香川県高松市で開催されているインターハイ2日目は団体種目の決勝が行われた。チームスプリントでは、静岡北高校が予選トップの平工業高校を破って優勝。4kmチームパーシュートでは、北桑田高校が大会記録に迫る4分19秒台をマークして2連覇を達成した。



高松競輪場の400mバンクを一望できる2階観覧席からの眺め高松競輪場の400mバンクを一望できる2階観覧席からの眺め photo:Satoru Kato
高松競輪場で開催されているインターハイ自転車競技。2日目はチームスプリントと4kmチームパーシュートで決勝が行われたほか、男子3km個人パーシュートと女子2km個人パーシュートの予選、男子スプリントと男女ケイリンの1/2決勝(=準決勝)などが行われた。



チームスプリント 静岡北高校が優勝

男子チームスプリント 1走が離れて2走が加速していく静岡北高校男子チームスプリント 1走が離れて2走が加速していく静岡北高校 photo:Satoru Kato
男子チームスプリント2位 平工業高校(高木、山崎、大井川)男子チームスプリント2位 平工業高校(高木、山崎、大井川) photo:Satoru Kato
静岡北高校と平工業高校の対戦となったチームスプリント決勝は、静岡北高校が予選タイムを上回る1分16秒台を出して優勝。3位決定戦では高松工芸高校が祐誠高校を破り、地元校が表彰台に乗った。

男子チームスプリント 表彰式男子チームスプリント 表彰式 photo:Satoru Kato男子チームスプリント 優勝した静岡北高校のメンバー男子チームスプリント 優勝した静岡北高校のメンバー photo:Satoru Kato

静岡北高校チームスプリントメンバー 岩辺陸コメント
「昨日の予選でこのバンクの感覚を掴めたので、決勝はタイムが上がるかなと考えていた。このタイムは練習も含めて初めて出せたベストタイム。決勝に向けてみんなで頑張ろうと、挑戦するつもりで挑んだ。インターハイに合わせてきた結果が出せて嬉しい」



4kmチームパーシュート 北桑田高校が連覇

男子4kmチームパーシュート優勝 北桑田高校(西村、細谷、三宅、長島):4分19秒985男子4kmチームパーシュート優勝 北桑田高校(西村、細谷、三宅、長島):4分19秒985 photo:Satoru Kato
男子4kmチームパーシュート2位 九州学院高校(福永、徳永、並江、船津)男子4kmチームパーシュート2位 九州学院高校(福永、徳永、並江、船津) photo:Satoru Kato
4kmチームパーシュート決勝は、昨年に続き北桑田高校と九州学院高校の対戦。序盤からハイペースで入った北桑田は終盤までペースを維持し、大会記録に0.1秒差まで迫る4分19秒985を出して圧倒。この種目でのインターハイ連覇を決めた。

崇德高校と松山学院高校の対戦となった3位決定戦は、終盤に隊列が乱れたものの立て直した崇德高校が先着した。

男子4kmチームパーシュート 表彰式男子4kmチームパーシュート 表彰式 photo:Satoru Kato男子4kmチームパーシュート 優勝した北桑田高校のメンバー男子4kmチームパーシュート 優勝した北桑田高校のメンバー photo:Satoru Kato

北桑田高校チームパーシュートメンバー 三宅太生コメント
「予選より決勝のタイムが上がることはあまりないので、自分達でも驚いている。予選の22秒台も自分達のベストタイムだったが、2日連続で更新して自分達の高校の記録にも残るタイムを出せた。これまで20秒を切ることは無かったが、目標としていたので嬉しい。最初から早いペースで4人でゴールすることをチームの目標としていた。今回は最後3人になってしまったが、4人でしっかり走った結果だと思う」
男子チームスプリント 結果(400m×3)
決勝
1位静岡北高校(熊谷、岩辺、吉田)1分16秒705
2位平工業高校(高木、山崎、大井川)1分17秒294
3位決定戦
3位高松工芸高校(香西、川元、釜野)1分18秒350
4位祐誠高校(宮川、志波、倉持)1分18秒970
男子4kmチーム・パーシュート 結果
決勝
1位北桑田高校(西村、細谷、三宅、長島)4分19秒985
2位九州学院高校(福永、徳永、並江、船津)4分22秒652
3位決定戦
3位崇德高校(大室、森田、塩出、廣田)4分33秒374
4位松山学院高校(阿部英斗、阿部源、鎌田、木綿)4分35秒418


個人パーシュート予選 女子2kmで大会記録更新

女子2km個人パーシュート 大会新記録で予選トップとなった池田瑞紀(祐誠高校)2分24秒113女子2km個人パーシュート 大会新記録で予選トップとなった池田瑞紀(祐誠高校)2分24秒113 photo:Satoru Kato
女子2km個人パーシュート予選2位 垣田真穂(松山学院高校)2分26秒406女子2km個人パーシュート予選2位 垣田真穂(松山学院高校)2分26秒406 photo:Satoru Kato
女子の2km個人パーシュート予選は、昨年のインターハイで大会新記録を出した垣田真穂(松山学院高校)が、自らの記録を0.4秒更新する2分26秒406を出す一方、今年6月のアジア大会でジュニア記録を出した池田瑞紀(祐誠高校)が2分24秒台の大会新記録を出して予選1位となった。

男子3km個人パーシュート予選1位 梅澤幹太(松山工業高校)3分22秒230男子3km個人パーシュート予選1位 梅澤幹太(松山工業高校)3分22秒230 photo:Satoru Kato
男子3km個人パーシュート予選2位 並江有作(九州学院高校)3分27秒423男子3km個人パーシュート予選2位 並江有作(九州学院高校)3分27秒423 photo:Satoru Kato
男子3km個人パーシュートは、3分22秒台をマークした梅澤幹太(松山工業高校)が予選トップ。2位の並江有作(九州学院高校)に約5秒差をつけた。
女子2km個人パーシュート予選 結果
1位池田瑞紀(祐誠高校)2分24秒113(大会新)
2位垣田真穂(松山学院高校)2分26秒406(大会新)
3位岡本美咲(北桑田高校)2分30秒171
4位水谷彩奈(松山学院高校)2分30秒383
5位石上琴乃(松山学院高校)2分32秒692
6位石田明梨(北桑田高校)2分37秒326
男子3km個人パーシュート予選 結果
1位梅澤幹太(松山工業高校)3分22秒230
2位並江有作(九州学院高校)3分27秒423
3位池田充槻(六郷高校)3分28秒454
4位鎌田晃輝(松山学院高校)3分28秒637
5位篠島瑠樹(福井科技高校)3分30秒738
6位菅原陽斗(東北高校)3分30秒868


スプリント1/2決勝・ケイリン1/2決勝

スプリント1/2決勝 阿部英斗(松山学院高校)が決勝進出スプリント1/2決勝 阿部英斗(松山学院高校)が決勝進出 photo:Satoru Katoスプリント1/2決勝 高木海安(平工業高校)が決勝進出スプリント1/2決勝 高木海安(平工業高校)が決勝進出 photo:Satoru Kato

スプリントは1/2決勝までが行われ、予選1位の阿部英斗(松山学院高校)と、同2位の高木海安(平工業高校)が勝ち進み、明日の決勝で対戦する。

男子ケイリン1/2決勝 岩井芯(岐阜第一高校)が1着男子ケイリン1/2決勝 岩井芯(岐阜第一高校)が1着 photo:Satoru Kato男子ケイリン1/2決勝 浅野涼太(作新学院高校)が1着男子ケイリン1/2決勝 浅野涼太(作新学院高校)が1着 photo:Satoru Kato

女子ケイリン1/2決勝 中島瞳(川越工業高校)が1着女子ケイリン1/2決勝 中島瞳(川越工業高校)が1着 photo:Satoru Kato女子ケイリン1/2決勝 渡邊あかり(千原台高校)が1着女子ケイリン1/2決勝 渡邊あかり(千原台高校)が1着 photo:Satoru Kato

ケイリンは男女共に1/2決勝が行われた。

男子は、浅野涼太(作新学院)、山本蒼良(北桑田高校)、岩井芯(岐阜第一高校)ら、選抜大会の上位勢が決勝進出。女子は選抜大会優勝の渡邊あかり(千原台高校)、同3位の中島瞳(川越工業高校)らが決勝進出を決める一方で、選抜大会2位の伊藤優里(朝明高校)は7-12位決定戦に回ることになった。

明日のインターハイ3日目は残る8種目の決勝が行われ、男子はトラック競技の総合優勝校が決まる。


text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 讃岐うどんの老舗こんぴらや 本場さぬきうどん お徳用セット 半生うどん 並麺 讃岐麺維新 (240g×4袋 つゆ付)
カテゴリー: Grocery
メーカー: 讃岐うどんの老舗こんぴらや
参考価格: ¥2,160 (¥2,160 / 個)
最安価格: ¥2,160 (¥2,160 / 個)
アマゾン価格: ¥2,160 (¥2,160 / 個)
の画像 讃岐物産 うどん県のうどん 300g×5袋
カテゴリー: Grocery
メーカー: 讃岐物産
参考価格: ¥1,136 (¥227 / 袋)
最安価格: ¥1,136 (¥227 / 袋)
アマゾン価格: ¥1,136 (¥227 / 袋)