荒れたマリアローザ争いを占うような?ピエモンテの荒々しい天気がジロ・デ・イタリアを迎えた。単純な平坦ステージになると思われていた矢先の大粒の雹と雨。この先の山岳ステージでは一体どんな天気が待ち構えているのか心配になる。



フォッサーノの空にピンクの旗フォッサーノの空にピンクの旗 photo:Kei Tsuji
観客とタッチしてスタートに向かうマヌエーレ・モーリ(イタリア、ランプレ・メリダ)観客とタッチしてスタートに向かうマヌエーレ・モーリ(イタリア、ランプレ・メリダ) photo:Kei Tsujiアレドンドと出走サインの順番を待つ別府史之(トレックファクトリーレーシング)アレドンドと出走サインの順番を待つ別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsuji



マリアローザを着て登場したリゴベルト・ウラン(コロンビア、オメガファーマ・クイックステップ)マリアローザを着て登場したリゴベルト・ウラン(コロンビア、オメガファーマ・クイックステップ) photo:Kei Tsujiマリアローザのリゴベルト・ウラン(コロンビア、オメガファーマ・クイックステップ)を迎えたフォッサーノのカステッロ広場は、清々しい空気に包まれていた。遠くのチームバス駐車場から、石畳の小道を通って選手たちが出走サインにやってくる。

集団前方で走る新城幸也(ユーロップカー)と別府史之(トレックファクトリーレーシング)集団前方で走る新城幸也(ユーロップカー)と別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsujiみな出走サインの締め切り時間ぎりぎりにやってくるため、サイン台には長蛇の列が出来る。マイクを握るMCは、サインの際に一人一人の経歴を超早口で紹介(その知識には感心させられる)。もっと早めに出走サインに来れば、混雑を避けてゆっくりと紹介されるのにとつくづく思う。

チームカーに戻る別府史之(トレックファクトリーレーシング)チームカーに戻る別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsujiジロのコース設定は、まずスタート地点とフィニッシュ地点を決めることから始まる。毎年多くの街がスタート&フィニッシュに立候補し、レース主催者RCSスポルトがジロ全体の流れを考慮して選び出す。ジロのステージ招致にかかる金額は明らかにされていないが、ざっくり言って数千万円とされている(ツール・ド・フランスだとその何倍もかかる)。

コースはもちろん二つの街を適当に結んだものではなく、交通整理の面やコースの安全面など、様々な要因を受けて曲がりくねっている。毎年10月のコース発表時と実際のステージ全長に数キロの差があるのは、そう言った細かな修正が行なわれているためだ。

どうして幹線道路を外れて小道を進むのか疑問に思っていたら、突然沿道に大会スポンサーの本社が現れたりする。そんな目線でジロのコースを見てみるのも面白い。考える以上にコースは政治的な要因を含んでいる。

2006年の冬季オリンピックの舞台トリノをかすめるようにして、ジロ・デ・イタリアは北に向かう。ピエモンテ州の平原からは白いアルプス山脈が見える。厳しい山の決戦が近づいていることを感じずにはいられない。

朝方はクリアに見えていたアルプス山脈は、午後にかけて分厚い雲によって遮られた。選手たちの行く手にはもくもくとした積乱雲が鎮座する。曲がりくねったコースは、そんな積乱雲の中へと入って行く。アシスト選手たちは忙しなくチームカーに戻ってエースのレインジャケットを受け取った。



FDJ.frとジャイアント・シマノが牽引するメイン集団FDJ.frとジャイアント・シマノが牽引するメイン集団 photo:Kei Tsuji


突然降り始めた雹が地面に残る突然降り始めた雹が地面に残る photo:Kei Tsujiフィニッシュ地点の南の空には下降気流の発生を意味する不気味な乳房雲が広がり、北の空には稲妻が真横に走る。ビー玉より少し大きな雹が敷き詰められたコースをクリアした選手たちは、激しい雨こそ免れたものの、局地的な大雨によって完全にウェットになったコースを進む。

集団内でフィニッシュラインを通過して行く別府史之(トレックファクトリーレーシング)集団内でフィニッシュラインを通過して行く別府史之(トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsujiしかし奇跡的にフィニッシュ地点だけ降られなかった。

突然の天候の変化に笑う新城幸也(ユーロップカー)突然の天候の変化に笑う新城幸也(ユーロップカー) photo:Kei Tsuji新城幸也(ユーロップカー)はフィニッシュするや否や「反対側の車線は(雹で)真っ白でしたよ!ジロではまだまだ驚くことがいっぱい起こりますね!」と目を丸くしながら笑みを浮かべた。

イタリアに入ってから新城はパールピンクのコルナゴC60に乗っていたが、ポジションがしっくりこないという理由でこの日からメインバイクを白いC59に戻している。落車による臀部の痛みはほとんどなく、この日も大人数の逃げには乗る予定だったという。結果的にアンジェロ・テュリク(フランス、ユーロップカー)が逃げたため、新城に出番は回って来なかった。テュリクの3位という結果を心底悔しがっていた。

同じく「10人以上なら逃げに乗るように指示があった」と言うのは別府史之(トレックファクトリーレーシング)だ。「最初の5人を見送った時はグッと気持ちを抑えていた」。そのフラストレーションを晴らすように、ハイスピードな集団の先頭に立ってスプリンターのための仕事をこなした。

オローパとモンテカンピオーネの2連続山岳フィニッシュがジロ第2週のハイライトだ。第12ステージの個人タイムトライアルでウランの好調ぶりが目立ったが、カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)が全てを失ったわけでは全くない。

ウランとエヴァンスのタイム差は37秒。残る8ステージのうち実に6ステージが1級山岳の山頂フィニッシュ。トラブルやコンディション一つで簡単にタイム差はひっくり返ってしまう。逆に言うと簡単にタイム差は広がってしまう。いよいよアルプスとドロミティの闘いが始まる。



表彰台でシャンパンを開けるマルコ・カーノラ(イタリア、バルディアーニCSF)表彰台でシャンパンを開けるマルコ・カーノラ(イタリア、バルディアーニCSF) photo:Kei Tsuji


text&photo:Kei Tsuji in Rivarolo Canavese, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 心に雹の降りしきる (双葉文庫)
カテゴリー: Book
メーカー: 双葉社
参考価格: ¥856
最安価格: ¥856
アマゾン価格: ¥856
の画像 トクヤマ 塩化カルシウム 粒状 25kg 工業用 融雪剤 凍結防止剤 防塵剤
カテゴリー: Home Improvement
メーカー: 株式会社トクヤマ
最安価格: ¥ 2,500
アマゾン価格: ¥ 2,500