9月19日(火・祝)に南会津を舞台としたサイクリングイベント「第11回南会津周遊ロードツアー 走ってみっぺ 南会津!」が開催される。今年はついに最長コースの100kmコースが復活。さらに前夜祭も開催されるなど、3年ぶりのフルスペック開催となる。



第11回南会津周遊ロードツアー 走ってみっぺ南会津!第11回南会津周遊ロードツアー 走ってみっぺ南会津!
阿賀野川とその支流、只見川と伊南川によって刻まれた深い谷と山々が織りなすダイナミックな景観を持つ会津高原。冬場にはスノーリゾートとして人気を集める観光地として栄える一方、起伏に富んだ地形を生かした水力発電による電源地帯として関東地方を支える側面を持っている地域である。また、日本百景にも選定されており、東北屈指の観光地である尾瀬もほど近い。

そんな会津高原の自然を身近で体験できる絶好のロングライドイベントが今回紹介する「走ってみっぺ 南会津!」だ。緑あふれる田園地帯と里山に囲まれ、爽やかな清流沿いを走り南会津の歴史や文化にも触れることができる地域密着型のサイクリングツアーとして11回目を迎えることとなった。

以前は7月の開催であった本大会だが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、2020年より9月下旬での開催に。昨年はコロナ禍により直前での開催中止の憂き目を見たが、今年もまた秋の開催となったのは、やはり気候的にも走りやすさが支持されたからだろう。

いくつかのグループに分かれてスタート!いくつかのグループに分かれてスタート! 涼し気な川沿いを走っていく涼し気な川沿いを走っていく


走ってみっぺ南会津。今年はどんな景色を楽しもうか走ってみっぺ南会津。今年はどんな景色を楽しもうか
コースやイベントの監修には栃木県の自転車プロチーム「宇都宮ブリッツェン」と「那須ブラーゼン」が関わっており、サイクリスト目線に立った魅力的なイベントになっている。当日は両チーム、更にはブリッツェン・ラヴァーズの皆さんが参加者たちと共に走ってくれ、様々なサポートを行ってくれる。憧れの選手たちと一緒にサポートされながら、そして交流しながら南会津の自然の中を走ることができるのも、このイベントの魅力。

更に、南会津名産の味覚を堪能できるエイドステーションが多数設置され、サイクリストの皆さんを迎えてくれることもこの大会の一押しポイント。地元産の蕎麦や「じゅうねん味噌」がたっぷり塗られた南会津の特産品「ばんでい餅」、そしてボリュームたっぷりの「マトン丼」といった名産品が振舞われ、参加者の舌を楽しませてくれる。

感染症対策のため、2020年大会以降、各エイドステーションには消毒液が配備されるほか、マスクとポリ手袋を着用したスタッフの皆さんが提供してくれるとのこと。熱中症の危険もあるため走行時にはマスク着用の義務はないが、エイドステーションなどでは着用が推奨されているため、ポケットに一枚忍ばせておいた方がいいだろう。

3年ぶりの100kmコース復活! 更に新企画「超MAXさぼってみっぺ」も登場!?
マトンが焼ける匂いがまたたまらないんですマトンが焼ける匂いがまたたまらないんです
屏風岩に設置された折り返し地点屏風岩に設置された折り返し地点 こちらが名物マトン丼こちらが名物マトン丼


メイン会場となるのは、夏場はMTBパークとして運営される会津高原たかつえスキー場。「会津アストリアロッジ」を発着地点としたコースに、今年は2年ぶりに100kmコースが復活することが大きなトピック。昨大会の最長コースであった伊南川を屏風岩まで遡上する60kmコースの中盤に、伊南川の下流側を巡るコースが加わり、より走りごたえのあるルートとなっている。もちろん走ってみっぺ南会津の魅力を濃縮した60kmコースも健在、そして前沢曲屋集落で折り返す30kmコースと合わせて、3つのコースが設定される。

最長距離となる100kmコースや60kmコースでは、情緒を感じる藁葺き屋根の民家が集まる"前沢曲屋集落"や、柱状節理による奇景が目を引く"屏風岩"といった観光スポットを通過していく。次々と見所が現れてくるため、あっという間に100kmが終わってしまうほど、充実した内容のコースとなっている。

前沢の曲家前をガッツポーズで抜けていく阿部選手 今年も中を見学できるとのこと。ぜひ訪れたいですね。前沢の曲家前をガッツポーズで抜けていく阿部選手 今年も中を見学できるとのこと。ぜひ訪れたいですね。
30kmコースは番屋道の駅方面へと足を延ばし、前沢曲屋集落で折り返す。前沢曲屋集落は集落内を見学できるようになり、情緒あふれる古民家の風情を堪能できるようになった。どちらのコースも最後はたかつえスキー場への登りで締めくくられる。約2kmのミニヒルクライムで汗をかいた後は、たかつえ温泉でさっぱりしてから帰宅できるのは嬉しいポイントだ。「

そして今年は目玉企画として、「超MAXさぼってみっぺ」も登場。なんと、走ってみっぺ南会津最大の難所であるラスト2kmの上り坂で、スタッフがゴールまでトラックで運んでくれるサービスとなる。ここまで至れり尽くせりの大会はきっと他には無いだろう。初ロングライドイベントという方も、安心して参加できること間違いない。

走ってみっぺの大きな魅力 前夜祭も復活開催
川床はだいぶ涼しげでついつい長居したくなってしまいそうな屏風岩川床はだいぶ涼しげでついつい長居したくなってしまいそうな屏風岩
ついに前夜祭が復活することも大きなトピックだ。走ってみっぺ南会津といえば、この前夜祭、というリピーターの方も多いほど、魅力あふれるひと時だ。地元産のグルメをはじめ、絹代さんや廣瀬さんといったゲストライダーたちが繰り広げるトークショー、そして豪華景品が用意された抽選会等で盛り上がるコト間違いなし。

また遠方から参加する人達のために、宿泊付きのパックも用意されている。ホテル、ペンション、民宿の3タイプから宿泊施設を選べるパックとなっている。前夜祭付きのプランAとなしのプランBが用意されている。朝早くに出発するロングライドイベントだが、朝食時間も対応してくれるというのは嬉しいポイントだ。宿泊予約については会津アストリアホテル予約センター(0241-78-2241)まで。

エントリー受付開始 募集締め切りは8月28日まで!
さて、そんな景色よし、グルメよしの「走ってみっぺ 南会津!」は現在参加者を募集中だ。申込みに際しては、スポーツエントリーにて現在エントリー可能となっている。定員は100kmコースが300名、60kmコースが200名、30kmコースが100名と少なめのため、早めの申込みが良いだろう。



第11回南会津周遊ロードツアー「走ってみっぺ 南会津!」
開催日:9月19日(月・祝)
受付期間:~8月28日(日)
大会会場:スキーセンタースペーシア
主催:たかつえ地区マウンテンバイクリゾート構築による地域興し事業推進委員会
種目/募集定員:100kmコース 300名
        60kmコース 200名
        30kmコース 100名
Amazon.co.jp