ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳決戦が早くもスタート。大会3日目にして登場した1級山岳頂上ゴールで総合優勝候補たちが火花を散らし、スプリントでアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)が勝利。ステージ通算7勝目を飾ったバルベルデがチームメイトからマイヨロホを譲り受けた。

第3ステージ・コースプロフィール第3ステージ・コースプロフィール image: Unipublic昨年久々の登場に沸いたバスク州に、ブエルタは再び脚を踏み入れる。2年連続スタート地点を迎え入れるファウスティーノVのワインセラーを発ち、緑豊かなバスクの山岳地帯を縫うように北上する。

レース序盤から2級、3級、3級のカテゴリー山岳を立て続けにクリア。さらにゴールの僅か2km手前で1級山岳アラーテ峠を越える。実質的に大会最初の頂上ゴールとなるこのアラーテ峠は、登坂距離5.5km・平均勾配7.8%。最大勾配が11%に達する登りで、ビッグネームたちが躍動した。

マイヨロホを着て第3ステージに挑むヨナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター)マイヨロホを着て第3ステージに挑むヨナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター) photo:Cor Vos出走サインを済ませたクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)出走サインを済ませたクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Cor Vos全日本チャンピオンジャージを着る土井雪広(日本、アルゴス・シマノ)全日本チャンピオンジャージを着る土井雪広(日本、アルゴス・シマノ) photo:Cor Vos

逃げるフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)やピム・リヒハルト(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)逃げるフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)やピム・リヒハルト(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM) photo:Cor Vosバスクファンの声援に応えようと、地元出身のマルケル・イリサール(スペイン、レディオシャック・ニッサン)ら8名がレース序盤からエスケープ。

総合で10秒遅れのフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)も入ったが、メイン集団はこの逃げを容認する。連続するカテゴリー山岳で積極的にポイントを稼いだピム・リヒハルト(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)が山岳賞トップに浮上した。

メイン集団を徹底的にコントロールするモビスターメイン集団を徹底的にコントロールするモビスター photo:Unipublic先頭8名は最大で4分30秒のリードを得たが、モビスターの集団徹底コントロールによってタイム差は縮小する。マイヨロホを着るヨナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター)も、アシストとして献身的に集団を率いた。

ローカルライダーのイリサールが最後まで粘りを見せたが、ゴールに至る1級山岳アラーテ峠の登り口で吸収。逃げをすべて捉えたメイン集団は、サクソバンク・ティンコフバンクに導かれる形で登りを突き進んだ。

勾配が増すにつれてメイン集団は縮小。ダニエル・ナバーロ(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)らのペースアップによって、マイヨロホのカストロビエホの他、ディフェンディングチャンピオンのファンホセ・コーボ(スペイン、モビスター)が早くも遅れて行く。

バスクファンが詰めかけた山岳を行くバスクファンが詰めかけた山岳を行く photo:Cor Vosバスク地方の山岳地帯を目指すプロトンバスク地方の山岳地帯を目指すプロトン photo:Cor Vos

勾配が10%を刻む登り中盤に差し掛かると、メイン集団からコンタドールが軽やかにアタック。これに反応出来たのはホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)、クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)、バルベルデのみ。コンタドールが作る激しいスピードの強弱にフルームが出遅れるシーンも見られたが、コンタドール、ロドリゲス、フルーム、バルベルデの4人が一塊となってアラーテ峠を登る。

1級山岳アラーテ峠でペースを上げるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)1級山岳アラーテ峠でペースを上げるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク) photo:Unipublic一旦ペースが落ちたこの先頭カルテットにはイゴール・アントン(スペイン、エウスカルテル)やニコラス・ロッシュ(アイルランド、アージェードゥーゼル)らが合流。しかしコンタドールのアタックにより先頭は再び4名となり、そのまま後続を引き離してアラーテ峠の頂上をクリアする。

1級山岳アラーテ峠で攻防を繰り広げるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)ら1級山岳アラーテ峠で攻防を繰り広げるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)ら photo:Unipublic頂上からゴールまでは平坦&下り。スプリントに持ち込みたくないコンタドールが執拗にアタックを繰り返すも、先頭4名は崩れない。下り基調のハイスピードスプリントでロドリゲスとバルベルデの2人が先行し、そのまま並んでゴール。写真判定の結果、バルベルデのステージ優勝が決まった。

2009年大会の総合優勝者で、ステージ通算6勝を飾っているバルベルデが、シーズン7勝目。ツール・ド・フランスに続き、山岳ステージで勝利を収めた。「3年前にもこの登りを走ったことがあるけど、久々だったので不安もあった。でもエキサイティングでドラマティックなレースだったよ。最終コーナーを抜けた選手が勝者になることが多いけど、今日は何とかギリギリ追いついたんだ」とバルベルデ。

スプリントでゴールするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)とホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)スプリントでゴールするアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)とホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ) photo:Cor Vosボーナスタイム(1位12秒・2位8秒・3位4秒)も同時に獲得したバルベルデが、総合首位に躍進。コーボが遅れた今、バルベルデがエースとして2度目の大会制覇を狙うことになる。「チームも僕も、ここまでの結果に大満足だ。ステージ優勝して、チームとしてジャージを守った。強力なライバルたちが集まっているので、リードを守るのは難しいかもしれない。でも出来る限りのことはやってみせる」。

マイヨロホに袖を通したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)マイヨロホに袖を通したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) photo:Cor Vos最も果敢な走りを見せたコンタドールは、ステージ4位でボーナスタイム獲得ならず。「調子の良さを感じていたので、脚試しとしてアタックしたんだ。でもそれまでに厳しい登りがなくてみんなフレッシュだったので、リードを奪えなかった。ステージ優勝に繋がらなかったことは残念だけど、目標はマドリードで(ジャージを着ること)あり、今日のテストは合格」。

コンタドールが繰り出したアタックは合計7回。一発で勝負が決まらないという決定力の無さに、まだまだ本調子ではないというのが周囲の声。コンタドール自身も「もっとトレーニングが必要だと思う」と認める。「でもキック力(突破力)はあるし、それこそ自分がフレッシュだというサイン。楽観的にこれからのステージを闘いたい」。

1回目の頂上ゴールで早くも明らかになったバルベルデ、ロドリゲス、フルーム、そしてコンタドールのパワー。しかしまだまだレースは始まったばかり。「確かに彼らの加速にはついていけなかった。でも、かと言って、大きなタイム差がついたわけじゃない。最後は比較的余裕をもって追走したんだ」と、6秒遅れでゴールした昨年大会総合4位のバウク・モレマ(オランダ、ラボバンク)は語る。

逆に、6秒遅れの集団に残れなかったのは、1分28秒遅れのダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD)、1分52秒遅れのデニス・メンショフ(ロシア、カチューシャ)、2分07秒遅れのトーマス・デヘント(ベルギー、ヴァカンソレイユ・DCM)、3分23秒遅れのユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)ら。翌日第4ステージの1級山岳バルデスカライ・スキーリゾート(登坂距離13.4km・標高差695m)頂上ゴールで、各選手のコンディションがより明確になるだろう。

アルゴス・シマノの土井雪広は、アラーテ峠に至る下り区間でアレクサンドル・ジェニエ(フランス)とトム・ドゥムラン(オランダ)の位置取りに力を使い、最後はペースを緩めて7分59秒遅れでゴールしている。

選手コメントはレース公式サイトならびに各チーム公式サイトより。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2012第3ステージ結果
1位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)           3h49'37"
2位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)
3位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)
4位 アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)
5位 ダニエル・モレーノ(スペイン、カチューシャ)               +06"
6位 バウク・モレマ(オランダ、ラボバンク)
7位 エロス・カペッキ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)
8位 ベナト・インチャウスティ(スペイン、モビスター)
9位 アンドリュー・タランスキー(アメリカ、ガーミン・シャープ)
10位 ロバート・ヘーシンク(オランダ、ラボバンク)
141位 土井雪広(日本、アルゴス・シマノ)                  +7'59"

敢闘賞
フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)

個人総合成績(マイヨロホ)
1位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)           8h46'56"
2位 ベナト・インチャウスティ(スペイン、モビスター)             +18"
3位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)              +19"
4位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)                +20"
5位 アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・ティンコフバンク)   +24"
6位 バウク・モレマ(オランダ、ラボバンク)                  +28"
7位 ロバート・ヘーシンク(オランダ、ラボバンク)
8位 リゴベルト・ウラン(コロンビア、チームスカイ)              +30"
9位 ダニエル・モレーノ(スペイン、カチューシャ)               +33"
10位 イゴール・アントン(スペイン、エウスカルテル)             +46"
147位 土井雪広(日本、アルゴス・シマノ)                 +10'42"

ポイント賞(プントス)
1位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)            25pts
2位 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、アルゴス・シマノ)            25pts
3位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)             20pts

山岳賞(モンターニャ)
1位 ピム・リヒハルト(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)          11pts
2位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)            10pts
3位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)             6pts

複合賞(コンビナーダ)
1位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)            4pts
2位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)             9pts
3位 クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)               16pts

チーム総合成績
1位 モビスター                             25h44'38"
2位 チームスカイ                               +09"
3位 ラボバンク                                +13"

text:Kei Tsuji
photo:Cor Vos, Unipublic
Amazon.co.jp