戦ある大会ではこのYクラスタで出場する。その初戦の群馬大会には56名が出走。序盤からアタックがかかり常に逃げができる状況。だが単独逃げが多く差をつけるに至らない。終盤までこの状況が続き、集団スプリントを高校1年の福田圭晃(横浜高校自転車競技部)が制した。福田は中学3年だった昨年にこのレースで優勝しており、高校進学後に再び優勝し連覇を達成した。

Y 56名が出走Y 56名が出走 photo:Hideaki TAKAGIY 福田圭晃(横浜高校自転車競技部)が優勝Y 福田圭晃(横浜高校自転車競技部)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI

吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)が連勝

Fクラスタは前日同様に唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が積極的に展開。針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)が抜け出し独走するが唐見と吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)の2人が抜け出して前日と同様の展開に。要所でペースを上げる唐見だが終盤まで2人の体制は崩れず、スプリント勝負を吉川が制し群馬連戦を制した。

F 32名が出走F 32名が出走 photo:Hideaki TAKAGIF 吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)が優勝F 吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI

序盤に決まった逃げのP1

P1クラスタは前日の84kmよりも長い20周120kmのロードレース。レースレイティングもAAと高い。前日は逃げが決まらない速い展開だったが、2日目は逃げをぎりぎりで吸収した後は激しいつばぜり合いのすえにジョン・アベラストゥリ(チーム右京)が群馬連戦を制する展開となった。

この日もスタート後すぐにアタック合戦となり、3周目に雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)のアタックをきっかけに9人の逃げができる。メンバーは雨澤・大久保陣(宇都宮ブリッツェン)、水野恭兵・小坂光(那須ブラーゼン)、小森亮平(愛三工業レーシングチーム)、田窪賢次(マトリックスパワータグ)、横山航太(シマノレーシング)、伊丹健治(キナンサイクリングチーム)、雨乞竜己(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)。

3周目、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)のアタックをきっかけに9人の逃げができる3周目、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)のアタックをきっかけに9人の逃げができる photo:Hideaki TAKAGI7周目へ入るメイン集団はペースが上がらない7周目へ入るメイン集団はペースが上がらない photo:Hideaki TAKAGI

メイン集団は不安定で6周目には5人が追走集団をつくり8周目にはそのうちの4人が追いつく。4人は早川朋宏・黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム)、堀孝明(宇都宮ブリッツェン)、吉田隼人(マトリックスパワータグ)。これで先頭13人はブリッツェン3人、愛三3人、マトリックス2人、那須ブラーゼン2人などとなり、愛三、ブリッツェン、マトリックスはスプリンターを含むメンバーを先頭へ送り込み有利に進める。

10周目から3分半のタイム差を追い始めたチーム右京

メイン集団はペースを落としタイム差は3分半を超えたが、10周目から先頭へ送り込んでいないチーム右京がペースを上げていく。残り10周で毎周回20秒ほど縮めれば追いつく計算であり、しだいにそのペースでチーム右京は先頭集団を追い上げる。当初は吸収が難しいかと思われたタイム差だったが先頭集団の乱れもあり急速にタイム差が縮まっていく。

10周目へ入るメイン集団はチーム右京が引く10周目へ入るメイン集団はチーム右京が引く photo:Hideaki TAKAGI15周目、逃げ続ける先頭集団15周目、逃げ続ける先頭集団 photo:Hideaki TAKAGI

18周目、メイン集団先頭は活発に18周目、メイン集団先頭は活発に photo:Hideaki TAKAGI19周目、先頭で逃げ続ける4人19周目、先頭で逃げ続ける4人 photo:Hideaki TAKAGI

18周目にはメイン集団前方も活性化し、いっぽうで先頭は黒枝のアタックで堀、雨澤、小森、黒枝の4人となる。メイン集団はマトリクスも加勢し追い上げ最終周回に吸収の動きとなる。ラスト3kmで最後まで先頭で走っていた堀に、メイン集団からアタックした中根英登(愛三工業レーシングチーム)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、ベンジャミ・プラデス(チーム右京)そして入部正太朗(シマノレーシング)の4人が追い越す。

ラスト3kmで逃げを吸収しスプリント勝負へ

4人で最後の心臓破りの坂を上るが、ここでロイック・デリアク(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)が後方からアタックして一気に抜き去り独走でフィニッシュへと向かう。メイン集団は一瞬動きが止まるが追い上げ、ラスト300mで吉岡直哉(那須ブラーゼン)がロングスパートをかけラスト100mでデリアクを抜くが、さらに後方からアベラストゥリがラスト50mで吉岡を抜き去って優勝。前日に続いて群馬連戦を制した。

チーム右京は残り10周で3分半以上あったタイム差を跳ね返し、最後は絶対的なスプリントエースのアベラストゥリで圧倒的な勝利を手中にした。那須ブラーゼンは逃げに送り込んだうえで吉岡が2位とチームとしても機能した。愛三工業レーシングチームもチームとして動いたうえでスプリントで中根が3位に入った意味は大きい。

最終周回、先頭3人にメイン集団が迫る最終周回、先頭3人にメイン集団が迫る photo:Hideaki TAKAGI最後の心臓破りの坂で先頭4人をロイック・デリアク(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)が抜く最後の心臓破りの坂で先頭4人をロイック・デリアク(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)が抜く photo:Hideaki TAKAGI

ラスト1.5km、追走するメイン集団ラスト1.5km、追走するメイン集団 photo:Hideaki TAKAGIラスト100mでロイック・デリアク(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)を抜く吉岡直哉(那須ブラーゼン)らラスト100mでロイック・デリアク(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)を抜く吉岡直哉(那須ブラーゼン)ら photo:Hideaki TAKAGI

「反省の必要なチームの動きだった」チーム右京 桑原忠彦ゼネラルマネジャー

複数の作戦を持つことが身上のチームとしては反省材料があると語るのは桑原GM。
「勝ったけれどもあまり良くないシチュエーションでした。各チームの強い選手が入った逃げをうちが追いかける展開となり、ジョンに頼るという作戦一つだけになってしまいました。結果オーライだけれどもチームの動きとしては多少反省が必要だと思っています」

「チームとしてうまく走れた」2位の吉岡直哉(那須ブラーゼン)

チームとしても個人としても成果を挙げたのは吉岡。
「まともにスプリントしたら絶対に(アベラストゥリ相手に)勝てないので最終カーブを曲がった瞬間に仕掛けて先頭に出たのですが、最後はスピード差がありました。今年は自分がエースとして走ることになったので勝ちを狙う走りを意識した結果と思います。2位は悔しいですが表彰台を確保できました。チームの動き、展開は良かったと思います」

「昨日のミスをチームとして修正できた」3位の中根英登(愛三工業レーシングチーム)

クライマーだがスプリントで3位に入ったのは中根。
「3位は最低限の結果と思います。昨日うまくできなかったチームの連携を修正できました。皆で分散して動いた結果、逃げでも後ろでも勝負できる展開に持ってこれたことです。最後に4人の逃げに乗って決めようと思ったのですが。吉岡が先にかけたときに躊躇してしまって、今から振り返ると2位にはなれたかもしれないです。昨日は勝てたかもしれないレースを自分が2位にしてしまい、今日は3位ですがチームとしてより動けたと思います」

E1 岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)が逃げ切り優勝E1 岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)が逃げ切り優勝 photo:Hideaki TAKAGIE2 寺崎浩平(バルバレーシングクラブ)が前日のE3に続いて優勝E2 寺崎浩平(バルバレーシングクラブ)が前日のE3に続いて優勝 photo:Hideaki TAKAGI

E3-1組 フィニッシュE3-1組 フィニッシュ photo:Hideaki TAKAGIE3-2組 嶌田義明(TEAM YOU CAN)が優勝E3-2組 嶌田義明(TEAM YOU CAN)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI

結果

P1クラスタ 120km 

1位 ジョン・アベラストゥリ(チーム右京)2時間55分12秒
2位 吉岡直哉(那須ブラーゼン)
3位 中根英登(愛三工業レーシングチーム)
4位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
5位 畑中勇介(チーム右京)
6位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
7位 綾部勇成(愛三工業レーシングチーム)
8位 ジェゾン・ヴァラド(ニールプライド南信スバルサイクリングチーム)
9位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
10位 ベンジャミ・プラデス(チーム右京)

Jプロツアーリーダー ジョン・アベラストゥリ(チーム右京)
U23リーダー 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

Fクラスタ 36km

1位 吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)50分58秒
2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+04秒
3位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)+1分12秒

Jフェミニンツアーリーダー 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

Yクラスタ 24km

1位 福田圭晃(横浜高校自転車競技部)36分47秒
2位 織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
3位 津田悠義(EQADS)

Jユースツアーリーダー 福田圭晃(横浜高校自転車競技部)

photo&text:高木秀彰
Amazon.co.jp 
の画像 ことりっぷ 伊香保・草津 群馬 (旅行ガイド)
カテゴリー: Book
メーカー: 昭文社
参考価格: ¥7
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥7
の画像 思わず人に話したくなる群馬学 (歴史新書)
カテゴリー: Book
メーカー: 洋泉社
参考価格: ¥145
最安価格: ¥145
アマゾン価格: ¥145
の画像 群馬「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)
カテゴリー: Book
メーカー: 実業之日本社
参考価格: ¥880
最安価格: ¥880
アマゾン価格: ¥880