7月21日に日本CSC特設コースにて開催された全日本マウンテンバイク選手権大会XCO。男子エリートは斉藤亮をパワーでねじ伏せた山本幸平が6連覇を達成し、女子は中込由香里が自身5度目の優勝。各クラスの結果と写真をダイジェストでお伝えする。

男子エリート優勝 山本幸平(スペシャライズドレーシングチーム)男子エリート優勝 山本幸平(スペシャライズドレーシングチーム) photo:So.Isobe
距離38.6kmで争われた男子エリートは序盤から山本幸平(スペシャライズドレーシングチーム)と斉藤亮(MIYATA-MERIDA)の2名が抜け出し、徐々に山本が独走態勢を築き上げそのままゴールへ。自身6回連続の全日本王座を獲得した。

男子エリート
1位 山本幸平(スペシャライズドレーシングチーム)      1h35'42"
2位 斉藤亮(MIYATA-MERIDA)                +1'21"
3位 小野寺健(スペシャライズドレーシングチーム)       +3'40"
4位 平野星矢(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)    +3'56"
5位 千田尚孝(自転車村レーシングチーム)           +4'57"


29.4kmで争われた女子は、メカトラでの遅れを挽回した與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!)が好ペースを刻んだ中込由香里(team SY-Nak)を終盤で捕え、先頭でゴールへ。しかしメカトラから復帰する際に他チームから規則外の援助を与えられたとして最終的に4位へ降格となり、2位でゴールした中込が自身5度目の全日本タイトルに輝いた。

そしてU23は中原義貴(Cannondale)との勝負を制した沢田時が、ジュニアは横山航太(CLUB Grow)、マスターズは鈴木智之(ckirin.com)がそれぞれ制している。詳しいレースレポートは後日掲載します。

男子U23優勝 沢田時(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)男子U23優勝 沢田時(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) photo:So.Isobe女子優勝 中込由香里(team SY-Nak)女子優勝 中込由香里(team SY-Nak) photo:So.Isobe


マスターズ優勝 鈴木智之(ckirin.com)マスターズ優勝 鈴木智之(ckirin.com) photo:So.Isobe男子ジュニア優勝 横山航太(CLUB Grow)男子ジュニア優勝 横山航太(CLUB Grow) photo:So.Isobe



女子
1位 中込由香里(team SY-Nak)           1h30'26"
2位 末政実緒(DF/SARACEN)            +6'28"
3位 小林可奈子(AZUMINO FOX GDR)        +7'37"
4位 與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!)
5位 斎藤磨実(TEAM MASA+BOMA)        +10'24"

男子U23
1位 沢田時(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)1h17'25"
2位 中原義貴(Cannondale)              +27"
3位 西田尚平(国際自然環境アウトドア専門学校)    +1'22"

男子ジュニア
1位 横山航太(CLUB Grow)            1h07'24"
2位 山田誉史輝(DIRTFREAK/LITEC)         +2'38"
3位 長谷川大成(自転車村レーシングチーム)      +4'00"

マスターズ
1位 鈴木智之(ckirin.com)             1h19'59"
2位 大塚潤(Team YOU CAN)            +1'35"
3位 北島篤志(ckirin.com)              +2'43"

Amazon.co.jp 
の画像 フェスティナ F16162/8 メンズ 腕時計
カテゴリー: Watch
メーカー: エム・メリディアン