フランス籍のUCIプロコンチネンタルチーム、ソジャサンが2013年シーズンの新ジャージデザインを発表した。イメージカラーをブルーからグリーンに変更した今年は、使用バイクをBHに変更。3年連続となるツール・ド・フランス出場を目指す。

以下、チームをサポートするパナレーサーからのプレスリリースで紹介する。


ジュリアン・シモン(フランス、ソジャサン)ジュリアン・シモン(フランス、ソジャサン) (c)パナレーサーパナレーサーが昨年サポートしていたフランスのUCIプロコンチネンタルチーム「SAUR-SOJASUN」が、今年は「SOJASUN」に生まれ変わる。

「SAUR-SOJASUN」は、2012シーズンのヨーロッパツアー チームランキングで1位を獲得しており、ジュリアン・シモン選手(「ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2012」(UCI World Tour) ステージ2勝)、ブリース・フェイユ選手(「ツール・ド・フランス2012」の山岳賞総合9位)、ジョナタン・イヴェール選手(「ツール・ド・ロマンディ2012」(UCI World Tour)ステージ優勝)などの選手が今年も引き続いてチームの柱となり、今シーズンも「ツール・ド・フランス」参戦を狙う。

チームが使用するタイヤは、昨年発売された「RACE EVO2」シリーズのチューブラーとクリンチャー。「SAUR-は昨年の「ツール・ド・フランス」でも「RACE」チューブラーを使用しており、そのR&Dから「RACE EVO2」への進化が実現している。