フィニッシュラインに向けて我先にスプリントするライバルたちの動きに注視しながら、自分のタイミングでペダルに力を込めたペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール)。登りフィニッシュで地元スイスのアルバジーニらを抜き去ったサガンが、自身9度目のステージ優勝を掴んだ。



スイス北部の田園風景の中を走るスイス北部の田園風景の中を走る photo:Tim de Waele


ツール・ド・スイス2014第3ステージツール・ド・スイス2014第3ステージ image:www.tourdesuisse.chスイス北部のザルネンからハイデンまでの202.9kmには、3つの2級山岳を含む絶え間ないアップダウンが詰め込まれていた。一日の獲得標高差は2600mで、残り3kmから高低差180mを駆け上がってフィニッシュを迎える。

レース前半に逃げるステフェン・クルイスウィク(オランダ、ベルキン)とマルティン・コーラー(スイス、BMCレーシング)レース前半に逃げるステフェン・クルイスウィク(オランダ、ベルキン)とマルティン・コーラー(スイス、BMCレーシング) photo:Tim de Waeleこの日、第2ステージの落車で脳しんとうを負ったフランク・シュレク(ルクセンブルク、トレックファクトリーレーシング)はスタートせず。マルティン・コーラー(スイス、BMCレーシング)とステフェン・クルイスウィク(オランダ、ベルキン)という力のある2人が序盤にアタックを成功させた。

ラッパースヴィルの街を通過するプロトンラッパースヴィルの街を通過するプロトン photo:Tim de Waele先頭2名のリードは最大4分まで広がったものの、オメガファーマ・クイックステップ率いるメイン集団はフィニッシュまで70kmを残して早くも先頭2人を吸収してしまう。早期の逃げ吸収は更なるアタックを誘発。続いて飛び出したのはMTBクロスカントリー世界チャンピオンのニノ・シューター(スイス、オリカ・グリーンエッジ)だった。

下りを攻めるファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレックファクトリーレーシング)下りを攻めるファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレックファクトリーレーシング) photo:Tim de Waeleシューターはダニーロ・ウィス(スイス、BMCレーシング)、ローラン・ディディエ(ルクセンブルク、トレックファクトリーレーシング)、そして山岳賞ジャージのビョルン・トゥラウ(ドイツ、ユーロップカー)とともにエスケープを試みる。

連日存在感ある走りを見せているニノ・シューター(スイス、オリカ・グリーンエッジ)連日存在感ある走りを見せているニノ・シューター(スイス、オリカ・グリーンエッジ) photo:Tim de Waele山岳ポイントを稼いだトゥラウが集団に戻る中、ヴァレリオ・アニョーリ(イタリア、アスタナ)とトッシュ・ファンデルサンド(ベルギー、ロット・ベリソル)の2人が先頭に合流。ガーミン・シャープやチームスカイ、FDJ.fr率いるメイン集団を振り切って逃げ続けたが、最後まで粘ったファンデルサンドは残り7kmで吸収。40名ほどに絞られた集団がハイデンに至る登りに差し掛かった。

レース後半に形成されたビョルン・トゥラウ(ドイツ、ユーロップカー)を含む逃げレース後半に形成されたビョルン・トゥラウ(ドイツ、ユーロップカー)を含む逃げ photo:Tim de Waeleリーダージャージ擁するオメガファーマ・クイックステップが集団先頭でハイペースを刻み、アタックを許さずに残り3km。ローレンス・テンダム(オランダ、ベルキン)やトニ・マルティン(ドイツ、オメガファーマ・クイックステップ)が登りでスパートを仕掛けるが決まらない。

続いてカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)が集団先頭に立ってペースアップ。しかしいずれのアタックも決まらず、ミハエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ)とサガンを先頭にフィニッシュ手前の連続コーナーを抜けた。

落ち着いて自分のタイミングで加速したサガンが、先行するアルバジーニを抜き去る。登坂力とスプリント力を必要とするアップダウンコースは完全にサガン向きだった。

ツール・ド・スイスで通算9勝目、今シーズン6勝目を飾ったサガンは「多くの罠が仕掛けられた難しいフィニッシュだった。エヴァンスらがアタックを始めた時、落ち着いて集団先頭で待機することにした。最終コーナーをパーフェクトなラインで抜けたのはアルバジーニ。かなり外側でコーナーをクリアして、そこから全開で追撃した。結果はパーフェクトだった」と回想する。

連日安定感ある走りを見せているマルティンがリーダージャージをキープ。その他、多くの総合有力選手が集団内でフィニッシュした一方で、ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)は2分25秒遅れのステージ74位、ローハン・デニス(オーストラリア、ガーミン・シャープ)は4分22秒遅れのステージ96位に。静かに総合争いから身を退いた。

チームスカイのダン・フロスト監督は「ブラドレー(ウィギンズ)は終盤の集団分裂の際に悪いポジションにいた。この先のステージで彼はチームメイトをアシストしながら、金曜日の個人タイムトライアルに集中することになる」とコメントしている。

選手コメントはキャノンデールならびにチームスカイ公式サイトより。



登りフィニッシュを制したペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール)登りフィニッシュを制したペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール) photo:Tim de Waele


ツール・ド・スイス2014第3ステージ結果
1位 ペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール)
2位 ミハエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・グリーンエッジ)
3位 セルジオルイス・エナオモントーヤ(コロンビア、チームスカイ)
4位 バウク・モレマ(オランダ、ベルキン)
5位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)
6位 ホセホアキン・ロハス(スペイン、モビスター)
7位 ルイ・コスタ(ポルトガル、ランプレ・メリダ)
8位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ.fr)
9位 マティアス・フランク(スイス、IAMサイクリング)
10位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ・サクソ)
5h22'09"










個人総合成績
1位 トニ・マルティン(ドイツ、オメガファーマ・クイックステップ)
2位 トム・ドゥムラン(オランダ、ジャイアント・シマノ)
3位 ペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール)
4位 バウク・モレマ(オランダ、ベルキン)
5位 トムイェルテ・スラグテル(オランダ、ガーミン・シャープ)
6位 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、キャノンデール)
7位 ヨン・イサギーレ(スペイン、モビスター)
8位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ・サクソ)
9位 マティアス・フランク(スイス、IAMサイクリング)
10位 マティア・カッターネオ(イタリア、ランプレ・メリダ)
10h44'34"
+06"
+14"
+17"
+23"
+27"

+28"
+29"


ポイント賞
ペーター・サガン(スロバキア、キャノンデール)

山岳賞
ビョルン・トゥラウ(ドイツ、ユーロップカー)

チーム総合成績
ジャイアント・シマノ

text:Kei Tsuji
photo:Tim de Waele
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス公式2014プログラム (ヤエスメディアムック442)
カテゴリー:
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥26
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥26
の画像 レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング
カテゴリー:
メーカー: 日東書院本社
参考価格: ¥1,870
最安価格: ¥1,870
アマゾン価格: ¥1,870
の画像 Cannondale(キャノンデール) フロアポンプ エアポート ニトロ グリーン 2FP01/GRN
カテゴリー: Sports
メーカー: Cannondale(キャノンデール)