泥のパワーコースで繰り広げられたW杯第8戦。ルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)が女子レースを制し、エリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が激しい一騎打ちの末に勝利を飾った。



女子エリート:ブラントが独走、ロシェットがW杯欧州ラウンドで初表彰台

ベルギーで開催されたX2Oバドカマートロフェー第2戦から一夜明け、シクロクロスのトップ選手たちは東フランスはブザンソンへ。初登場のコースでUCIシクロクロスワールドカップ第8戦が開催された。

降車を強いる長い直登区間やキャンバーを組み合わせたパワーコースは雨に濡れた。「先が見えないような大きなのぼり下りがたくさんある。雨で泥なのでいくつかトリッキーなポイントがあり勝負の鍵になるかもしれない」とルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)が言うように、落車を頻発させるスリッピーなコースに選手たちが挑んだ。

安定感ある走りで独走するルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)安定感ある走りで独走するルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ) photo:CorVos
ブラントを追うデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)だが、その差は開くばかりブラントを追うデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)だが、その差は開くばかり photo:CorVos
前日の落車で手首を痛めたヤラ・カステリン(オランダ、IKOクレラン)がDNSとなった女子レースは、前日5位のアンナ・カイ(イギリス、スターカジノCXチーム)が落車するのを尻に母国フランス勢がホールショット。しかしすぐさま好調の波に乗るルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ) が先頭を奪い返した。

パワフルに登りをこなし、思い切りの良い走りで泥のキャンバーや下りを攻めるブラントはすぐさまリードを拡大。単独で追いかけたデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)との差は周回を重ねるごとに広がっていった。

勝ちパターンに持ち込んだブラントの後方で注目を集めたのは、カナダから渡欧し、前日8位に入ったマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバックスポーツ)だった。アメリカ大陸チャンピオンであるロシェットは2列目スタートから怒涛の追い上げを披露し、3周目には2番手ベッツィマを捉え、力強い走りで突き放す。最終周回突入時にはベッツィマから9秒のリードを奪い取った。

レースの大部分を独走したルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)レースの大部分を独走したルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ) photo:CorVos
W杯欧州ラウンドで初の表彰台を射止めたマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバックスポーツ)W杯欧州ラウンドで初の表彰台を射止めたマーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバックスポーツ) photo:CorVosUCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 女子表彰台UCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 女子表彰台 photo:CorVos


激しい表彰台争いを尻目に、安定した走りを保ちきったブラントは26秒リードのままフィニッシュラインへ。2日連続勝利で11月最後の週末を締めくくった。

「序盤でリードを稼ぐことができたので、その後も正しいラインを選んで走り確実に差を広げることに集中した」とブラントは振り返る。2位にはロシェットが入り、自身の目標としていたワールドカップ欧州ラウンドでの表彰台を初めて確保している。



男子エリート:アールツとの接戦をイゼルビットが制す

ツール・ド・フランスのステージ勝者であるハインリッヒ・ハウッスラー(オーストラリア、バーレーン・ヴィクトリアス)が出場した男子エリートレースでダッシュを決めたのは元U23世界チャンピオンのライアン・カンプ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)。しかしすぐ、前日勝者トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)が単独先頭に立った。

トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)とエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)とエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
その背後ではライバル関係を築くエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が追いかけ、抜きつ抜かれつの接近戦で先頭争いを繰り広げる。ワンミスが命取りになる高速泥コースで、2人のペースは3番手以降を大きく凌駕した。

日本でもお馴染みのフェリペ・オルツ(スペイン、ブルゴスBH)が10番手前後を、スティーブ・シェネル(フランス、クロスチームレジェンドル)が25番手前後を走行。長くランデブーを続けた先頭グループでは全6周回中の5周目にアールツがリードを奪い取ったものの、先行アールツは下りキャンバー折り返しコーナーの降車バランスを失い落車してしまう。すぐに再乗車し、逃げ体制に入ったイゼルビットとの差を詰めにかかったが、その最中のコーナーでイン側の杭に引っかかって再び差を広げてしまう。続くキャンバー区間でもミスを出したことで、両者の差は決定的なものとなった。

先頭グループを組むエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)とトーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)先頭グループを組むエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)とトーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ) photo:CorVos
単独3番手を走るピム・ロンハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)単独3番手を走るピム・ロンハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ) photo:CorVos手に汗握る攻防戦を制したエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)手に汗握る攻防戦を制したエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos


逃げるイゼルビットも直登区間で失速してずり落ちるミスを出したものの、勢いを失っていたアールツとの差は縮まらない。残る区間を踏み抜いた前欧州王者が僅差の勝負を逃げ切った。

「今日は調子が良かったけれど、多分トーンも同じだったと思う」とイゼルビットは言う。「彼がミスを出してからは自分のペースを貫かなければならないと思っていた。今日のようなコースだと、エキサイトしすぎるとミスってしまうんだ。なんとか逃げきれて良かった」と加えている。

UCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 男子表彰台UCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 男子表彰台 photo:CorVos
激しい先頭争いを繰り広げた2人の後ろでは、前U23世界王者で20歳のピム・ロンハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)がマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)を退け自身初のワールドカップエリートレースのポディウムを確保。調子を上げているベテラン、トム・メーウセン(ベルギー、CXチームデスシャフト・グループヘンス・マースコンテナーズ)は7位で今季ワールドカップで初のトップ10入りを果たした。

来週末に開催されるスーパープレスティージュ(ボーム)からはトーマス・ピドコック(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)とワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)が合流を果たす。CX戦線の状況は大きく変わると見られている。
UCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 女子結果
1位ルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)51:09
2位マーガリー・ロシェット(カナダ、スペシャライズド・フィードバックスポーツ)+0:26
3位デニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)+0:34
4位フェム・ファンエンペル(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)+0:37
5位パック・ピーテルス(オランダ、アルペシン・フェニックス)+0:44
6位インゲ・ファンデルヘイデン(オランダ、777)+1:21
7位クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール/シクロクロスワールド)+1:31
8位シリン・ファンアンローイ(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)+1:40
9位ケイティ・クラウス(アメリカ、キャノンデール/シクロクロスワールド)+2:10
10位リヌ・ブルキエ(フランス、A.S.バイククロスチーム)+2:31
UCIシクロクロスワールドカップ2021-2022第8戦 男子結果
1位エリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)1:03:47
2位トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)+0:10
3位ピム・ロンハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)+1:44
4位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)+1:57
5位コルネ・ファンケッセル(オランダ、トルマンス・サーカスCXチーム)+2:19
6位ニルス・ファンデプッテ(ベルギー、アルペシン・フェニックス)+2:21
7位トム・メーウセン(ベルギー、CXチームデスシャフト・グループヘンス・マースコンテナーズ)+2:27
8位トーン・ファンデボッシュ(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)+2:31
9位マルセル・マイセン(ドイツ、アルペシン・フェニックス)+2:40
10位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)+2:42
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ FC-R8000 46X36T 165mm 11S IFCR8000AX66
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥22,758
最安価格: ¥22,758
アマゾン価格: ¥22,758
の画像 シマノ(SHIMANO) ミネラルオイル ディスクブレーキ用 500ml Y83998030
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥1,527
最安価格: ¥1,500
アマゾン価格: ¥1,527
の画像 シマノ(SHIMANO) ディスクブレーキ(ハイドローリック) BR-M6000 ブラック レジンパッド(G03S) EBRM6000MPPRXL DEORE(ディオーレ)
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥3,227
最安価格: ¥2,845
アマゾン価格: ¥3,227