5月27日に開催されたセルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km。史上最速タイムを記録した池田祐樹の優勝バイクほか、表彰台を獲得したライダー達のバイクを紹介しよう。

100kmという国内では類を見ない長距離系レース、そして鋭く尖った石が転がる林道を長時間走るため、通常のXCレースとは異なるタイヤチョイスや装備が盛り込まれるのがSDA王滝のバイクの特徴といえるだろう。上位3名のバイクにも過酷な王滝の道を走りぬくための工夫が凝らされている。

1位 池田祐樹(TOPEAK・ERGON)
CANYON グランドキャニオン CF

池田祐樹(TOPEAK・ERGON)のCANYON グランドキャニオン CF池田祐樹(TOPEAK・ERGON)のCANYON グランドキャニオン CF photo:So.Isobe
優勝した池田祐樹(TOPEAK・ERGON)が乗るのはキャニオンの26インチのハードテイルカーボンバイクであるGRANDCANYON CF。プロMTBチームのTOPEAK・ERGONがチームで採用するモデルだ。コンポーネントはSRAM、ホイールはDTスイスの1250。タイヤは自身が長距離レースで常用する、軽量かつ耐パンク性の高いコンチネンタル・RaceKing2.2ProTectionに、スタンズチューブレスキットを導入している。

リッチー製パーツで固められるハンドル周りリッチー製パーツで固められるハンドル周り photo:So.Isobephoto:So.Isobeブレーキはマグラブレーキはマグラ photo:So.Isobe


コンチネンタル・RaceKing2.2ProTectionにスタンズのチューブレスキットを導入コンチネンタル・RaceKing2.2ProTectionにスタンズのチューブレスキットを導入 photo:So.IsobeAirBooster Race Podでタイヤレバーやボンベを携行AirBooster Race Podでタイヤレバーやボンベを携行 photo:So.Isobe


サスペンションはロックショックス SID XX WORLDCUPで、ステム・ハンドル・シートポストなどはリッチーで固める。パンクが頻発するレースのため、トピークのAirBooster Race Podでタイヤレバーやボンベを携行する。ペダルはクランクブラザーズのEggbeaterだ。


2位 山中真(GT/One on One)
GT シャイザン

山中真(GT/One on One)のGT シャイザン山中真(GT/One on One)のGT シャイザン photo:So.Isobe
GTからサポートを受ける山中真(GT/One on One)は、26インチのチタン製ハードテイルマシン シャイザンを駆る。組み合わせるコンポーネントはシマノ・XTR、ホイールは重量1380gを誇るクランクブラザーズのCOBALT11。ハンドル・ステム、ペダルも同ブランドでまとめ、タイヤはマキシスのCROSSMARKだ。ボトルゲージは樹脂製のものに交換したとのこと。

独特のトリプルトライアングルを採用したチタンフレーム独特のトリプルトライアングルを採用したチタンフレーム photo:So.Isobeコンポーネントはシマノ・XTRコンポーネントはシマノ・XTR photo:So.Isobe


マキシスのCROSSMARKを使用するマキシスのCROSSMARKを使用する photo:So.Isobe王滝仕様としてボトルゲージは樹脂製のものに交換王滝仕様としてボトルゲージは樹脂製のものに交換 photo:So.Isobe



3位 國井敏夫(Mile Post Racing)
BMC teamelite TE29

國井敏夫(Mile Post Racing)のBMC teamelite TE29國井敏夫(Mile Post Racing)のBMC teamelite TE29 photo:So.Isobe
BMCのサポートライダーである國井敏夫(Mile Post Racing)が駆るのは29erのアルミハードテイルバイクteamelite TE29。メインコンポーネントはシマノ・XTRだが、リアディレイラーはSRAMだ。ワイヤー類は上引きに変更することで泥や砂から守っている。ボトルはダブルボトル仕様とし、Fディレイラーやチェーンステーにチューブをカットしたものをガードとして使用している。ハンドルにはマップを装備する。

ワイヤーは上引きへ変更しているワイヤーは上引きへ変更している photo:So.Isobeマップをハンドルに装備するマップをハンドルに装備する photo:So.Isobe


コンポーネントはシマノとSRAMのミックスだコンポーネントはシマノとSRAMのミックスだ photo:So.IsobeFディレーラーを自作ガードで保護Fディレーラーを自作ガードで保護 photo:So.Isobe



text&photo:So.Isobe

最新ニュース(全ジャンル)

ジョシュア・ラドマンが山本哲央を下してステージ優勝 寺田吉騎がポイント賞獲得 Satoru Kato 2024/05/22(水) - 18:38
ツアー・オブ・ジャパン2024 第4ステージ 美濃
キャノンデール Trail Neo 4 街乗りやトレイルでライダーを支えてくれる電動アシストMTB Gakuto Fujiwara 2024/05/22(水) - 15:14
新製品情報2024
ポガチャル「予想外の勝利」トーマス「這うように頂上を目指した」 Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 13:36
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ選手コメント
スコットが山梨県のふじてんリゾートでMTB試乗会を6月1~2日まで開催 Michinari Takagi 2024/05/22(水) - 10:58
SPARK RC TEAMやGENIUS 930を試せる機会
雨でコース短縮の山頂フィニッシュ ポガチャルが逃げ捉え、圧巻の区間5勝目をマーク Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 08:18
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ
ジョバンニ・カルボーニがステージ優勝でJCLチーム右京2勝目 中井唯晶が山岳賞維持 Satoru Kato 2024/05/21(火) - 20:14
ツアー・オブ・ジャパン2024 第2ステージ いなべ