大会最初の山頂フィニッシュを終えて、平穏な雰囲気が戻ったジロ・デ・イタリア。アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)が落車して左肩を脱臼するという波乱が起こった1日を振り返ります。



トスカーナ州の内陸部を走るマリアローザのアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)トスカーナ州の内陸部を走るマリアローザのアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ) photo:Kei Tsuji
前日の山頂フィニッシュを振り返る石橋学(NIPPOヴィーニファンティーニ)前日の山頂フィニッシュを振り返る石橋学(NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:Kei Tsuji第6ステージのスタートを待つ別府史之(トレックファクトリーレーシング)第6ステージのスタートを待つ別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsuji


スタート横のホテルから出走サインに向かうリッチー・ポート(オーストラリア、チームスカイ)らスタート横のホテルから出走サインに向かうリッチー・ポート(オーストラリア、チームスカイ)ら photo:Kei Tsujiアベトーネの闘いを終えた選手たちはすぐに下山し、山道を2時間弱走って第6ステージのスタート地点モンテカティーニ・テルメや近郊のルッカのホテルに散らばった。開幕前から繰り返し言及しているが、第98回大会のステージ間の移動距離は本当に短い。フィニッシュの街を翌日にスタートするパターンもある。数年前はフィニッシュ後やスタート前に100〜200km移動することもざらにあったのに。

ローラー台でアップするエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チームスカイ)ローラー台でアップするエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チームスカイ) photo:Kei Tsuji前日までと比べるといスタート地点の雰囲気は穏やかになった。マリアローザ争いの行方にある程度の展望が見えたこともあり、張り詰めていた緊張感も少し緩んだように感じる。

アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)のヘルメット脇のTINKOFF SAXOは手書きアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)のヘルメット脇のTINKOFF SAXOは手書き photo:Kei Tsuji通常スプリントポイントはレース中盤に設定されることが多いが、この日はスタートしてすぐ、14km地点で通過するアルトパッショに最初のスプリントポイントが置かれた。

出走サイン台で41歳の誕生日を祝福されるマッテーオ・トザット(イタリア、ティンコフ・サクソ)出走サイン台で41歳の誕生日を祝福されるマッテーオ・トザット(イタリア、ティンコフ・サクソ) photo:Kei Tsujiアルトパッショは2005年にマリオ・チポッリーニ(イタリア)がキャリア最後の勝利を飾ったジロ・デッラ・プロヴィンチャ・ディ・ルッカ(UCI1.1)のフィニッシュ地点だ(学生だった自分が初めてイタリアレースを見た思い出の場所でもある)。

マリアローザのアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)やリッチー・ポート(オーストラリア、チームスカイ)マリアローザのアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)やリッチー・ポート(オーストラリア、チームスカイ) photo:Kei Tsuji当時はティレーノ〜アドリアティコ直前のワンデーレースとして定着していたが、2006年を最後に同レースは中断。イタリアにはスポンサー不足で中止に追い込まれたそんな中規模レースがゴロゴロある。

ジロも決して景気が良いとは言えず、スポンサー集めに躍起になっている感が増している。その影響か、2015年はVIPやスポンサー、招待客の扱いが手厚くなり、メディアの扱いがぞんざいになった気がする。

チポッリーニと言えば、前日のフィニッシュ地点アベトーネで国営放送RAIのレース後番組に出演し、残り33km地点でバイクを交換したコンタドールに対して「バイクにモーターが入っているんじゃないかという悪いイメージがつく」と苦言を呈した。実際にUCIはこのジロでもバイクチェックを行っており、モーター疑惑が過去のものになったわけではない。

それに反論するように、コンタドールはレース後の記者会見で「モーターが1つ入っているんじゃないかと言われるけど、間違っている。実際は5つだ」とジョークを飛ばした。「もちろん冗談。バイクを交換する理由なんて山ほどある。モーター疑惑なんてサイエンスフィクションだ。バイク交換は悪いイメージではなく良いイメージを与えるはず。コースに合わせて乗るバイクを変えているだけのこと」と付け加えている。

話を戻して、14km地点のアルトパッショにスプリントポイントが設定されていることを受けて、マリアロッサを着るエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、チームスカイ)は一人黙々とスタート前にローラー台でアップしていた。スタート直後に飛び出すエスケープ要員がアップする光景はよく見られるが、エーススプリンターがアップする光景はあまり見ない。

2人の逃げを見送った後、ヴィヴィアーニはスプリントポイントで集団先頭を取って3番手通過。さらに2つ目のスプリントポイント争いにも絡み、マリアロッサへの執着を見せる。しかしステージ7位に終わったため、情熱の赤ジャージはアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)の手に渡っている。



ボトル8本を詰め込んで集団に戻る別府史之(トレックファクトリーレーシング)ボトル8本を詰め込んで集団に戻る別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsuji
ドイツチャンピオンジャージのアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が伸びるドイツチャンピオンジャージのアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が伸びる photo:Kei Tsuji


残り250mで落車したアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)が遅れてフィニッシュ残り250mで落車したアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)が遅れてフィニッシュ photo:Kei Tsujiここ数年で一気に増えたセルフィー(自分撮り)が選手に危険を及ぼす/及ぼしかけるシーンをよく見るようになった。セルフィーに限らず、スマートフォンの普及率の高さから必然的に撮影者がいたるところにいる。

勢いよくシャンパンを飲みすぎたアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)勢いよくシャンパンを飲みすぎたアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) photo:Kei Tsujiフィニッシュの沿道には、シェア調査が簡単に出来るんじゃないかと思ってしまうほど各社のスマートフォンやタブレットがずらりと並ぶ。場合によってはセルフィースティックやアクションカメラを装着したモノポッドがコース上に伸びていたりする。個人所有のドローンはまだ見ない。

アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)の足元に置かれたマリアローザアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)の足元に置かれたマリアローザ photo:Kei Tsuji第6ステージで大落車の原因を作ったのは望遠レンズ付きのデジタル一眼レフカメラだった。映像で見る限り、問題となったカメラはレンズとセットで2kg以上ある。第2ステージの自転車乱入による落車に続き、観客との接触による酷い落車が今年のジロは続いている。2014年のステルヴィオの下りや2011年のクロスティスの下りなど、過去を振り返るとジロはレースの安全性を問われることが多い。

「落車を避けるには運が必要」とは2度のジロ・デ・イタリア総合優勝経験者のイヴァン・バッソ(イタリア、ティンコフ・サクソ)の言葉だ。「総合を狙う立場であれば、フィニッシュまで安全に走り抜けることが出来るように祈りながら、運を味方につけるしかない」。

大会ディレクターのマウロ・ヴェーニ氏は「だからと言ってジロを観客から隔離して鳥かごの中で行なうつもりはない」と断言する。「1人の行ないが悪いからと言って、沿道に集まる何千もの観客に罪を着せることは間違っている。でも確かにここ数年でカメラや携帯電話を取り巻く環境は変わった。選手がどれだけリスクを負いながら走っているのか分かっていない観客が多い」。

ビッグスリーによる争いが鮮明になった翌日のマリアローザの落車。コンタドールは第7ステージのスタートに並ぶ予定。どうか並んで欲しい。しかし、7時間前後のレース時間が予想されている264kmというクラシックレースさながらの今大会最長コースレイアウトはコンタドールには酷だ。

そして選手やスタッフの悩みの種がもう一つ。週末にかけて天気は下り坂であり、第7ステージ終了後の夜には雨が降り始める予報が出ている。青い海と青い空のイメージが強かったジロ1週目の締めくくりは、黒い空と冷たい雨になるかもしれない。



アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)がマリアローザに袖を通すことなく表彰台を去るアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)がマリアローザに袖を通すことなく表彰台を去る photo:Kei Tsuji


text&photo:Kei Tsuji in Castiglione della Pescaia, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 イタリアン・テルメ―自然の力で心身の癒しを
カテゴリー:
メーカー: エルゼビア・ジャパン
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥12,000
アマゾン価格: ¥1,980
の画像 テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
カテゴリー: Book
メーカー: エンターブレイン
参考価格: ¥ 4,488
最安価格: ¥ 4,404
アマゾン価格: ¥ 4,404