サイクルイベントにて出会ったライダーとバイクを紹介する企画「あなたの自転車を見せてください」。今回は、7月の海の日に日本CSCで開催されたエンデューロレース、CSC5時間耐久ロードに参加した男女6名をピックアップ。



高橋正直さん(TEAM光) エヴァディオ VENUS RS

高橋正直さん(TEAM光) エヴァディオ VENUS RS高橋正直さん(TEAM光) エヴァディオ VENUS RS
ショップオリジナルの”光魂”ステッカーが輝くショップオリジナルの”光魂”ステッカーが輝く リアブレーキのアウターワイヤーが足に擦れないよう結束バンドで細工するリアブレーキのアウターワイヤーが足に擦れないよう結束バンドで細工する

愛知県豊田市にあるサイクルショップ光のショップチームに所属する高橋さん。男子2人の部で2位に入賞した健脚を支えるのはジャパニーズブランド、エヴァディオのカーボンレーシングバイク「VENUS RS」だ。剛性感あふれる骨太のフレームワークと、集団内でも目立つイエローのカラーリングが特徴の1台で、「硬さはありますがエンデューロからクリテリウムまでなんでもいけますよ」と自身の愛車を評価する。

機械式デュラエースのコンポーネントに、カンパニョーロのBORA ONE 50ホイールという堅実なレーシング仕様のアセンブルを施す。このバイクは2台目とのことで、最初に乗っていたウィリエールからパーツ類は移植したものだという。路面と水平になる17度ステムはホリゾンタルなトップチューブとマッチし、なんとも格好良くキマっている。ポジション合わせのためにステム長は120mm。

ポジション合わせのために17度、120mmの3Tステムをアセンブルポジション合わせのために17度、120mmの3Tステムをアセンブル ”がたがた言わんでこげ”と厳しい一言を刻んだトップキャップ”がたがた言わんでこげ”と厳しい一言を刻んだトップキャップ
パイオニアのクランク型パワーメーターを使用。片側のみでパワーを計るパイオニアのクランク型パワーメーターを使用。片側のみでパワーを計る カンパニョーロのBORA ONE 50ホイールはハイト以上に軽い走りが魅力カンパニョーロのBORA ONE 50ホイールはハイト以上に軽い走りが魅力

もはやレーサーの多くが使用しているパワーメーターだが、高橋さんはパイオニアの左クランク型を用いるため、定番の”おにぎり”の姿は右クランクにはない。「仕事の関係で土日のショップライドに参加できることが少なく、普段はパワーを見ながら峠でリピート練習しています」とのこと。

またショップのオススメで購入したというホイールは「ハブの回転が良いのもありますが、リムが軽く50mmハイトでも登りもこなせるので気に入っています」とオールラウンド性をアピール。その他、フレームに合わせたイエローのバーテープや、形状が好きでわざわざ替えたというシャローのハンドルなどもこだわりポイントだ。



奥村弥生さん(ラブニールあずみの) ピナレロ DOGMA F100

奥村弥生さん(ラブニールあずみの) ピナレロ DOGMA F100奥村弥生さん(ラブニールあずみの) ピナレロ DOGMA F100
元全日本王者である大石一夫さんが長野県安曇野市で開くプロショップ、シクロオオイシ ラヴニールといえば、往年の名チーム”マペイ”を連想させるデザインのチームジャージが特徴的。ショップチームで仲間とともにイベント参加を楽しむ奥村さんの愛車は、昨年のジロ・デ・イタリア100回大会を記念した特別ペイントを施したピナレロの「DOGMA F10」だ。

自転車歴は10年近くにもなり、前もピナレロに乗っていたとのこと。「黒ピンクのデザインに一目惚れして買っちゃいました」という現在の愛車は3台目だ。「軽くて安定性もあって、ハイエンドモデルながら乗りやすいですね」とコメントする。

サドルはスペシャライズドのPOWER。無事に”帰る”と願を掛けたカエルのキーホルダーもイタリアカラーだサドルはスペシャライズドのPOWER。無事に”帰る”と願を掛けたカエルのキーホルダーもイタリアカラーだ 3Tのカーボンハンドルに黒ピンクのバーテープでカラーを合わせる3Tのカーボンハンドルに黒ピンクのバーテープでカラーを合わせる
エリートのカーボンボトルケージにジロ・デ・イタリア仕様のボトルを合わせる徹底ぶりエリートのカーボンボトルケージにジロ・デ・イタリア仕様のボトルを合わせる徹底ぶり ジロ・デ・イタリア100回大会を記念した特別モデル「DOGMA F100」ジロ・デ・イタリア100回大会を記念した特別モデル「DOGMA F100」

自転車を始めたのは、スノーボードをやりながら夏場もできるスポーツとして職場の人に誘われたのがキッカケで、今はすっかりハマってしまったのだという。「普段は仲間とのサイクリングが中心で、年に数回こうやってチームでイベントに出るのが楽しみなんです」と語る。

10年以上前の懐かしのステッカーが光るBORA ULTRAはレースに合わせ借りたもの。スペシャライズドのPOWERサドルは知り合いに勧められて試したところ調子が良かったので使い始めたのだとか。フレームカラーに合わせたバーテープやボトルケージで、バイクのスタイルに統一感を持たせたルックスもクールに決まっていた。



楳村貴一さん(SAGARY) スコット ADDICT SL

楳村貴一さん(SAGARY) スコット ADDICT SL楳村貴一さん(SAGARY) スコット ADDICT SL
牛のイラストをジャージに掲げた楳村さんの所属するチーム、SAGARY。サガリと言えば、牛肉のハラミ(=横隔膜)の肋骨側を指す部位であり、「肉好きの集まりなんです笑」とユニークなチーム名の由来を説明する。愛車はスコットの軽量オールラウンドモデル「ADDICT SL」で、カーボンパーツやスラムの機械式REDを組み合わせた超軽量バイクに仕上がる。

「マットブラックのバイクが欲しくてオレンジの差し色が気に入り、ノリと勢いで買いました。体重は軽いし、尻軽いし、バイクも軽い。三拍子が揃ってます笑」とユーモアを利かしたコメントを飛ばす。最近は仕事の忙しさもありなかなか自転車に乗れていないというが、毎年このイベントは思い出づくりのために仲間と集まり参加しているそうだ。

牛のイラストが入ったチームステッカーをヘッドチューブにあしらう牛のイラストが入ったチームステッカーをヘッドチューブにあしらう ハンドルとステムはリッチーの最上級グレードであるWCS CARBONハンドルとステムはリッチーの最上級グレードであるWCS CARBON
コンポーネントはスラムRED。トライピークのセラミックプーリーで駆動系をカスタムコンポーネントはスラムRED。トライピークのセラミックプーリーで駆動系をカスタム シンクロスのカーボンクリンチャーに、コンチネンタルのグランプリ4000SⅡを合わせるシンクロスのカーボンクリンチャーに、コンチネンタルのグランプリ4000SⅡを合わせる

2015年当時のラインアップで最上級グレードの完成車として販売されたモデルだけに、アセンブルパーツは一級品ばかり。ハンドル、ステム、シートポストをリッチーで揃え、サドルとホイールはシンクロス。いずれもカーボン製でペダルレスの車重は6kgを切る。トライピークのセラミックプーリーで差し色を入れた部分もポイントだ。ヘッドチューブに貼ったステッカーからもチーム愛が感じられる1台に仕上がっている。



山本遥香さん(cb plus next) リドレー LIZ

山本遥香さん(cb plus next) リドレー LIZ山本遥香さん(cb plus next) リドレー LIZ
爽やかなスカイブルーのジャージが目立つ、cb plus nextの皆さんは男女混合のクラスで出場。エントリーした2チームはともに3人の部で1・2位に輝き表彰台をブルーで彩った。チーム名の”cb”とはチャリ部を略したものだというが、仕事や年齢はバラバラで神奈川県を中心に仲間内でその輪を広げるチームなんだとか。その中でも山本さんの愛車は、ブラックとピンクのコーディネートが決まるリドレーの「LIZ」だ。

「大学生のときに自転車をやりたくなりローンで購入しました。フレームのデザインが気に入って、パーツをいろいろ指定して組んでもらったんです」と語る。フレームカラーに合わせたアスチュートのサドルと、スパカズのバーテープがこだわりのポイント。

ピンクの差し色を入れたアスチュートのサドルをチョイスピンクの差し色を入れたアスチュートのサドルをチョイス フレームカラーに合わせたスパカズのバーテープフレームカラーに合わせたスパカズのバーテープ
サイコンはキャットアイで定番のストラーダデジタルワイヤレスサイコンはキャットアイで定番のストラーダデジタルワイヤレス ブースの貸出サービスを利用し、憧れのゴキソホイールでレースを走ったブースの貸出サービスを利用し、憧れのゴキソホイールでレースを走った

普段は安価なホイールを使用しているとのことで、この日はゴキソのレンタルホイールを使いレースを走った。「いつものホイールと全然違ってびっくりしました。お金を貯めてホイールをグレードアップしたいですね」と意気込む。初めて走った修善寺のコースは「めちゃめちゃキツかったですけど、楽しめました」と満足な様子でした。



丹慶昭さん(Y.O.C.) デローザ TITANIO

丹慶昭さん(Y.O.C.) デローザ TITANIO丹慶昭さん(Y.O.C.) デローザ TITANIO
フレームとマッチしたチタン製のボトルケージフレームとマッチしたチタン製のボトルケージ シルバーに輝くチタンボディのゴキソハブ。ホイールはショップで手組みしたものシルバーに輝くチタンボディのゴキソハブ。ホイールはショップで手組みしたもの

デローザのチタンバイク「TITANIO」に、カンパニョーロのSUPER RECORDと手組みホイールを合わせた、大人かっこいい1台に仕上げる丹さん。勝負バイクとしてカーボンのレーシングモデルも1台持っているというが、最近はこのTITANIOに加えクロモリのオーダーフレームを注文するなど、より趣味全開の楽しみ方をしているとのこと。

「マラソンで膝を壊してしまったのがキッカケで自転車を始めました。地元のチームを探して仲間と走っている内にどんどんロードが好きになりましたね。今回は5年ぶりにチームのみんなが集まって同窓会みたいな感じです」と皆さんで楽しげな様子。相模原を中心に活動するY.O.C.は”山おやじクラブ”の略で、ジャージの両肩には山のマークも入る。

コンポーネントに合わせヘッドセットもカンパニョーロのRECORDコンポーネントに合わせヘッドセットもカンパニョーロのRECORD サドルは幅広のベースを採用し安定感を高めたセラSMPのNYMBERサドルは幅広のベースを採用し安定感を高めたセラSMPのNYMBER
フォーククラウンに入るデローザのハートマークが心憎いフォーククラウンに入るデローザのハートマークが心憎い ハンドルとステムはデダのZERO100。金色のボルトでカラーアクセントを加えるハンドルとステムはデダのZERO100。金色のボルトでカラーアクセントを加える

バイクはチタンフレームに合わせて、同じくシルバーに輝くチタンのボトルケージとゴキソのハブを合わせているのが特徴。パーツ構成などは行きつけのショップにお任せだという。「レースのようなハイスピードな走り方はせず、淡々と自分のペースで走るのにチタンバイクのフィーリングが合いますね」と自身のバイクを評価する。



辻光莉さん(多摩ポタ女子部) トレック MADONE 5.2

辻光莉さん(多摩ポタ女子部) トレック MADONE 5.2辻光莉さん(多摩ポタ女子部) トレック MADONE 5.2
SNS発の自転車コミュニティとして多摩川周辺を中心に活動する多摩川ポタリングクラブ、通称”多摩ポタ”に所属する辻さん。ロードバイクを趣味とする両親の影響で中学生からスポーツバイクを始め、姉とともに家族ぐるみで自転車を楽しむ生活だという。今回は全エントリー中唯一の女子5人チームで出場、ライバル不在で表彰台を独占した。

そんな辻さんの愛車は、カンチェラーラやシュレク兄弟を始めとする選手も使用していたトレックの旧型「MADONE」。両親が行きつけのショップでたまたま見つけた1台で、カラーが気に入りサイズもピッタリだったことから購入を決めたのだという。フレームに合わせたホワイトのカラーコーディネートで、統一感のあるルックスに仕上がる。アイオロスとR-SYSのホイールは一家の決戦仕様なんだとか。

コラムスペーサーをデコった、なんとも女子らしいカスタムコラムスペーサーをデコった、なんとも女子らしいカスタム ホワイトのバーテープ、ブラケットカバー、ステムでバイクの統一感を高めるホワイトのバーテープ、ブラケットカバー、ステムでバイクの統一感を高める
当時の限定モデルである白赤カラーのルックKEO2MAXペダル当時の限定モデルである白赤カラーのルックKEO2MAXペダル 前輪はカーボンスポークを使用したマヴィックの超軽量ホイール「R-SYS SL」前輪はカーボンスポークを使用したマヴィックの超軽量ホイール「R-SYS SL」

「ちゃんとしたレースはこれが初めてで、直前に親と夜練もして備えました。下りが苦手で怖かったですが、チームで団結して走るのは楽しいですね。これからもっと頑張ろうって思いました」とコメント。今春には東京→糸魚川ファストラン300kmも走り切ったとあり、もう怖いものなしと胸を張る。

text&photo:Yuto.Murata
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ ドリンクボトル クリア/ブルーロゴ Y9S0BOTLE1X
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 770
最安価格: ¥ 587
アマゾン価格: ¥ 666
の画像 タイガー 水筒 500ml サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 アイスホワイト MMZ-A501WS
カテゴリー: Home
メーカー: タイガー魔法瓶(TIGER)
参考価格: ¥ 6,050
最安価格: ¥ 2,751
アマゾン価格: ¥ 3,196