コンポーネントメーカーとしてだけではなく、シューズメーカーとしての地位も不動のものとしているシマノ。昨夏よりデリバリーが開始され、プロ選手からも広く愛用される新型フラッグシップシューズ「S-PHYRE RC9」をインプレッションした。



シマノ S-PHYRE RC9シマノ S-PHYRE RC9 photo:MakotoAYANO/cyclowired.jp
シマノの新たなロード用フラッグシップシューズとして登場した「S-PHYRE RC9」。数多くのプロライダーに愛用された先代の「SH-R321」をベースに、デザインを一新させ、よりスタイリッシュなルックスを獲得しただけでなく、フィッティングシステムを始めとした各所に大幅なアップデートを施したモデルだ。

外見上の最も大きな変化は、フィッティングシステムに、シマノ史上初めてダイヤル式クロージャー「BOA IP1」を採用したこと。シューズの内外から大きなパターンで甲全体を包み込む「サラウンドアッパー」を2つのBOAでフィットさせることによって、シューズと足の一体感を更に高めた。また、好みにあわせてフィット感の強弱を調整できるよう、前側のBOAワイヤーは2つのルーティングを用意。熱成型によるCUSTOM FITを不要とするほど、高いフィット感を得ることが可能になった。

シマノ史上初BOAクロージャー採用の新デザインシマノ史上初BOAクロージャー採用の新デザイン 上側のワイヤーは引っ掛けて締める構造のためリリースもラクにできる上側のワイヤーは引っ掛けて締める構造のためリリースもラクにできる

インソールを外すとカーボンのアウトソールが姿を表す。ペダルとの距離が従来モデルより3.2mm近くなり、よりダイレクトな踏み心地を実現インソールを外すとカーボンのアウトソールが姿を表す。ペダルとの距離が従来モデルより3.2mm近くなり、よりダイレクトな踏み心地を実現 ヒールカップは高い位置まで踵をホールドしてくれるヒールカップは高い位置まで踵をホールドしてくれる


アッパー素材はSH-R321と同じく、しなやかでありながら耐久性に優れるテイジンの「AVAIL100」を採用。これを、縫い合わせをほとんど用いないワンピース構造で成型し、不快なシームのあたりなどを軽減。アッパー全体にはパンチング加工を施すことで、通気性を確保している。

フルカーボン製のソールは、スプリンターのハイパワーを余すところなくペダルへと伝達するための高剛性はそのままに、構造を一新。ベースプレートからクリート取り付け部が出っ張ったような形状とし、その周囲をアッパーの糊しろにすることで、ソールと共にアッパーをサンドするラスティングボードというパーツを廃止。軽量化につながるとともに、従来モデルに対してスタックハイトを3.2mm低減することに成功したことにより、ペダリングフィールがよりダイレクトに。クリート取り付け部は前後11mmとワイドな調整幅を持つ。

つま先側のワイヤールーティングは手軽に変更可能だつま先側のワイヤールーティングは手軽に変更可能だ 左右でワイヤールーティングを変えることができ、好みに合わせてより高いフィット感を実現できる左右でワイヤールーティングを変えることができ、好みに合わせてより高いフィット感を実現できる

アッパーの随所にパンチング加工が施され高い通気性を発揮アッパーの随所にパンチング加工が施され高い通気性を発揮 クリート取付部は目盛りが細かく表記され、クリートセッティングを助けるクリート取付部は目盛りが細かく表記され、クリートセッティングを助ける


もちろん、足底形状はシマノが誇る「ダイナラスト」。つま先の位置を見直すことで足を引き上げる時に発生する負の力「ブレーキングロス」を5.23%軽減している。踵部には、ソールとは別体式となるエクスターナルヒールカップを配置。カーボンよりも成型自由度に優れる硬質樹脂を素材としており、踵を包み込み安定させることでアーチ後方のねじれを抑制。踵の内側には、ザラザラとしたサメ肌のような滑り止め素材を配置し、踵のスリップを防止した。

昨年の登場から引き続き今シーズンも多くのトッププロ選手が使用するこちらのシューズ。今回はRC9を普段のライドから使用し実業団レースにも参戦している、なるしまフレンドの若生正剛さんにインプレッションをして頂いた。



ー インプレッション

「より高いフィット感かつ、よりダイレクトな踏み心地」若生正剛(なるしまフレンド)

「より高いフィット感かつ、よりダイレクトな踏み心地」若生正剛(なるしまフレンド)「より高いフィット感かつ、よりダイレクトな踏み心地」若生正剛(なるしまフレンド)
新しく採用されたBOAダイヤルによるワイヤーの締め付けによる今までにない高いフィット感。そしてスタックハイトが小さくなった新設計による高いダイレクト感が特徴のシューズだと感じます。アッパーが直接アウトソールに接着される新デザインのために、これら2つの長所が際立って感じるところかもしれません。

アッパーは非常に柔らかく、革靴のように馴染んでくる感じがあります。私は足の形が左右で多少異なるため痛みが出てしまうシューズもありましたが、これは自分の足にとてもよく合いますね。フィット感が高く、今まで履いてきたシューズの中でも一番のお気に入りです。熱成形はできませんが、ハーフやワイドサイズも用意されるため、どんな人にも合いやすいのではないでしょうか。

フィット感に関してはBOAダイヤル採用も良い仕事をしていますね。つま先側のワイヤールーティングを変更できることによる、締めつけ感の調整がとても役立っています。先程言ったように足の形に左右差があるため、右側だけルーズな締め付けとなるようにルーティングを変更することでフィット感を高めています。左右差がある人には嬉しい設計ですね。

「調整可能なワイヤリングにより高いフィット感が得られる」若生正剛(なるしまフレンド)「調整可能なワイヤリングにより高いフィット感が得られる」若生正剛(なるしまフレンド)
ソールに関しては硬すぎるということもなく、程よい剛性だと感じます。シューズのせいで足が疲れるということはありませんね。ヒールカップもかかとの深いところまできているため、きちんと足がホールドされます。しっかり固定されますが多少の動きはあるので、締め付けられて痛いということもありませんね。かかとのフィット感は、今までのシマノシューズとは全く異なるほど改善されていると感じました。

前作のR321では熱成形できるカスタムフィットインソールが標準で付いてきましたが、今回のインソールは土踏まずのアーチサポートのみ調整できる仕様です。自分は多少フィット感の悪さを感じてしまうところなので、インソールの交換を視野に入れています。

ただ、クリート位置を調整する際のメモリも細かく表記してあるため、新しくシューズを購入した人でもセッティングを出すのに短い時間で済むのではないでしょうか。全体的に通気性も良いため、夏場のライドでも快適そうな印象を受けます。長距離のライドもレースでのスプリントも申し分ない性能を発揮する、オールマイティなシューズとして活躍することでしょう。

シマノ S-PHYRE RC9シマノ S-PHYRE RC9 photo:MakotoAYANO/cyclowired.jp
シマノ S-PHYRE RC9
アッパー素材:テイジン AVAIL100+メッシュ
ソール:カーボン(+PU)ソール ※ヒールパッド交換可
ラスト:シマノ ダイナラスト
サイズ:36〜38、39〜43(ハーフサイズあり)、44〜48(36、37、47、48は受注生産)
実測重量:251g(片側、サイズ43)
カラー:ブルー、ホワイト、イエロー、ブラック(限定カラー、サイズは40~42のみ)
価 格:45,000円(税抜)



インプレッションライダーのプロフィール

若生正剛(なるしまフレンド)若生正剛(なるしまフレンド) 若生正剛(なるしまフレンド)

高校卒業後からなるしまフレンドに籍を置き、今年で8年目を迎えた立川店勤務のメカニック。仕事の傍らロードレースに打ち込み、国内トップカテゴリーのJPTにも在籍した経験を持つ。ツール・ド・おきなわ国際レースやツール・ド・熊野、ツール・ド・北海道といった国内UCIレースを走った。脚質はパンチャータイプ。スタッフとしてお客さんのイメージ通りの自転車を形にすることがモットー。愛車はジャイアント TCR ADVANCED SL。

CWレコメンドショップページ
なるしまフレンド立川店

Amazon.co.jp 
の画像 井村屋 40gスポーツようかんプラス40g×10本
メーカー: 井村屋
部品番号:
価格: ¥ 1,080
の画像 井村屋 チョコようかん 抹茶55g×10個
メーカー: 井村屋
部品番号:
価格:
の画像 江崎グリコ NuberBANANA スタミナ系・バナナブラウニー 1本×9個
メーカー: 江崎グリコ
部品番号:
価格: