「チームレディオシャック」と「レオパード・トレック」が来シーズン合併することになったと、ガゼッタ・デッロ・スポルト紙が報じた。両チームとも、この件に関して未だ正式なコメントは出していない。

チーム・レディオシャックチーム・レディオシャック (c)Makoto.AYANOレオパード・トレック 手を振るファビアン・カンチェラーラレオパード・トレック 手を振るファビアン・カンチェラーラ (c)Makoto.AYANO

「この報道を受けて、数日間は色々と騒がれるだろう。でもこれはあくまで噂に過ぎず、コメントするまでもない。」とレオパード・トレックの広報担当ティム・ヴァンダーユングドは言う。

レオパード・トレックのブライアン・ニガードGMレオパード・トレックのブライアン・ニガードGM (c)Makoto.AYANOイタリアのスポーツ紙ガゼッタ・デッロ・スポルトは今日、「レオパードトレックのパトロンであるルクセンブルク人、フラビオ・ベッカ氏が、チームのスター選手アンディ・シュレックを勝利へと導く良き人物を欲しがっている」と報じた。

この報道によると、今シーズン、レオパード・トレックのゼネラルマネージャーを務めたブライアン・ニガードが、来シーズンからオーストラリアの新生チーム「グリーンエッジ」の広報に就任する為、チームを離れることになったようだ。
ニガードはレオパード・トレックに参加する前、数年間「サクソバンク」で、そして半年間「チームスカイ」で広報として活動していた。

ベッカ氏がニガードにコンタクトを取った時、彼は既に「グリーンエッジ」への移籍を決意していたようである。

レディオシャックのヨハン・ブリュイネール監督レディオシャックのヨハン・ブリュイネール監督 (c)Makoto.AYANOベッカ氏は次なる手段として、ベルギー人、ヨハン・ブリュイネールを次期監督として迎えようとしているのではないか、と囁かれている。
御存知の通りブリュイネールは現在レディオシャックのゼネラルマネージャーだ。1999年~2005年のランス・アームストロングの7連覇、そして2007年と2009年のアルベルト・コンタドールと、9度のツール・ド・フランスで優勝へと導いた名将だ。

アンディ・シュレックはコンタドールの前に2度敗れ、そして今年はエヴァンスの前にまたしても力尽きた。

ブリュイネールとベッカ氏は、両チームのバイクスポンサー「トレック」と通じていて、既にコネクションを持っている。

噂によると、新しいチームの名称は「レディオシャック・トレック」となり、多くのレディオシャックの選手達が合流するらしい。
レディオシャックは、つい先日2012年~2013年までのスポンサーシップ契約を新たに更新したばかりだ。

ベッカはその豊富な資金力をバックに、2014年までの4年間、レオパード・トレックとギャランティ契約を結んでいる。
更にレオパードトレックのバックには「エノフォス」(ルクセンブルク最大のエネルギー会社・チームのベースとなっている)、「クラフト」(スウェーデンのスポーツウェア会社)、そして「メルセデス・ベンツ」(ドイツ車メーカーのルクセンブルク支社)がスポンサーとしてついている。

チーム合併の話は単なる噂なのか、それとも現実味があるのか? 先行きを見守りたい。


text:Gregor.Brown
tlanslation:Chiaki.Iwamoto
Amazon.co.jp