マイヨロホと共に、ブエルタ・ア・エスパーニャを盛り上げるのが3賞ジャージの争い。ポイント賞候補のピーダスンやSベネット、ヤングライダー賞候補のエヴェネプール、19歳アユソなど各賞の有力選手たちを紹介します。



マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)

昨年マイヨプントスを獲得したファビオ・ヤコブセン(オランダ、当時ドゥクーニンク・クイックステップ)昨年マイヨプントスを獲得したファビオ・ヤコブセン(オランダ、当時ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
プントスはスペイン語でポイントの意味。各ステージ上位15名と中間スプリントポイント上位3名に与えられる、主にスプリンターを対象としたジャージだ。例年は平坦ステージでも山岳ステージでも一律にポイントが与えられてきたため、総合優勝者や総合上位陣が獲得することが続きたこの賞。しかし2021年よりポイント配分が変更されたため、スプリンターがランキング上位に顔を揃えるはずだ。

平坦ステージは6、そして平坦だが登りフィニッシュが2ステージ用意されている今大会。また多くの中間スプリントがレース中盤のカテゴリー山岳直後にあることから、ある程度の登坂力を有している選手が有利となりそうだ。

有力候補の筆頭は元世界王者のマッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)。今年のツール・ド・フランスで区間1勝を挙げたピーダスンは確実に上位フィニッシュできるスプリント力はもちろん、登坂にも優れる万能型。そしてスピードでは劣るものの、自由を与えられればイーサン・ヘイター(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)も登りスプリントでは強さを発揮する。

ブエルタ初出場となるマッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)ブエルタ初出場となるマッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード) photo:Makoto AYANO
古巣復帰後、いまだ1勝といま一つ調子が上がらないサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)古巣復帰後、いまだ1勝といま一つ調子が上がらないサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos来季クイックステップへの移籍が決まっているティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)来季クイックステップへの移籍が決まっているティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos

単純なスピード勝負では2020年マイヨヴェールを獲得したサム・ベネット(アイルランド)とダニー・ファンポッペル(オランダ)を揃えるボーラ・ハンスグローエに敵はいないように思える。そこにパスカル・アッカーマン(ドイツ、UAEチームエミレーツ)やティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・ドゥクーニンク)、カーデン・グローブス(オーストラリア、バイクエクスチェンジ・ジェイコ)が対抗する。

他にもブライアン・コカール(フランス、コフィディス)や母国で開幕を迎えるマイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)など実績あるスプリンターに加え、若手のヘルベン・タイッセン(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)にも注目したい。



マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)

白地に青水玉のマイヨモンターニャを獲得したマイケル・ストーラー(オーストラリア、当時チームDSM)白地に青水玉のマイヨモンターニャを獲得したマイケル・ストーラー(オーストラリア、当時チームDSM) photo:Unipublic
総合争いが大きく影響するため予想しづらい山岳賞争い。チームで比較的自由を与えられるクライマーや、総合で大きくタイムを失ったオールラウンダーなどによって争われる可能性が高い賞だ。

昨年は積極的に逃げ、区間2勝を挙げたマイケル・ストーラー(オーストラリア、当時チームDSM)が受賞。そこからストーラーはグルパマ・エフデジへ移籍して自身初のツール出場を勝ち取った。厳しい山岳での勝利を狙うべく強豪クライマーが集結していることから、青水玉ジャージをかけた熱い戦いが見られるだろうか。



マイヨブランコ(ヤングライダー賞ジャージ)

昨年は長きに渡りエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が着用した昨年は長きに渡りエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が着用した photo:CorVos
2019年にコンビナーダ賞(複合賞)からヤングライダー賞(新人賞)に変わったマイヨブランコ。いわば将来のマイヨロホ候補が着用するこのジャージの対象となるのは、1997年1月1日以降に誕生した58名の選手たち。

総合上位の選手が則ち白色ジャージ候補者のため、セルヒオ・イギータ(コロンビア、ボーラ・ハンスグローエ)やレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)は確実に絡んでくるだろう。またUAEチームエミレーツからはジョアン・アルメイダ(ポルトガル)とブランドン・マクナルティ(アメリカ)の2人、そして昨年マイヨブランコを獲得したジーノ・メーダー(スイス)はもちろん、昨年大会で区間1勝を挙げたクレマン・シャンプッサン(フランス、AG2Rシトロエン)にも期待がかかる。

そして先日チームと2028年までの長期契約を結んだ19歳フアン・アユソ(スペイン、UAEチームエミレーツ)が満を持してグランツールデビューを果たす。今大会最年少のアユソは7月31日のシルクイト・デ・ゲチョ(UCI.1.1)でプロ初勝利を挙げ、その勢いのまま母国スペインで躍動することができるだろうか。

text:Sotaro.Arakawa
Amazon.co.jp 
の画像 ELITE(エリート) FLY ボトル 550ml(2020) グリーン 01604302 グリーン ボトル
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥1,045
最安価格: ¥880
アマゾン価格: ¥1,045
の画像 ELITE(エリート) FLY ボトル 550ml(2020) ブルー 01604305 ブルー ボトル
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥759
最安価格: ¥641
アマゾン価格: ¥759
の画像 ELITE(エリート) FLY ボトル 550ml(2020) ホワイト 01604309 ホワイト ボトル
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥1,045
最安価格: ¥730
アマゾン価格: ¥1,045