名選手あれば、名チームスタッフあり。宇都宮の市街地を、森林公園を熱狂に包んだ先日のジャパンカップには、ファビアン・カンチェラーラ、初出場初優勝を遂げたバウク・モレマといったスーパースターと共に、プロトンの走りを支える多くのスタッフ陣も来日した。今回はそんな中の一人、マッサージャーのステファノ・チェレーア氏に焦点を当て話を聞いてみた。



トレックファクトリーレーシングのマッサーとして来日した、ステファノ・チェレーア氏トレックファクトリーレーシングのマッサーとして来日した、ステファノ・チェレーア氏
トレックファクトリーレーシングのマッサージャーを務めるチェレーア氏は、イタリア生まれの43歳。過去に在籍したサエコやポルティではイヴァン・ゴッティの専属を、マペイ・クイックステップではベッティーニの専属マッサーを務めた「名マッサー」として有名で、ここ最近ではカチューシャ、トレックファクトリーレーシングとチームを渡り歩き、そのキャリアは実に20年以上を数える人物だ。

歴代の名選手を癒してきたゴッドハンド歴代の名選手を癒してきたゴッドハンド 補給地点に立つチェレーア氏。フィードゾーンでの仕事も大事なルーティーンだという補給地点に立つチェレーア氏。フィードゾーンでの仕事も大事なルーティーンだという 選手に手渡すボトルにはエナジージェルをテープで縛り付けていた選手に手渡すボトルにはエナジージェルをテープで縛り付けていた 「ゴッティが自分のことを評価しくれて専属になったんだ。ジロ・デ・イタリアを優勝した時は本当に嬉しかったね。彼が引退してマペイに入り、そこでベッティーニと知り合い専属になったんだ。今のチームにはルーカ(グエルチレーナ監督)のオファーがあって入ったんだ」とチェレーア氏は当時の記憶を振り返りながら言う。

「やっぱり”スター”と呼ばれる選手は違う。触って分かるよ」と続けるチェレーア氏。「筋肉の質が違うし、一般の人とは違う筋肉が備わっている。それは生まれつきであり、神から与えられたもの。選ばれし人間のみがそうした素質を備えているんだ。それと、この選手はどのようなレースに対応できるのか、長丁場のステージレースが得意なのか、それともクラシックレースが得意なのかもある程度分かる」。

各選手にどのような施術をしているのかと聞くと、「身体に触れれば筋肉が要求することが分かるんだ」と笑いながら答える。「マッサージャーを長く続けていると、この筋肉にはどのような施術が必要なのかが自然と分かるようになってくる。自分でも不思議なんだけど、そういう感覚が指先に宿るんだ。」

「それと、状況を考慮して施術を変えていく。例えば長距離のレースを走った時、寒く筋肉がこわばった時には強めに、反対に暑かったり、短距離レースの場合はよりリラックスできるよう弱めに施術する。選手からも要望が出るけれど、だいたい触るとだいたいその要求が間違っていることが多いね(笑)」

反対に、今までで一番印象的だったのは、カチューシャ時代に携わったロビー・マキュアンだという。生理学に精通して自分の身体のことを知り尽くし、要求もかなり的確かつシビアだったのだとか。そして長年プロチームに深く携わった経験から、チームのリーダーとなる選手には内面的な資質も求められる、とも。

「現在のチームでは、カンチェラーラがそれに当てはまる。体質的に優れているのはもちろん、情熱的だし、周りの人を惹きつける性格があるんだ。普段レース前にはミーティングを行うけれど、彼が話すとチームが引き締まるし、なぜか皆、彼のために頑張ろうという気持ちになる。そういう意味では過去に何人もこうした選手はいなかった。生まれながらのリーダーなんだよ」。

マッサーとしてだけでなく、補給食の調理やメカニックの手伝い、物品の管理や調達などソワニエとして多忙な生活を送るチェレーア氏。年間レースだけでおよそ200日をチームに帯同し、ベルガモにある自宅には暇を見つけて帰る。「妻に対して申し訳なく思っているよ。いつも一緒の部屋で寝るのはメカニックだからね」と茶目っ気たっぷりに笑う。

フィニッシュラインに先頭で飛び込むバウク・モレマ(オランダ、トレックファクトリーレーシング)フィニッシュラインに先頭で飛び込むバウク・モレマ(オランダ、トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsujiバウク・モレマの優勝をトレック・ジャパンの野口さんと分かち合うバウク・モレマの優勝をトレック・ジャパンの野口さんと分かち合う 「でも反対に、いつも一緒に生活している分、チームメイトとは家族のような関係が出来上がるんだ。強いチームの条件は、その家族意識をいかに強固にできるかに懸かっていると言っても過言じゃない。だからそういう意味でもカンチェラーラの存在はトレックにとって大きいよ。これは仕事だったり、家族だったり、一般的にも同じことが言えるんじゃないかな?」

2年連続のジャパンカップ参戦となったトレックファクトリーレーシングだが、チェレーア氏も2年連続の来日となった。その前は95年と、ジャパンカップ開催のきっかけとなった世界選手権の際にも来日し、今回が4度目。昨年の印象がとても良かったため、年間スケジュールを決めるタイミングで、自らジャパンカップを希望したのだそう。

「アメリカ、アジア、ヨーロッパは全土を見て回ったけれど、個人的には日本が一番暖かく迎えてくれるし、礼儀正しい国だと思う。それと自分は日本食が大好きさ!体格を見てもらえばわかる通りなんだけど(笑)。寿司や天ぷらも好きだけれど、実は懐石料理が好きなんだ。訪れる先の伝統料理だったり、人々がいつも食べているものにチャレンジするのが好きなんだ」。

「もちろんイタリア人だからイタリア料理が一番好きだけど、訪ねた先で無理にイタリア食を探したりしないよ。郷に入っては郷に従うことこそリスペクト。選手はどの国に行っても決められたメニューを食べなくちゃならないから、これはスタッフの特権なんだ。来年もジャパンカップ参戦があれば是非またリクエストしたいね」と、日本へのリスペクトと再来日に期待を寄せた。

「来年もまた日本に帰って来たいね」「来年もまた日本に帰って来たいね」
そんなチェレーア氏が支えるトレックファクトリーレーシングは、クリテリウムで別府史之が、本戦でバウク・モレマが優勝したのはご存知の通り。翌日に開催されたパーティーでは選手たちに混じってチェレーア氏も満面の笑みを輝かせていた。

text:So.Isobe

Amazon.co.jp 
の画像 自転車選手のためのアロマオイルマサージ
カテゴリー: Book
著者: 軽部 修子
出版社: エイ出版社
の画像 ブラシ型 ヘアアイロン (ヘアアイロン 18)
カテゴリー: Kitchen
メーカー: NaturePlus