ツアー・ダウンアンダーに出場した全チームのバイクをチェックする恒例のプロバイクコーナー。ゼッケン順に合計20台を紹介していきます。第一弾はBMCレーシング、オリカ・グリーンエッジ、ジャイアント・アルペシンの3チーム。



BMCレーシング BMC teammachine SLR01

BMCレーシング BMC teammachine SLR01BMCレーシング BMC teammachine SLR01 photo:Kei Tsuji
ディフェンディングチャンピオンのローハン・デニス(オーストラリア)擁するBMCレーシングはメンバー全員がBMCのフラッグシップモデルであるteammachine SLR01に乗った。フレームだけでなくパーツの構成などは前年から大きな変更無し。フレームのグラフィックが少し変更されただけだ。身長182cmのデニスのサドル高は785mm。フレームサイズを56cmから58cmに変更しており、それに伴ってステムを-6度から-17度に変更している。コンポーネントはシマノのデュラエース9070 Di2で、SRMのパワーメーターを使用する。ハンドルはカーボンだがステムはアルミ(ともに3T)。ダウンアンダーでは主にデュラエースC35とC50を使用した。サドルはフィジークのチームエディション。タイヤはプロトンの中で最も高いシェアを誇るコンチネンタルのコンペティション・プロリミテッド(25mm)。BMCレーシングはバイクの扱いを厳重に管理しており、撮影には必ずプレスオフィサーの許可が必要。

SRMのパワーメーターを引き続き使用するSRMのパワーメーターを引き続き使用する photo:Kei Tsujiサドルはフィジークのチームエディションサドルはフィジークのチームエディション photo:Kei Tsuji
タイヤはコンチネンタルのコンペティション・プロリミテッド(25mm)タイヤはコンチネンタルのコンペティション・プロリミテッド(25mm) photo:Kei Tsujiマイナス17度のアルミ製130mmステムを使用マイナス17度のアルミ製130mmステムを使用 photo:Kei Tsuji



オリカ・グリーンエッジ  スコット FOIL

オリカ・グリーンエッジ  スコット FOILオリカ・グリーンエッジ  スコット FOIL photo:Kei Tsuji
ステージ2勝を飾り、4度目の総合優勝に輝いたサイモン・ゲランス(オーストラリア)が乗ったのはスコットのFOIL。2016年モデルではなく旧モデルを継続的に使用している。ダウンチューブのロゴの汚れが使い込まれた証だ。ニューバイクの投入はヨーロッパシーズンが本格始動してからとのこと。ゲランスを含めてメンバー全員がSRMを使用するが、ゲランスのレースバイクにはノーマルクランクが取り付けられていた(トレーニング時には使用していた)。サドルがプロロゴからフィジークに変更されたことが前年からの唯一の変更点で、シートステーのロゴがマジックで消されている。身長169cmのゲランスはサドル高726mmで、バイクのサイズはS。スプリント勝負に絡むことも多いゲランスはDi2のスプリンタースイッチを愛用している。

レース時にはSRMが取り外されていたレース時にはSRMが取り外されていた photo:Kei Tsujiシマノホイールにゴールドとグリーンのオーストラリアカラーが入るシマノホイールにゴールドとグリーンのオーストラリアカラーが入る photo:Kei Tsuji
サドルをプロロゴからフィジークに変更サドルをプロロゴからフィジークに変更 photo:Kei TsujiゲランスはDi2のスプリンタースイッチを愛用ゲランスはDi2のスプリンタースイッチを愛用 photo:Kei Tsuji



ジャイアント・アルペシン ジャイアント TCR ADVANCED SL

ジャイアント・アルペシン ジャイアント TCR ADVANCED SLジャイアント・アルペシン ジャイアント TCR ADVANCED SL photo:Kei Tsuji

前述の2チームと同様に前年から大きな変更点のないジャイアント・アルペシン。サイモン・ゲシュケ(ドイツ)を含めた山岳系選手はジャイアントのTCR ADVANCED SL、スプリント系選手は同社のPROPEL ADVANCED SLに乗る。コンポーネントやホイールはシマノのデュラエースで、サドルやハンドル、ステムなどのパーツはPROで統一されている。アルミ製ハンドルを愛用する選手が多い中、ゲシュケはカーボン製ハンドルを愛用。2016年も引き続きパイオニアのパワーメーターを使用する。タイヤはヴィットリアのコルサSCで、幅は現在の主流である25mm。本人曰くDi2のサテライトスイッチは無くてはならない存在になっている。

パイオニアのペダリングモニターを使用パイオニアのペダリングモニターを使用 photo:Kei TsujiタイヤはヴィットリアのコルサSC(25mm)タイヤはヴィットリアのコルサSC(25mm) photo:Kei Tsuji
サドルやハンドル、サドルはPROで統一サドルやハンドル、サドルはPROで統一 photo:Kei TsujiゲシュケはDi2のサテライトスイッチを愛用する(バーエンドキャップの矢印は当然右上を向く)ゲシュケはDi2のサテライトスイッチを愛用する(バーエンドキャップの矢印は当然右上を向く) photo:Kei Tsuji




text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
カテゴリー:
メーカー: 日東書院本社
参考価格: ¥1,870
最安価格: ¥297
アマゾン価格: ¥1,870
の画像 ロードバイク・コンシェルジュ 2016 (ヤエスメディアムック490)
カテゴリー:
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥1,620
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥1,620
の画像 ロードバイクインプレッション2016 (エイムック 3290 BiCYCLE CLUB別冊)
カテゴリー:
メーカー: エイ出版社
参考価格: ¥1
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥1