日本で有数の実力者が集まるアマチュアクラブチーム、イナーメ信濃山形の選手たちからのフィードバックをもとに作られているイナーメ・スポーツアロマ。アップやリカバリー時に筋肉を緩める目的のマッサージオイルが揃うラインアップに、呼吸に着目したオイル「Breath」が登場した。



イナーメ・スポーツアロマ Breathイナーメ・スポーツアロマ Breath photo:Makoto.AYANO
レース前のアップや、レース後のリカバリー用のマッサージオイルは、パフォーマンス向上や回復のために筋肉を緩めることに重点が置かれていた。今回紹介する「Breath(ブレス)」はその名の通り、呼吸器系に着目したマッサージオイルである。

レースやトレーニングで追い込んだ際に肺から喉にかけて「血の味」を感じるということもあるだろう。呼吸器官を負担をかけ、酷使すると身体全体への回復にも影響を及ぼしかねない。これをアロマの効果で軽減しようと考え「追い込むレーサー視点」で開発されたのがBreathだ。

使用直後から高い効果を感じられるものではないが、アロママッサージの効果で幼児の喘息が治ったという事例もあるため、アロマの効果を期待できそうだ。また、イナーメ信濃山形をはじめマトリックス・パワータグ、愛三工業レーシングの選手でテストしたところ、限界を感じるまで追い込んだ時にこそ効果を実感できたという。

スッキリとしながらもリラックスできるような落ち着いた香りが特徴スッキリとしながらもリラックスできるような落ち着いた香りが特徴 photo:Makoto.AYANOレース前、胸や首など呼吸器周辺のマッサージすると効果がでるというレース前、胸や首など呼吸器周辺のマッサージすると効果がでるという photo:Makoto.AYANOベースオイルにはインド原産の「ホホバオイル ゴールデン」を使用する。ホホバオイルは吸収力や保湿性に優れており、必要なアロマ成分を筋肉に素早く届けられるのだという。ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、血行促進効果を期待できる。また、融点が低く冬場になると固まってしまうという欠点を解消したホホバオイルを使用しているため、シーズン問わず使用することが可能だ。

そこに呼吸器系全般に効果があるというラバンサラとユーカリラディアータ、ユーカリグロブルス、ペパーミント、フランキンセンス、ミルラというアロマを配合。ハーブの香りで呼吸が深まり、レース前のセルフマッサージでもリラックスできるはずだ。

実際に匂いを嗅いでみたところ、同ブランドのシャープな香りの印象が強い「オールシーズン(アップオイル)」と、リラックスできる香りの「リカバリーオイル」の中間に位置するような香りであると感じる。Breathのスッキリとした香りは鼻の通りが良くなるようで、落ち着いた香草の香りは自然と呼吸を深くしてくれるような印象を受けた。

実際に胸や首周りに塗りこんでみたところ、呼吸する度にアロマの香りを感じることができた。そのアロマの匂いによって、呼吸が深くなりリラックスでき、鼻の通りも良くなったように感じる。しばらく時間を置いた後も香りは消えることが無く、その効果も同様であった。

1本あたり30mlという容量で、約20回の使用が可能だ。デコルテ(胸前)や喉元、首周り、鼻周り、背中といった呼吸器系周辺に薄く伸ばしてマッサージするという。追い込む練習やレース前に使用することで、楽に呼吸でき、一層追い込むことができるだろう。



イナーメ・スポーツアロマ Breath
容量:30ml(約20回分)
成分:ホホバオイルゴールデン、ラバンサラ、フランキンセンス、ユーカリラディアータ、ユーカリグロブルス、ペパーミント、ミルラ
価格:1,500円(税込)

Amazon.co.jp