イネオス・グレナディアーズがビオレーサー製となった2022年用チームキットを発表。濃紺ベースに赤をグラデーションで加え、スピード感を押し出したデザインに生まれ変わった。



新チームキットに身を包んだフィリッポ・ガンナ(イタリア)新チームキットに身を包んだフィリッポ・ガンナ(イタリア) (c)INEOS Grenadiers
カステリからビオレーサーにサプライヤー変更となったイネオス・グレナディアーズのチームキット。濃紺に赤という配色自体は共通ながら、同チームで初採用となるグラデーションデザインを取り入れたことでイメージを一新している。

「How Fast Feelsフィロソフィー」を用い、「登りや下り、オフロード、そしてスプリントなど、どんな場面でも最速を感じる」キットのグラデーション部分にはアーガイル柄やイネオスのOロゴが散りばめられるなど凝ったデザイン。チーム創設以来引き継がれている背中のストライプも継続されている。

五輪金メダリストのリチャル・カラパス(エクアドル)五輪金メダリストのリチャル・カラパス(エクアドル) (c)INEOS Grenadiers
「How Fast Feelsフィロソフィー」を落とし込んだザイン「How Fast Feelsフィロソフィー」を落とし込んだザイン (c)INEOS Grenadiersアーガイル柄で表現されたグラデーションアーガイル柄で表現されたグラデーション (c)INEOS Grenadiers

チーム創設以来引き継がれるストライプは継続チーム創設以来引き継がれるストライプは継続 (c)INEOS Grenadiersパンツやソックスはネイビーブルーパンツやソックスはネイビーブルー (c)INEOS Grenadiers


新キット姿を披露したのは五輪金メダリストのリチャル・カラパス(エクアドル)や、フィリッポ・ガンナ(イタリア)、イーサン・ヘイターとトム・ピドコック(イギリス)。チームとビオレーサー初のコラボレーションとなる新チームキットはプレスリリースの中で「ビオレーサーの精神と、スピードの追求に対する彼らの献身とアプローチの縮図」と表現されている。

チーム内ではピドコックがシクロクロス参戦を予定しているため、新チームキットの実戦デビューは新年1月1日に開催されるX2Oバドカマートロフェーとなる見込みだ。

text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 バンダナ・お弁当チーフ・イギリス国旗柄・英国ユニオンジャック(綿100%・51×51cm)
カテゴリー: Toy
メーカー: トスパ東京製旗株式会社
参考価格: ¥300
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥300
の画像 ラス バタードフィッシュフィレ 1.08㎏(約80g×13本) フィッシュフライ(たら)【グルメ大陸】
カテゴリー: Grocery
メーカー: ラス・スーパーフライ株式会社
参考価格: ¥2,490 (¥2 / g)
最安価格: ¥2,490 (¥2 / g)
アマゾン価格: ¥2,490 (¥2 / g)
の画像 エイチ・アンド・アイ サーソン モルトビネガー 250ml
カテゴリー: Grocery
メーカー: 【輸入者】株式会社エイチ・アンド・アイ
参考価格: ¥826 (¥3 / ml)
最安価格: ¥230 (¥1 / ml)
アマゾン価格: ¥826 (¥3 / ml)