中国・四国・九州 › 愛媛

B-Shop Ochi(ビーショップ・オチ)

「自転車って、楽しいね! 」を発信 初心者と女性に優しく、走りを突き詰めたい方にも
驚くほど大きく広々とした店舗に、スポーツバイクが豊富に品揃えされるB-Shop Ochi(ビーショップ・オチ)。お店のキャッチフレーズは「自転車って、楽しいね! 」。店舗は新しいが、歴史は古いのだそうだ。

「創業年度は分かりません(笑)。一度お店の歴史を調べようと思ったのですが、戦争で闇の中。どうやら私が4代目なんだろうと思います」と笑いながら話してくれたのは代表の越智健二さん。名水百選が自噴するほど自然が豊かな愛媛県西条市に、そんなにも歴史の深いスポーツサイクル専門店があるとは驚きだ。

瀬戸内海にそそぐ加茂川の近くに位置する真新しい店舗は、2014年の4月20日に新装オープンしたばかり。それまでは近くの旧店舗で、長年に渡り「輪業店」スタイルで地域の自転車生活を支えてきた。その昔はオートバイも手がけていたが、競輪選手だった先代の頃からスポーツサイクルの割合が増え、およそ3、4年前からスポーツサイクル専門店として舵を切ったという。今や愛媛の貴重なスポーツサイクル専門店として、県内外からユーザーを集める存在だ。

広々とした店内に、スポーツバイクはスペシャライズド、キャノンデール、ウィリエール、ピナレロ、ジャイアントといったトップブランドのロードバイクを中心に、クロスバイクやキッズバイク、MTBなど常に50〜60台ほどを在庫しているという。ホイールに関してはシマノとマヴィックがズラリ勢ぞろいし、他には人気の高まっているトライアスロンの用品もかなり充実している印象を受けた。

「ビギナーさんにとって敷居の低い店でありたい」という越智さんの思いから、80坪ほどの新店舗は広くクリーンで、しかも余裕をもった展示だ。売り場はもちろんメカニックスペースやフィッティングルームも大きくスペースが取られており、専門店に入るのが初めての方が感じてしまいがちな入りづらさは一切無い。
「自転車ブームも手伝って、最近では来店するほとんどのユーザーが初心者さんです」と越智さんは言う。しかも最近は女性客の方が多い日もあるのだそう。そして、お店の中をまずは気軽に見て回ってもらいたいとの思いから、「いらっしゃいませ」の声がけはあえてしていないという。
80坪の店内には余裕をもって商品が陳列されている。
B-Shop Ochiのスタッフさん。皆笑顔で迎えてくれる
代表の越智健二さん。最近の愛車はキャノンデールのシナプスだ
そんなB-Shop Ochiだが、数年前まではレース志向のユーザーや、自転車マニア向けの店作りをしていたという。越智さんは次のように語る。「コアな方とはマニアックな走りや話ができてとても楽しいですよね。でも、近年自転車がメジャーになり、挑戦してみたいという方がとても多くなってきました。僕はそういう方々に、正しく、そして安全に自転車を楽しんでもらいたかったんです」。

「ある程度走れるようになれば、一人でも走ったり、自分でバイクを整備したり、イベントにも出て楽しむことができる。でもその入り口って、もの凄く敷居が高いように感じてしまいますし、どう遊んでいいのか分からない。僕らの仕事はその部分をサポートすることにあると思っているんです」。

そうした思いから、ビギナーのための講習会などはもちろんのこと、レンタルバイクも数台用意し、「まずは試してみたい!」というニーズに応えている。取材中も友人とツーリングをするためにレンタルバイクを借りに来たという女性客がいたりと、実際に人気も高いように感じた。希望があればスタッフがついて川沿いのサイクリングロードを2kmほど走る体験サイクリングも行っているそうだ。

納車の際にはローラー台を使い、30分〜40分かけて基本的な操作をレクチャーしながら各部のサイズを煮詰めていく。その時にすぐサイズ違いの製品を試せるよう、ハンドルやステムといったアイテムの在庫にも非常に力を入れている部分なのだそうだ。通じてフィッティングもショップとしてかなり力を入れている部分で、スペシャライズドが提唱するボディジオメトリーフィットを国内導入最初期から導入し、これまで多くのユーザーに施術してきた。

「膝が痛い、肩が痛い、首が痛い。それらは昔ならスポーツサイクル入門にとっての試練であって、『鍛えて克服すべし』という時代もありました。でもそんな精神論では慣れる前に嫌いになってしまいます。私を含めて3名がフィッターの資格を持っていますから、どんな悩みでも気軽に訊ねて欲しいですね」と越智さんは自信を見せる。もちろんビギナーだけでなく、より高みを目指すユーザーにとっては、かつてコアなショップづくりをしてきた際の経験が役に立つ。
主力商品であるロードバイク。ミドルグレードを中心にS−WORKSなどハイエンドモデルも在庫する
地域のニーズに応え、クロスバイクも多く店頭在庫や試乗車を用意している
シマノとマヴィックホイールは充実の取り揃え
各種アクセサリーや消耗パーツも十分。通路が広くとられているのが嬉しい
B-Shop Ochiのもうひとつの特徴は、女性客にとって優しいお店であることだろう。火、水、金の15時~(変更あり)及びイベント開催時、ショップにはバレエ由来のフィットネス「バレトン」のインストラクターとしても活躍する越智恵美(愛称はAmy)さんがスタッフとして加わり、元気いっぱい、親切丁寧に相談ごとに乗ってくれる。最近ではカフェを巡る女性ライドも開催し、じわじわと人気を伸ばしているのだそう。

「せっかく自転車に乗るんなら、女性でもどっぷりハマって欲しいんです(笑)。もちろん最初の敷居はできるだけ取り払って、距離や登りの距離を徐々に増やしながら。最終的にはみんな高い山もこなせるように育って欲しいですね」とは越智さん。女性のユーザーグループも少しずつ大きくなっているそうで、これからの広がりに期待したいところだ。

スポーツバイクと同じく、人気の増え続けるトライアスロンに関しても、やはり初心者をサポートしたいという思いは変わらない。B-Shop Ochiでは「トライアスロン一年生」というグループを作り、諸々の購入からトレーニング、そしてレースのエントリーまで一緒に取り組む活動を行い、トップ選手を招いてのスイムやランニング、さらにウェットスーツの試着会なども行っているという。

さて、愛媛県の自転車スポットと言えば、今や国内はもちろん海外からも脚光を浴びる「しまなみ街道」だろう。B-Shop Ochiからも30km少しの距離にあるが、ショップ周辺にも魅力的な環境がずらりと揃っている。東西には平地が広がり、南に下れば石槌山を主峰とする1000m級の山々が連なる四国山地も。ショップから2時間くらい走るだけで長いヒルクライムにチャレンジできるとは、聞いているだけで羨ましくなってくる。

そんな環境を活かして、定期的にツーリングやイベントを開催しているそうだが、あくまで練習会などはお客さんが主体。かつてはショップとしてクラブチームを運営していたが、現在は実業団ロードレースチーム、MTBで山遊びをするグループ、ロングライド派…と、趣味の合うユーザー同士で様々なコミュニティができているそうだ。常駐するスタッフさんもロードバイクはもちろん、トライアスロン、MTB、シクロクロスとそれぞれ得意分野で共に自転車ライフを楽しんでいるという。

「夏には近場でヒルクライムレースが2つあって、皆で表彰台を狙おうと頑張っているときもあります。普段はのんびり楽しみながら、目標に向かってはちょっとだけストイックに。かつてのノリが残っていますが、皆で頑張るのって、やっぱり楽しいですもんね(笑)」と越智さん。ビギナーのみならず、レース志向の方にとっても居心地の良い環境が、このB-Shop Ochiにはある。
エクササイズのインストラクターとしても活動する越智恵美(Amy)さん
女性用のバイクやアパレルは恵美さんにお任せ!
広いフィッティングスペースに置かれた専用マシン。ビギナーからハイエンドユーザーまで広く対応してくれる
フィッティングは一人一人時間を掛けて丁寧に。BGフィット国内導入初期から取り入れてきたという
もちろん整備に関しても妥協無く、3人が一気に作業できる広いメカニックスペースには、常に活気があふれている。費用こそ変われど持ち込み修理もウェルカムで、ロードバイクはもちろん、サスペンションやディスクブレーキなどオイル系メンテナンスにも十分に対応してくれる。

「特別なことは何もしていないんですけどね」と言うものの、聞けば完成車を組む場合はBBやヘッドパーツを一度バラしてからグリスアップして組み直す、ホイールの振れを取る。たとえ雨ざらしになったとしても固着しないよう、クロスバイクなどはインナーワイヤーをステンレス製に変えるなど、長年自転車に携わってきた経験を元に、十二分とも言える万全の対策を施している。

自転車を初めて買った人たちには無料の初期点検が準備されているし、遠くに走りに出かけた際に困らないよう、10名ほどの小規模予約制でパンクや簡単な整備などを学べるメンテナンス講習会も定期的に開催している。そうして段階を踏んだ上で、その方にマッチするイベントや、前述したユーザー同士のコミュニティを紹介しているという。

「以前に比べ、ここ最近は自転車の遊び方が飛躍的に増えたように思います。ツーリング、レース、ブルベ、オフロード…。いろんな遊びがあって、どれも楽しい。それぞれに合ったサポートができたら良いな、といつも思っています。ショップとして『こうでなくちゃいけない』という考えはありませんし、お客様と一緒に楽しんでいきたいですね」と、取材の終わりに越智さんは笑いながら語ってくれた。

「自転車って、楽しいね! 」をキャッチフレーズとして掲げるお店は誰にとっても入りやすく、門戸は広いのに、楽しみ方は幅広く、そして奥が深い。そんなスポーツサイクル専門店がB-Shop Ochiなのだ。
メカニックは3名が常駐。ロード、MTB、ツーリングなど何でも任せられる
例えエントリーモデルでも、触れ取りや組み直しは怠らない
広いメカニックスペースでテキパキと作業が進む
店舗情報
郵便番号 
793-0042
住所 
愛媛県西条市喜多川316番地1
営業時間 
10:00 ~ 20:00
日曜日のみ18:30まで
定休日 
木曜日(年末年始、西条祭り除く)
TEL 
0897-55-2048
ブログ更新情報
アクセス 
JR予讃線 伊予西条駅北口から1.4km、タクシーで5分 
徒歩なら約17分(駅西通り〜喜多川通り)ファミリーマート西条喜多川通り店向かい
スタッフからのメッセージ
B-Shop Ochi スタッフの皆さん 左端が代表の越智健二さん
ビギナーの方、女性、もしくは自分の走りをとことんまで突き詰めたい方。できるだけ多くの方に「自転車って楽しいね!」と感じて頂くことができるように、毎日頑張っています。そのために必要なメンテナンスをはじめ、丁寧なサポートを心掛けています。ご購入頂いた方でも、持ち込みであってもそのポリシーは変わりません。私たちと一緒に自転車を楽しんでみませんか?

B-Shop Ochi(ビーショップ・オチ)