珍しくカテゴリー山岳が一つもない188kmの旅路。意気揚々と勝負に挑むはずだったスプリンターの目論みを、ラスト300mのロータリーが打ち砕いた。グランツールでコースミス。ヨーロッパ人としては当然のロータリー右側通行は、実は競技車両用のエスケープルートだった。

スタート地点にあるラ・オルメダ古代ローマ別荘遺跡博物館スタート地点にあるラ・オルメダ古代ローマ別荘遺跡博物館 photo:Kei Tsujiなんとも辺鄙な場所にスタート地点を作ったもんだ。行っても行っても同じような風景が広がるカスティーリャ・イ・レオンの平野に、ポツンとスタート地点が置かれた。

場所の名前はラ・オルメダ。ここにはモザイク床が有名な古代ローマ別荘遺跡博物館があり、発掘された遺跡を覆うように、真新しい建物が建っている。その真ん前にスタート地点が置かれた。

AS紙の土井雪広(スキル・シマノ)特集記事AS紙の土井雪広(スキル・シマノ)特集記事 photo:Kei Tsuji会場で配られているオフィシャル新聞「AS紙」をめくっていると、土井雪広(スキル・シマノ)の記事を発見。見出しは「Me gusta el jamon y los espanoles, que son muy simpaticos(親しみやすいスペイン人たちとハムが好き)」。

新聞記事の影響もあってか、チームバスから出走サイン台までの移動の間、土井雪広にはひっきりなしにサインを求めて観客がやってくる。ちなみに山形出身なのに紙面では「27歳・大阪出身」になっている。きっとチーム公式サイトの間違いが原因だろう。

来季チームに移籍するジョン・デゲンコルブ(ドイツ、HTC・ハイロード)のバイクを細かく計測するスキル・シマノのメカニック来季チームに移籍するジョン・デゲンコルブ(ドイツ、HTC・ハイロード)のバイクを細かく計測するスキル・シマノのメカニック photo:Kei Tsuji次のページを見ると、今度はトム・フィーラース(オランダ、スキル・シマノ)の特集。フィーラースは現在総合順位が最下位で、トップから4時間11分48秒遅れている。これは記録的な遅れで、2003年にホセ・マエストレ(スペイン)が記録した4時間26分12秒遅れを更新しそうだと言う。それだけで今年のコースの厳しさが伺い知れる。

この日、会場の話題を集めていたのは、やはりレオパード・トレックとレディオシャックの合併だ。

序盤から逃げたジュリアン・フシャール(フランス、コフィディス)ら3名序盤から逃げたジュリアン・フシャール(フランス、コフィディス)ら3名 photo:Kei Tsujiレオパード・トレックのプレス担当ティム・ファンデルユードは「チームの広報は大変な状態。これからもっと大変になる。レオパードの名前が実質的に1年で無くなるのは残念だけど、強いチームになるのは間違いない。これで良かったんだと思う。9月15日にはチームの編成を発表できるよ。僕の進退?僕はまだ来年どうなるか分からない」と言う。「合併」というより、苦痛を伴う「仕方の無い再編成」という印象だ。

移籍話としてはもう一つ、来シーズン移籍するジョン・デゲンコルブ(ドイツ、HTC・ハイロード)のバイク(ロード&TT)を、スキル・シマノのメカニックが綿密にポジション計測していた。サドルの水平具合からハンドルの形状まで、チェック項目は実に細かい。こうすることでチームは加入選手をスムーズに迎え入れる。

この日のコースは、カスティーリャ・イ・レオン地方の平野を真東に突っ切り、ラ・リオハ地方のアーロにゴールする。アーロはバスク地方と目と鼻の先。川を隔てた向こう側がもうバスクだ。

「平野」と言いながらも実際は緩いアップダウンの連続。今大会逃げまくっているアンダルシア・カハグラナダとコフィディスは、まるで義務のように逃げを打つ。この2チームが逃げていない日は無いんじゃないかと思うほど、とにかく逃げる。
晴れ渡るカスティーリャ・イ・レオンの広大な平野晴れ渡るカスティーリャ・イ・レオンの広大な平野 photo:Kei Tsuji
集団前方で走るマイヨロホのファンホセ・コーボ(スペイン、ジェオックス・TMC)集団前方で走るマイヨロホのファンホセ・コーボ(スペイン、ジェオックス・TMC) photo:Kei Tsujiこの逃げを潰そうと、スピードを上げたメイン集団で落車が発生する。最大の被害者はポイント賞ジャージを着るホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)。

チームメイトにサポートされ、11分遅れでゴールしたロドリゲスは、そのまま病院に直行した(ジャージはオラクが代理で受け取った)。肩と腕の骨折が疑われたが、X線検査の結果、骨折は無し。

何度も何度もガッツポーズするフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード)何度も何度もガッツポーズするフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード) photo:Kei Tsujiしかしこの日の遅れにより、総合を狙えない24位までダウンした。翌日はペーニャ・カバルガの頂上ゴール。昨年大会でロドリゲスがステージ優勝を飾った相性の良いステージだが、ゴール時の様子を見る限り、2年連続ペーニャ・カバルガ制覇は難しそうだ。

レース終盤、スキル・シマノはフィーラースを勝たせるために集団前方に位置。「大きな逃げができれば乗るけど、今日はスプリンターのステージ。3〜4人の逃げだとそのまま見送る」と語っていた土井雪広が、集団前方でスプリンターのポジションを守る。追い風で下り基調のため、集団の巡航スピードは常に60km/h前後。土井雪広は「終盤はかなり速かった」と振り返る。「でも脚は回った」。

フアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード)のポディウム用シューズフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード)のポディウム用シューズ photo:Kei Tsujiロード世界選手権に照準を合わすため、この日限りでブエルタ離脱を発表しているファビアン・カンチェラーラ(スイス、レオパード・トレック)が、スプリンターのために集団をグイグイ牽く。レオパード・トレックはカンチェラーラ、ヴィガノ、ワグナー、そしてダニエーレ・ベンナーティ(イタリア)というトレインで主導権を奪う。

しかしラスト300mのロータリーで、ワグナーが本来のコースである左回りではなく、右回りへ突進してしまった。確かにヨーロッパ人としては右側通行が通常。ロータリー入り口にある左向きの矢印を見逃してしまった。

シャンパンを空に向かって放つフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード)シャンパンを空に向かって放つフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード) photo:Kei Tsujiこのミスコースによってベンナーティやペーター・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)が失速し、その後ろにつけていたフアンホセ・アエド(アルゼンチン、サクソバンク・サンガード)が飛び出す。大集団のスプリントを予想していたのに、結果はアエドの独走勝利だった。アエドはこれがグランツール初優勝。アルゼンチン出身選手としても初の快挙である。

マイヨロホのファンホセ・コーボ(スペイン、ジェオックス・TMC)は2秒遅れ。コースミスで集団が割れた影響で、クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)は4秒遅れ、ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、チームスカイ)は7秒遅れでゴールした。フルームはラスト10km地点のスプリントポイントを3番手で通過(ボーナスタイム2秒)したが、後にその記録はキャンセルされている。つまりコーボはこの平坦ステージで僅かにリードを広げた。

翌日のペーニャ・カバルガは今大会最後の頂上ゴールだ。最大勾配が19%に達するこの短い登りは、どちらかと言えばコーボ向き。チームスカイは「2人」という数の利を活かして攻撃してくるだろう。
スプリンターのポジションキープのためにラスト10kmまで集団前方に位置した土井雪広(スキル・シマノ)スプリンターのポジションキープのためにラスト10kmまで集団前方に位置した土井雪広(スキル・シマノ) photo:Kei Tsuji誰にも渡さない誰にも渡さない photo:Kei Tsujiマイヨロホの授与に登場したミゲル・インドゥラインマイヨロホの授与に登場したミゲル・インドゥライン photo:Kei Tsuji


text&photo:Kei Tsuji in Logrono
Amazon.co.jp 
の画像 ことりっぷ 海外版 スペイン (旅行ガイド)
カテゴリー: Book
出版社: 昭文社
の画像 スペイン点描 (新風舎文庫)
カテゴリー: Book
著者: 井上 泰山
出版社: 新風舎
の画像 旅するバルセロナ 光と影の国スペイン、極上の旅案内
カテゴリー: Book
著者: 秦 真紀子
出版社: 翔泳社
最安価格: ¥ 1,944
アマゾン価格: ¥ 1,944