2010年12月25日、2010-2011CSCウィンタークリテリウムシリーズが開幕し地元、修善寺工業高校(現伊豆総合高校)出身の平塚吉光(シマノレーシング)も参戦し、冷たい強風が吹き荒れる中、熱戦が繰り広げられた。

クラス2スタート後の向い風ポイントクラス2スタート後の向い風ポイント

先頭集団を引っ張る平塚吉光先頭集団を引っ張る平塚吉光 コースは日本サイクルスポーツセンターの5kmサーキットの平な部分を利用して1周550mのコースを周回するコースとなっている。
常に集団の前でレースをこなさないとすぐに集団から遅れてしまい、また180度ターンであることから落車に巻きこまれる可能性もあり、常に気を抜くことができない。

カテゴリーはコースを20周するクラス3と30周するクラス2に分かれて行われた。クラス2は当初2組行う予定でいたが参加選手が19人であったため1組のみの開催となった。

メイン集団の7人メイン集団の7人 このクラスの注目はなんといっても平塚吉光(シマノレーシング)であった。高校生やアマチュア選手相手にどのような走りをするのか。

この日は冬場のサイクルスポーツセンターにおいてはまれに見る強風が吹き荒れた。コースとなっているホームストレッチはゆるやかな傾斜が付いているため、下り区間ではかなりのスピードが出るはずだった。
しかしこの日は下り区間が向かい風であったためレースが始まると集団は立て一列棒状のまま、選手が次々に千切れていく状態となった。

最終周回の池田圭太のアタック最終周回の池田圭太のアタック 5周もしないうちに先頭は平塚吉光(シマノレーシング)、斉藤英代(SM Bros.)、池田圭太(伊豆総合高校)の3人となる。先頭集団の後ろでは7人のメイン集団が追走しようと先頭交代をこなしていく。周回をこなすにつれ向かい風のつらさから、メイン集団から脱落する選手もいた結果メイン集団は5人となった。

この強風の中での平塚吉光の先頭集団ほぼ1人引きには、もう誰もかなわない。メイン集団のペースはなかなか上がらないまま、先頭集団は1周、1分程度で周回を重ねていく。最終周回を前に3人の先頭集団がメイン集団をラップしゴールスプリントは8名での勝負となった。順位付けの優先順位は周回数であるため、ラップされている選手は対象外である。

そんな中、集団から抜け出したのは高木義基(伊豆総合高校)。ラップされているため、順位付けはメイン集団での1着である。先頭集団の平塚吉光はゴールスプリントには加わらなかったため、斉藤英代、池田圭太の2人での勝負となった。池田が早めにアタックを試みたが、スプリント力が勝る斉藤に軍配が上がった。

この集団で2位に入り、全体の順位が5位となった蠣崎藍道はまだ中学3年生。来年度からは高校生として各大会に参加することになる。次の日は下総で行われるクリテリウム大会に参戦するとのことであるが、多数のレースに出場し、この時期より数多くの経験をすることにより、これからの活躍に期待できそうだ。

小学5・6年生の部向い風の中の集団小学5・6年生の部向い風の中の集団 小学3・4年生の部野寺梓小学3・4年生の部野寺梓


大人のレース前には毎月行っている小学生のレースも行われた。大人でさえ向かい風がきつい中、子供たちにとってはもってのほかである。なかなか前に進まなく、また寒いこともあり中には泣き出しそうな子供もいた。一方、小学校5.6年生のレースでは少しでも風の抵抗を少なくしようと、ハンドルの下を握り、姿勢を小さくして走る姿が見受けられた。大人のレース顔負けの様相であった。

未就学児童の部奥山友翔未就学児童の部奥山友翔 未就学児童の部ペダルなしでの石川華太郎未就学児童の部ペダルなしでの石川華太郎


次回開催は1月22日(土)。ウィンタークリテリウムシリーズはスポットでの参戦も可能であるため、親子でクリテリウム大会に参加していただきたい。また、レース終了後は冷えきった手足を「サイクル温泉ゆ~サロン」で温まってから帰るのがおすすめだ。


CSCウィンタークリテリウムシリーズ第1戦結果
クラス2
クラス2表彰式クラス2表彰式 1位 斉藤 英代 SM Bros.
2位 池田 圭汰 伊豆総合高校自転車部
3位 平塚 吉光 シマノレーシング
4位 高木 義基 伊豆総合高校自転車部
5位 蠣崎 藍道 伊豆CSC
6位 村長 和輝 興誠高校自転車部
7位 望月 正彦 SWIFT R.T.
8位 多田 尚史 JFE セキュリティ自転車部

クラス3
1位 高遠 勝彦 SM Bros.
2位 小川 美咲 伊豆総合高校自転車部
3位 松原 正隆 伊豆CSC
4位 松岡 文和
5位 鈴木 奈央 伊豆CSC
6位 竹内 照朋 名古屋CSC
7位 松下 雄一 伊豆CSC
8位 竹内 学


クラス3表彰式クラス3表彰式 2010-2011CSCウィンタークリテリウムシリーズ(全4戦・中学生以上対象)
CSCクリテリウム大会(全11戦・未就学児童から中学生対象)

主催:日本サイクルスポーツセンター
後援:静岡県自転車競技連盟

今後のスケジュール
第2戦 平成23年1月22日(土)
第3戦 平成23年2月12日(土)
最終戦 平成23年3月19日(土)
申 込 先:(財)日本サイクルスポーツセンター 自転車競技振興部
〒410-2402 静岡県伊豆市大野1826
電話:0558(79)0004 / FAX:0558(79)0036 / E-mail [email protected]


photo&text:Hisashi. FUJII
Amazon.co.jp