6月22日までの5日間、インド・ニューデリーで開催されたトラックアジア選手権で日本がメダルラッシュ。長短含め様々な種目でアジア王者に輝いた。



総勢20名でアジア選手権に参加した日本チーム総勢20名でアジア選手権に参加した日本チーム photo:JCF
6月18日(土)から6月22日(水)までの5日間、インド・ニューデリーを舞台に開催されたトラックアジア選手権に参加した日本チームのメンバーは、短中長距離種目合わせて20名。東京オリンピックを経て若返りを果たした日本ナショナルチームにとって、世界で戦う上での立ち位置を確認する機会となった。

男子チームパシュートで勝利した日本チーム(松田祥位、窪木一茂、今村駿介、兒島直樹)男子チームパシュートで勝利した日本チーム(松田祥位、窪木一茂、今村駿介、兒島直樹) photo:JCF
男子チームスプリントで勝利した日本(小原佑太、太田海也、長迫吉拓)男子チームスプリントで勝利した日本(小原佑太、太田海也、長迫吉拓) photo:JCF男子ケイリンで寺崎浩平が勝利男子ケイリンで寺崎浩平が勝利 photo:JCF

男子個人パシュートで優勝した松田祥位男子個人パシュートで優勝した松田祥位 photo:JCF
日本チームは初日の男子エリートチームパーシュート(2大会連続)を皮切りに金メダルを量産。女子チームスプリントでは韓国に敗れ2位止まりだったものの、男子チームスプリントではマレーシアを破り優勝(3大会連続)するなど、出場した3種目で金メダル2、銀メダル1と上々の滑り出し。続く2日目も男子ケイリンで寺崎浩平が、男子個人パシュートでエリート初出場の松田祥位が共にアジア王者となり、女子個人パシュートで古山稀絵は銀メダルを獲得した。

3日目は1kmタイムトライアルで1分01秒118を叩き出した小原佑太が初日の男子チームスプリントに続く2冠。4種目の合計ポイントで争われるオムニアムでは女子レースで内野艶和が、男子レースでは今村駿介が共に優勝。4日目は女子スプリント決勝戦で太田りゆと小林優香が戦い太田が勝利(日本は同種目で初の金メダル)。続く男子ポイントレースでは兒島直樹がヨウセフ・ミルサ(UAE)らを相手に銀メダル、女子ポイントレースでは元ジュニア世界王者の内野艶和が実力を遺憾無く発揮し2冠を達成している。

男子1kmTTで優勝した小原佑太男子1kmTTで優勝した小原佑太 photo:JCF
オムニアムとポイントレース、マディソン(+古山稀絵)の3種目で勝利した内野艶和オムニアムとポイントレース、マディソン(+古山稀絵)の3種目で勝利した内野艶和 photo:JCF
女子スプリントは太田りゆと小林優香が金銀。日本史上初の同種目金メダルに女子スプリントは太田りゆと小林優香が金銀。日本史上初の同種目金メダルに photo:JCF
最終日は4種目のアジアチャンピオンが決まった。男子スプリントでは山﨑賢人がアジア選手権初出場で金メダルを獲得し、女子ケイリンでは上り調子の佐藤水菜が勝利。男子マディソンでは今村駿介・窪木一茂が、女子マディソンでも内野艶和・古山稀絵が勝利し、男子スクラッチでは橋本英也がさらに金、女子スクラッチの古山稀絵は銀メダルを得ている。

昨年大会で日本は金6枚を含む合計12枚のメダルを獲得していたが、今大会ではエリートカテゴリーのみで金メダル14、銀メダル4、銅メダル1と躍進。他にも女子ジュニアオムニアムと同ポイントレースで垣田真穂が優勝。同個人パーシュートでは池田瑞紀が優勝。各アジアチャンピオンとなった選手は世界選手権出場の切符も同時に射止めている。

オムニアムの4種目全てを制して勝利した今村駿介オムニアムの4種目全てを制して勝利した今村駿介 photo:JCF
スクラッチ男子エリートで勝利した橋本英也スクラッチ男子エリートで勝利した橋本英也 photo:JCF
男子チームスプリント結果
1位日本(小原佑太、太田海也、長迫吉拓)43.769
2位マレーシア44.363
3位インド44.627
女子チームスプリント結果
1位韓国49.685
2位日本(太田りゆ、小林優香、佐藤水菜)49.973
3位インド50.438
男子チームパシュート結果
1位日本(松田祥位、窪木一茂、今村駿介、兒島直樹)追い抜き勝利
2位韓国
3位インド4:07.901
男子ケイリン結果
1位寺崎浩平(日本)
2位ムハマド・シャローム(マレーシア)
3位セルゲイ・ポノマリョフ(カザフスタン)
男子個人パシュート結果
1位松田祥位(日本)4:20.543
2位パク・サンフン(韓国)4:23.431
3位ヴィシュウェジェット・シン(インド)9:00.000
女子個人パシュート結果
1位イ・ジュミ(韓国)3:38.334
2位古山稀絵(日本)3:47.330
3位ヤニーナ・クスコバ(ウズベキスタン)3:46.282
男子1kmTT結果
1位小原佑太(日本)1:01.118
2位ムハンマド・ゾニス(マレーシア)1:01.639
3位ロナルド・レイトンジャム(インド)1:01.798
男子オムニアム結果
1位今村駿介(日本)152pts
2位アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)123pts
3位ムハンマド・ガンジャンロウ (イラン)120pts
女子オムニアム結果
1位内野艶和(日本) 139pts
2位アユスタティナ ディア・プリアティナ(インドネシア)123pts
3位リナタ・スルタノバ(カザフスタン)121pts
女子スプリント結果
1位太田りゆ(日本)
2位小林優香(日本)
3位チョ・ソニョン(韓国)
男子ポイントレース結果
1位ヨウセフ・ミルサ(UAE)69
2位キム・ユロ(韓国)61
3位兒島直樹(日本)60
女子ポイントレース結果
1位内野艶和(日本)63
2位カン・ヒョンギョン(韓国)43
3位ヤニーナ・クスコバ(ウズベキスタン)28
男子スプリント結果
1位山﨑賢人(日本)
2位ロナルド・レイトンジャム(インド)
3位アンドレイ・チュゲイ(カザフスタン)
女子ケイリン結果
1位佐藤水菜(日本)
2位パク・ジヘ(韓国)
3位アズリ・ムハンマド(マレーシア)
男子マディソン結果
1位日本(今村駿介、窪木一茂)79
2位韓国37
3位カザフスタン27
女子マディソン結果
1位日本(内野艶和、古山稀絵)43
2位韓国27
3位ウズベキスタン20
男子スクラッチ結果
1位橋本英也(日本)
2位テリー・クスマ(インド)
3位ムハンマド・ガンジャンロウ(イラン)
女子スクラッチ結果
1位キム・ユオリ(韓国)
2位古山稀絵(日本)
3位チェニカ・ゴゴイ (インド)
Amazon.co.jp 
の画像 KASK(カスク)PROTONE BLK S WG11 ・サイズ:50-56cm ヘルメット
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: KASK(カスク)
参考価格: ¥25,946
最安価格: ¥24,882
アマゾン価格: ¥25,946
の画像 オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット FLAIR(フレアー) カラー:G-1ホワイトグレー サイズ:L/XL(頭囲 59cm-61cm)
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
参考価格: ¥18,428
最安価格: ¥18,428
アマゾン価格: ¥18,428
の画像 オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット IZANAGI (イザナギ) カラー:G-1 ガンメタ サイズ:L (59-60cm)
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
参考価格: ¥28,204
最安価格: ¥28,204
アマゾン価格: ¥28,204