「今日のコースは完全に自分向きだった。アルデンヌでは結果が出せなかったけれど、このジロでは僕に運が回ってきたようだ。」とは、軽快なスプリントで優勝した優勝を飾ったディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)。マリアローザのマシューズや、エヴァンスらのコメントも紹介する。



ステージ優勝を飾ったディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)

先頭でフィニッシュに姿を現したディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)先頭でフィニッシュに姿を現したディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) photo:Kei Tsuji
ジロで通算2勝目を飾ったディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)ジロで通算2勝目を飾ったディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) photo:Kei Tsuji「今日のコースは完全に自分向きだった。最後の山岳はハイスピードで登るためにアタックが生まれにくい。以前から皆が僕向きだろうと言っていたね。だから開幕前からずっとこのステージを狙っていた。こういったタイプのフィニッシュが大好きなんだ

シャンパンを開けるディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)シャンパンを開けるディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) photo:Kei Tsuji強風と雨の中を走ってきたので、凄くキツいステージだった。残り17km地点で落車の巻き添えを食らってストップしてしまったけれど、チームメイトが僕の集団まで戻してくれた。その時にモレーノがアタックして、僕はその5番目に。風が強かったからスプリントの時に先頭にいるのは良くないと思ったんだ。

キンタナは上手くリズムに乗れていなかったから間隔が開いてしまい、それをチームメイトが詰めて、マシューズの後ろまで戻してくれた。そしてスプリントが始まって、最後は自分の思う通りになった。

イタリア人選手にとってジロで勝つことはワンダフルだし、僕は今日本当のチャンピオン達に勝った。着実に自分の伸びを感じているし、まだ24歳だけど16勝している。ジロは2勝目だし、他のワールドツアーでも勝った。僕を育ててくれているミケーレ・バルトリコーチに感謝したい。

昨日は寝る前に勝つイメージができていて、それが役に立った。アルデンヌクラシックでは成績が出ずに悔しい思いをしたし、もうあんなことにはならないように願っているよ。実際にこのジロでは運気が僕に回ってきたようだ。」

マリアローザをキープしたマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)

勝負には絡めなかったが、6位に入ったマリアローザのマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)勝負には絡めなかったが、6位に入ったマリアローザのマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) photo:Kei Tsuji「特に最終盤のプランは用意していなかった。もっとたくさんのアタックが生まれるかと思っていたけれど、皆はピンで留められたかのように動けなかった。キンタナが脱落したから、僕がそのギャップを詰めた。ロドリゲスとチームメイト、ボアッソンに追いついたものの、いつものようなスプリントはできなかった。でも自分の調子は良かったね。

今日のステージは僕の大きな目標だった。ジャージを十分にキープできると証明できた。チームとしても上手く機能できたし、チームメイトがハイペースを刻んでくれたからアタックが生まれなかったんだ。僕の目標は、明日までマリアローザを守ること。でも今日はとても上手くいったから、明日もいい感じでレースができるはず。」

マリアローザを守ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)マリアローザを守ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) photo:Kei Tsuji

スタート地点に登場したカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)スタート地点に登場したカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Cor.Vosステージ2位に入ったカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)

雨と寒さにたたられた数日を経て、僕の脚の調子はベストでは無い。最終盤では少し囲まれてしまい、ヘルプも無かった。でもその後先頭に戻り、2位になった。結果についてはハッピーに思っている。

下りでアタックしたジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、オメガファーマ・クイックステップ)下りでアタックしたジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、オメガファーマ・クイックステップ) photo:Cor.Vos下りコーナーでクラッシュを喫したミケル・ランダ(スペイン、アスタナ)

遅いスピードで落車すると、より多く地面と接触することがあるよ。身体のいろいろな部分をアスファルトに打ち付けてしまった。明日はとても長い平坦ステージだけれど、最後に短い登りがある。5日目でまだ誰も疲れてはいないけれど、回復を尽くすことが今一番大事なこと。

アタックしたジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、オメガファーマ・クイックステップ)

「今日は調子の良さを感じていた。脚に強さを感じていたのでアタックすることにしたんだ。テクニカルな下りにも関わらず、僕のバイクは気にせずガンガン進んでくれた。良い感じでギャップを稼ぐことができたが、最後の強い向かい風にやられてしまった。後ろから迫ってくる集団の勢いには敵わなかったよ。他にできることは無かったと思う。」

仕事を終えた別府史之(トレックファクトリーレーシング)が105位でフィニッシュ仕事を終えた別府史之(トレックファクトリーレーシング)が105位でフィニッシュ photo:Kei Tsuji仕事をこなし、105位でゴールした別府史之(トレックファクトリーレーシング)

「今日はかなり強風だった。位置取り争いが激しく、エースクライマーの3人、ロバート・キセロフスキー、ジュリアン・アレドンド、リカルド・ゾイドルを守るために、かなりエネルギーを消耗した。アシストをしたことで力を温存してくれていたアレドンドがステージ3位に入って好調さを見せてくれた。自分は登りの途中で大きな落車があって足止めを食らってしまったので無理せずフィニッシュした。」

補給ポイントで落車をした新城幸也(ユーロップカー)

「今日は最後の上りゴールでスプリントを任されていたのに、残念。あまりの痛みで、今日で終わるかも。と言う思いで、最後ピエールのアシストをした。とにかく、明日、走ってみて判断する。」

補給地点で落車を喫した新城幸也(ユーロップカー)補給地点で落車を喫した新城幸也(ユーロップカー) photo:Cor.Vos10分遅れの集団でフィニッシュした新城幸也(ユーロップカー)10分遅れの集団でフィニッシュした新城幸也(ユーロップカー) photo:Kei Tsuji


各コメントはジロ・デ・イタリア公式リリースやチーム/個人公式ウェブサイトなど、新城幸也のコメントはTeamユキヤ通信より。

text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 チャンピオンシステム Lampre MERIDA(ランプレ メリダ) サマーキャップ
カテゴリー: Sports
メーカー: チャンピオンシステム
参考価格: ¥ 2,571
最安価格: ¥ 2,057
アマゾン価格: ¥ 2,057
の画像 チャンピオンシステム Lampre MERIDA(ランプレ メリダ) 指切りグローブ S(DCG007S)
カテゴリー: Sports
メーカー: チャンピオンシステム
参考価格: ¥ 3,086
最安価格: ¥ 2,469
アマゾン価格: ¥ 2,469