袖ヶ浦サーキットのピットを埋め尽くしたのは、400台ものブロンプトンと、ブリティッシュフォーマルに身を包んだ紳士淑女たち。あのデヴィッド・ミラーも緊急参戦したブロンプトンオーナーの祭典、BWC JAPANの模様をお届けします。



総勢400名近い参加者を集めたBWC JAPAN2018総勢400名近い参加者を集めたBWC JAPAN2018
スタートに並ぶのは右も左もブロンプトンのみスタートに並ぶのは右も左もブロンプトンのみ ブロンプトンのパネルは記念撮影にピッタリブロンプトンのパネルは記念撮影にピッタリ


サーキットを疾走するレーサーたちと、ピットで応援する仲間たち。最速を狙う人も、マイペースで完走を目指すのも、はたまたレースそっちのけでバーベキューを楽しむスタイルだってOK…と、ここまではよくあるレースイベントの光景だけれども、全く違うのはバイクが100%ブロンプトンオンリーで、参加者全員がスーツ&タイをバッチリ決めたフォーマルスタイルなこと。そんなのってあり?いやいや、ちゃんと歴史があって、熱狂的なファンがいるんです。それが3月25日(日)に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたBWC JAPAN、正式名称ブロンプトン・ワールドチャンピオンシップ・ジャパン。こんなに本気で、それでいて遊びゴコロ満点のイベントは他に無いかもしれない。

そもそもBWCとは、2008年よりイギリスで毎年開催されているブロンプトン限定のレースイベントだ。日本でも2010年より開催され、今年で第9回。会場を見渡せば右も左もブロンプトンだらけでその数おおよそ400台!日本国内で自転車イベントは数あれど、これだけのブロンプトンが一堂に会する機会は他にないだろう。

新潟県からツアーを組んで参加したスポーツサイクルサカモトの皆さん新潟県からツアーを組んで参加したスポーツサイクルサカモトの皆さん
ある意味マニアックなイベントではあるものの、年を重ねる毎に参加者が増え続けているBWC JAPAN。今年も全国各地からブロンプトン日本最速の座を賭けて、そして各国のチャンピオンがずらり揃うイギリス大会(BWC Final)への出場権を賭けて激しい(?)戦いが繰り広げられたのだ。

そして最もユニークなのが、ただ一人もジャージ姿のレーサーがいないこと。むしろ自転車に乗る格好ではなく、お洒落なカフェでティーでもエンジョイしちゃおうかと言ったスタイルなのだ。それもそのはず、参加者はジャケット+シャツ+タイ+レーパン以外のパンツという英国フォーマルに則らないとならない。それでいてサーキットを爆走しているのだから、何とも不思議といえば不思議。

「最近はブロンプトンばかり乗っているんだ」と、初来日を果たしたデヴィッド・ミラー氏「最近はブロンプトンばかり乗っているんだ」と、初来日を果たしたデヴィッド・ミラー氏
参加者のブロンプトンCHPT3モデルにサインするミラー氏参加者のブロンプトンCHPT3モデルにサインするミラー氏 自身もブロンプトンを駆りレースを楽しんだミラー氏自身もブロンプトンを駆りレースを楽しんだミラー氏


また今年は元プロロードレーサーとして活躍したデヴィッド・ミラー氏がなんとゲスト参戦。自身が立ち上げたアパレルブランド「CHPT3」とブロンプトンとのコラボを記念し、そのアピールのために今回来日を果たした。「ロードレースを辞めてからはブロンプトンばかり乗っているよ。今日はCHPT3モデルのオーナーもたくさんいて感激。参加者みんながレースを楽しんでほしいけど、CHPT3モデルに乗る人は特に頑張ってほしいね」と言う彼は写真撮影やサイン攻めに気さくに対応していた様子が印象的だった。せっかくの機会なので自分もツーショットを撮ってもらうことに。

正直小径車でのレースってどうなの?と観戦する前は思っていた筆者だが、コレが何とも面白いのだ。集団が迫ってくる様子はロードレースさながらだし、そのスピードは想像以上。目の前を駆け抜ける速度感や見た目とギャップのある白熱した走りはなかなかどうして迫力がある。

袖ヶ浦フォレストレースウェイのサーキットコースをダイナミックに駆ける袖ヶ浦フォレストレースウェイのサーキットコースをダイナミックに駆ける
背中を押してチーム員をピットから送り出す背中を押してチーム員をピットから送り出す ロードレースさながらのコーナリングロードレースさながらのコーナリング

仲間と一緒にゴール!お疲れ様でした仲間と一緒にゴール!お疲れ様でした
午前中にはまず2時間エンデューロ種目が、そして午後からはBWC本戦が開幕。300名以上がル・マン形式のスタートで(バイクを組み立ててから)飛び出していく。レースの先頭集団はロードバイクにも負けずとも劣らないハイスピードを刻み、なんと平均時速35km超え。小径車ってそんなにスピードが出るものなの?と疑問に思った方は、今すぐブロンプトン取扱店へ急ぐべし。ガチガチの真剣勝負の中、女子は一昨年、昨年と2年連続2位に入っていた渡邉千里さんが、男子はシクロクロスやMTBレースに出場している川村誠さんが勝利を掴んだ。

最もお洒落に決まった男女1名ずつがベストドレッサー賞として表彰最もお洒落に決まった男女1名ずつがベストドレッサー賞として表彰 特別賞としてブロンプトンCHPT3モデルがデヴィッド・ミラー氏から直接手渡された特別賞としてブロンプトンCHPT3モデルがデヴィッド・ミラー氏から直接手渡された
BWC女子は渡邉千里さんが3度目にして初優勝を掴んだBWC女子は渡邉千里さんが3度目にして初優勝を掴んだ BWC男子は川村誠さんが優勝、イギリスで行われるBWC Finalへの招待券が贈られたBWC男子は川村誠さんが優勝、イギリスで行われるBWC Finalへの招待券が贈られた

折りたたみタイム最速を狙え!フォールディングコンテスト折りたたみタイム最速を狙え!フォールディングコンテスト ブロンプトンのタイヤを利用した輪投げゲーム、設置された的もブロンプトンのステムパーツだブロンプトンのタイヤを利用した輪投げゲーム、設置された的もブロンプトンのステムパーツだ


本国イギリスを中心にヨーロッパで大人気を誇るブロンプトンの特徴は、なんといってもコンパクトかつスピーディーに折り畳める独自設計を採用していることだ。ステージ上ではいかに早く組み立てられるかを競う勝負も行われ、最速タイムはまさかの8秒!他にもブロンプトンのタイヤで「輪投げ」と「的当て」が、「スタンディングコンテスト」や「フォールディングコンテスト」といったアクティビティが催され、どのブースもお祭りのような盛況ぶりだった。

ピットサイドのリラックスエリアではテントを張ったりテーブルを広げたり。アウトドアグッズを持ち寄りバーベキューをするグループもあったりと、レースだけではないのがこのBWCの人気の秘密なのかもしれない。

マニアックな世界が広がるブロンプトンだけに、こだわりのカスタムが目につく。クランクやサドルはロード用の製品をアッセンブルしている人もいれば、小径車用のカーボンホイール・カーボンロングシートポストを合わせる人も。ハンドル形状も好みのライズを選べるし、グリップや折りたたみ用のヒンジレバーといった小物類にまで、それぞれオーナーのセンスが溢れ出てやまないのも一つの魅力。

チェック柄を取り入れ可愛くコーディネートした女性3人組チェック柄を取り入れ可愛くコーディネートした女性3人組 グレーのジャケットと白のパンツで揃えたペアルックのお二人グレーのジャケットと白のパンツで揃えたペアルックのお二人
レザー系の小物で統一してバイクをコーディネートレザー系の小物で統一してバイクをコーディネート パステルカラーでドレスアップされたブロンプトン。フレームはカラーオーダーも可能だパステルカラーでドレスアップされたブロンプトン。フレームはカラーオーダーも可能だ

また、ブロンプトンCHPT3モデルが当たる特別賞はイベント開催日に因んでBWC本戦で25位に入った男性がゲット。なんとこの方、昨年も同様にブロンプトンバイクを当てており、2年連続での獲得となるスーパーラッキー。またミラー氏選考の下、英国風な装いでお洒落に決めた男女1名ずつがベストドレッサー賞として表彰された。

ブロンプトンオーナーの祭典として今年も大成功に終わったBWC JAPAN。来年は第10回の記念大会としてさらにパワーアップしたイベントとなるに違いない。ブロンプトン乗りの輪をつなぐイベントとして、今後もより一層盛り上がりを見せることだろう。

レースはル・マン式、バイクを置いてスタートを待つレースはル・マン式、バイクを置いてスタートを待つ
シクロワイアードではイベント終了後にデヴィッド・ミラー氏へインタビュー。今回感想やCHPT3の活動について語ってもらった。



デヴィッド・ミラー氏 インタビュー

― まずは今日のBWC JAPANはいかがでしたか

ブロンプトンバイクの走りや作りなどテクニカルな部分は当然良いものですが、それよりもこういったイベントの開催やオーナーの集まりといったブランドを取り巻くコミュニティが何より素晴らしいですね。今日イベントに参加して改めて感動しました。個人的には、ロードレースを引退してから時間が経っているのにも関わらず、多くの日本のファンが声をかけてくれて非常に嬉しかったですね。

今後はCHPT3のブランド活動に力を入れていきたいと語ったミラー氏今後はCHPT3のブランド活動に力を入れていきたいと語ったミラー氏
― ミラー氏が立ち上げたCHPT3というのはどういったブランドですか

プロ選手を引退後、私自身が今までにやってきた取り組みや自転車との関わりを伝えていく1つの手段とでも言いましょうか。それをロードレースではなく、より商業的な側面からアプローチした結果がCHPT3というブランドなのです。今回コラボレーションしたブロンプトンも良いバイクで、自転車という乗り物で括るのではなく、移動したり物を運んだり幅広く活用できる一つのツールとして楽しめる製品だと思っています。最初に見たときは組み立てることもできませんでしたが笑。

― 今後はどういった活動をしていくのですか、また日本は楽しめましたか

もちろんCHPT3に力を入れていきます。今までテレビ出演や映画制作、本の執筆等も行ってきましたが、それらはどれも自身のクリエイティブな活動の一つにすぎません。今回のブロンプトンとのコラボなど、よりブランドを広く知ってもらえるよう取り組んでいきたいですね。

ワイズロードのスタッフの皆さんもミラー氏を囲んで記念撮影ワイズロードのスタッフの皆さんもミラー氏を囲んで記念撮影
今まで香港や台湾などの土地には住んだことがありましたが日本は今回が初めてでした。アジアにいたのももう25年以上前の話なので、日本は漠然とすごいところなのだろうとしか想像していませんでしたね。今回来日して様々な環境の良さには驚きましたし、いろいろと楽しむことができましたよ。

text&photo:Yuto.Murata
Amazon.co.jp 
の画像 碓氷と彼女とロクサンの。 (ファミ通文庫)
カテゴリー: Book
著者: 阿羅本 景
出版社: KADOKAWA/エンターブレイン
最安価格: ¥ 3,710
の画像 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通常版) [Blu-ray]
カテゴリー: DVD
メーカー: アニプレックス
参考価格: ¥ 5,292
最安価格: ¥ 4,905
の画像 少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS)
カテゴリー: Book
著者: つくみず
出版社: 新潮社
最安価格: ¥ 626
アマゾン価格: ¥ 626