コンパクトなボディから強力な光を絞り出すキャットアイの人気フロントライト「VOLT」シリーズ。今回紹介するのは光量が700ルーメンから800ルーメンにパワーアップした「VOLT800」だ。



キャットアイ VOLT800キャットアイ VOLT800
キャットアイのフロントライトラインアップの中でもお馴染みのVOLTシリーズ。キャットアイはこの1年でVOLT100をVOLT200へ、VOLT300をVOLT400へ、VOLT1200をVOLT1600へと、全ラインアップのアップグレードを行ってきた。今回紹介するVOLT800は、VOLT700から光量を100ルーメンパワーアップさせたモデルである。

800ルーメンという大光量によって、街灯の少ない郊外やナイトトレイルライドといったシチュエーションで活躍するだろう。オプティーキューブレンズによる幅広くかつ、進行方向の奥までフラットに照らしてくれる配光によって、高い視認性を実現していることも特徴の1つだ。VOLT800に備えられた強力は光とワイドな配光は、自身の存在を広範囲にアピール可能となるため、ライドの安心感も高いはずだ。

サイドの切り欠きがワイドな配光を実現しているサイドの切り欠きがワイドな配光を実現している シリーズ共通の電源/モードチェンジ/バッテリーインジケーター用のボタンが採用されているシリーズ共通の電源/モードチェンジ/バッテリーインジケーター用のボタンが採用されている

バッテリーは取り外し可能なため、予備を用意しても良いだろうバッテリーは取り外し可能なため、予備を用意しても良いだろう マウントはキャットアイが誇るフレックスタイトだマウントはキャットアイが誇るフレックスタイトだ


最大光量800ルーメンを照射するハイモードに加えて、VOLT800にはミドルとロー、常時点灯を行いながら、明るさが上下するハイパーコンスタント、点滅という4種類の点灯モードが用意されている。そのため、走行するシチュエーションに合わせられるはずだ。

加えて、モード切替/電源ボタンをダブルクリックすることで、瞬時にハイモードに切り替えることができる機能も備えられている。ハイモードにした後はシングルクリックで、元のモードに戻すことができる。緊急時、自分の存在をアピールしたい時に活躍するだろう。

VOLT400よりも一回り大きいVOLT800(上)VOLT400よりも一回り大きいVOLT800(上) VOLT800(左)のレンズはVOLT400のものより一回り大きいVOLT800(左)のレンズはVOLT400のものより一回り大きい


バッテリーはLi-ion 3.6V 3100mAhが採用されている。ランタイムはハイが約2時間、ミドルが約3.5時間、ローが約8時間、ハイパーコンスタントが約7時間、点滅が約80時間だ。バッテリーは取り外すことができるため、長時間ナイトライドする際は予備を携帯すれば運用可能となっている。また、VOLT700、400、300、50のバッテリーも使用できることもポイントだろう。

充電はライト本体下部のMicro-USBから行う。本体には急速充電回路が内蔵されており、1A以上の入力を行うと5時間でフル充電可能である。0.5Aの入力では約11時間が必要だ。予備バッテリーも運用する場合は、別売の充電クレードルを用意すると充電も楽に行えるはずだ。

マウントはキャットアイお馴染みのフレックスタイトブラケット。サイズはVOLT400よりもやや大きめの116×31.2×43.2mmで、重量は140g。価格は16,000円(税抜)。

最大の800ルーメンでは遠くまで照らしだしてくれるため、街灯のない夜道でも安心できるはずだ最大の800ルーメンでは遠くまで照らしだしてくれるため、街灯のない夜道でも安心できるはずだ
サイドからの視認性も高く、存在を十分にアピールできるだろうサイドからの視認性も高く、存在を十分にアピールできるだろう 目線の先を強く照らしだし、サイドは控えめに照らす配光が採用されている目線の先を強く照らしだし、サイドは控えめに照らす配光が採用されている




「強力なハイモードとミドルモードは心強い味方」三枝秀徳(シルベストサイクル梅田店)

「強力なハイモードとミドルモードは心強い味方」三枝秀徳(シルベストサイクル)「強力なハイモードとミドルモードは心強い味方」三枝秀徳(シルベストサイクル) やはり800ルーメンという明るさは魅力ですね。私の場合は街灯の少ない大阪・箕面の山に行くときに使用しています。一方で、VOLT800のミドルモードは400ルーメンと十分に明るいので、普段はこのモードが主力ですね。あえて800ルーメンを使用しないことで「もう一段階明るくできる」という余裕も生まれるでしょう。

照射された光は、むら無く見たいところを照らしだしてくれるように広がります。さすがレンズを得意とするキャットアイという感じですね。他にも電源を切った時のモードのまま、再び電源オンにできるのでストレスなく使用できる点も好感を持てます。コストパフォ―マンスにも優れているハイスペックモデルのため、夜練習するレーサーから通勤通学するライダーなどにオススメのライトです。



キャットアイ VOLT800
サイズ:116×31.2×43.2mm
重量:140g
光源:高輝度白色LED 1灯
使用電池:Li-ion 3.6V 3100mAh
使用時間:約2時間(ハイ)、約3.5時間(ミドル)、約8時間(ロー)、約7時間(ハイパーコンスタント)、約80時間(点滅)
標準充電時間:約6時間
繰返し充放電回数:標準300回 (定格容量の70%の容量低下まで)
価格:16,000円(税抜)

キャットアイ 急速充電クレードル
価格:1,200円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL140 JIS前照灯規格適合品 ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
最安価格: ¥ 2,139
アマゾン価格: ¥ 2,139
の画像 キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト [VOLT200] HL-EL151RC USB充電 ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
最安価格: ¥ 2,873
アマゾン価格: ¥ 2,873
の画像 キャットアイ(CAT EYE) H-34N フレックスタイトブラケット 533-8827N
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
参考価格: ¥ 660
最安価格: ¥ 372
アマゾン価格: ¥ 541