レ・マニエ、チプレッサ、ポッジオという登りで絞り込まれた8名による闘いに持ち込まれた第102回ミラノ〜サンレモ(UCIワールドツアー)。エースのカヴェンディッシュが早期に脱落する中、最後までアタックに食らいついたマシュー・ゴス(オーストラリア、HTC・ハイロード)が優勝を飾った。
ライブ告知: 
ミラノ〜サンレモ2011テキストライブ