デンマークに籍を置くUCIプロツアーチーム、サクソバンクがツール・ド・フランス2012へのメンバーを選出した。宮澤崇史はメンバーから落選という結果になった。

宮澤崇史はツール・ド・フランス出場を逃した宮澤崇史はツール・ド・フランス出場を逃した (c)Kei.Tsuji6月22日、チームが発表したツールメンバー9人には宮澤の名前は挙がらなかった。チームオーナーであるビャルネ・リース氏およびチームマネジメント陣営は次のようにコメントする。

「今年のツール・ド・フランスではステージ優勝に照準を当て、レース展開に影響を与えるような走りができると確信している。そしてその可能性を見出してくれる選手たちをメンバーとし、経験、アグレッシブさ、能力をバランス良く併せ持ったチームであると信じている」。

山岳でのエースを担うクリスアンケル・セレンセン山岳でのエースを担うクリスアンケル・セレンセン (c)Kei.Tsujiチームに総合を狙うをエースが不在のサクソバンクは、デンマーク人選手を中心に、平坦から山岳まで幅広く対応するメンバー選考とした。山岳では2009年のジャパンカップ覇者、クリスアンケル・セレンセン(デンマーク)をエースに立ててくるだろう。セルジオ・パウリーニョ(スペイン)の山岳アシストも強力だ。

「(クリスアンケル)セレンセンは非常に優れた山岳でのポテンシャルを持つ選手だ。おそらく彼は山岳ジャージを狙うだろう。ニック(ナイエンス)とニキ(セレンセン)は山岳から平坦までこなすことができ、逃げも得意とする選手だ」とはリース氏の談。

平坦ステージではアルゼンチン出身のスプリンター、"JJアエド"ことファンホセ・アエドがゴールラインを狙う。ミカエル・モルコフ、アナス・ルンド(ともにデンマーク)、ジョナサン・キャントウェル(オーストラリア)らスピードマンがゴール前でトレインを組んでくるだろう。

チームに所属する宮澤崇史は最終段階までツールメンバーに名を残していたが、惜しくも落選という結果になった。

つらい発表を受けとめた宮澤はTwitterで次のように気持ちを表した。「今年はツールの為に走って来たシーズンでしたが、残る事が出来ませんでした。 私はそれでも諦めずに精進して行きたいと思います。皆さんの応援引き続きよろしくお願い致します」。

これで日本人選手でツール・ド・フランス出場の可能性が唯一残るのは新城幸也(ユーロップカー)のみとなった。新城の所属するユーロップカーはフランス選手権後の25日にツールメンバーを正式発表するとしている。

サクソバンク 2012ツール・ド・フランス出場メンバーサクソバンク 2012ツール・ド・フランス出場メンバー (c)Tim De Waele/Team Saxo Bank

チームサクソバンク ツール・ド・フランス2012出場メンバー
フアンホセ・アエド(アルゼンチン)
ジョナサン・キャントウェル(オーストラリア)
ニック・ナイエンス(ベルギー)
クリスアンケル・セレンセン(デンマーク)
ニキ・セレンセン(デンマーク)
ミカエル・モルコフ(デンマーク)
アナス・ルンド(デンマーク)
カルステン・クローン(オランダ)
セルジオ・パウリーニョ(ポルトガル)


text:So.Isobe
photo:Kei.Tsuji,Tim De Waele/Team Saxo Bank
Amazon.co.jp 
カテゴリー: Book
メーカー: ベースボール・マガジン社
参考価格: ¥ 1,500
カテゴリー: Book
メーカー: ベースボール・マガジン社
参考価格: ¥ 1,500
カテゴリー: Book
メーカー: ベースボール・マガジン社
参考価格: ¥ 1,500