今シーズン国内2つ目のUCIレースを、男子エリートは織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が、女子は福田咲絵(AX cyclocross team)がそれぞれ独走で優勝。MTB全日本選手権XCOとの同日開催となったレースを、今シーズン成績を残している選手たちがしっかりとものにした。



琵琶湖畔で開催された関西シクロクロスUCI資生堂琵琶湖グランプリ琵琶湖畔で開催された関西シクロクロスUCI資生堂琵琶湖グランプリ  photo:Itaru Mitsui 
11月21日、先週のRapha弱虫ペダル スーパークロス野辺山2021に続き、2週連続でシクロクロスのUCIレースおよびJCXレースとして「関西シクロクロスUCI資生堂琵琶湖グランプリ」が開催。

関西シクロクロスでのUCIレースといえば近年はマキノ高原で開催されてきたが、2021-2022シーズンは烏丸での開催となった。烏丸でのレースは毎年開催されてきたが、今年はコースレイアウトも変更され、より難易度が上がった全長2.9kmのコースに仕上げられた。

同日に愛媛県八幡浜市でMTB全日本選手権が開催されたため、男女エリートやマスターズは先週の野辺山に比べるとJCXランキング上位勢の参戦が減ったものの、関西シクロクロスを主戦場とする選手たちや冬場はシクロクロスをメインに活動する選手たちによる熱いレースが期待された。

レース前日には三船雅彦によるスクールが開催されたレース前日には三船雅彦によるスクールが開催された  photo:Itaru Mitsui 今シーズンも世界選手権応援ピンバッジを販売今シーズンも世界選手権応援ピンバッジを販売  photo:Itaru Mitsui 


また、レース前日の試走時間には元全日本チャンピオンでシクロクロスナショナルチームの監督でもある三船雅彦によるスクールも開催された。



【男子エリート】

男子エリート、ホールショットは小坂光(宇都宮ブリッツェン)が獲得男子エリート、ホールショットは小坂光(宇都宮ブリッツェン)が獲得  photo:Itaru Mitsui 
男子エリートは沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)や村上兄弟といった、先週の野辺山で活躍した選手たちがMTB全日本選手権出場のため、欠場。

一方で、今シーズンここまで4戦3勝と圧倒的な力を見せつける織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)や、小坂光(宇都宮ブリッツェン)、そして今シーズンUCI/JCXレース初参戦となる横山航太(シマノレーシング)らがスタートラインに並ぶ。

序盤から独走状態に持ち込んだ織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)序盤から独走状態に持ち込んだ織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)  photo:Itaru Mitsui 
14時20分に79名の選手がスタートを切ると、スタートこそ織田や横山が並びかけるも、イン側にいた小坂が先頭で第一コーナーに進入し、ホールショットを獲得。後ろでは落車などもあり、レーススタート早々に小坂、横山、織田、加藤健悟(臼杵レーシング)が抜け出す。

さらに、織田が単独で抜け出す形となり、1周目からトップの織田と、織田を追う小坂、横山、加藤の3名のパックに分かれる。織田は最初の2周で後続に30秒ほどのタイムギャップをつけるが、徐々にラップタイムが落ちてくる。

織田を追う横山、小坂、加藤織田を追う横山、小坂、加藤  photo:Itaru Mitsui 

一方、追走パックは7分前後で安定したラップタイムを刻み、タイム差の開きが緩やかになった。
そんな中、追走パックから加藤が脱落し、織田を追うのは小坂、横山の2名。2名は協調しながら織田を追いかけるものの、ペース自体は織田の方が早く、じりじりとタイム差は開いていく。

そして7周目、小坂のペースが変わらない中、横山がついていくことができず、小坂が単独2位、横山が単独3位となる。

織田を追う横山と小坂織田を追う横山と小坂  photo:Itaru Mitsui 
織田は4周目以降ラップタイムの変化が1秒以内という非常に安定したラップタイムを刻みながら最終周回を迎えると、最後まで落ち着いて走り、2週連続独走でUCIレースを制した。2位には最後まで粘りの走りを見せた小坂が入り、3位には横山が入った。終わってみればフルラップ完走19名(完走率24.1%)、完走全選手で唯一全ラップ6分台のラップタイムと、沢田がいないレースで織田が圧倒的な強さを見せつけた。


2週連続でUCIレースを制した織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)2週連続でUCIレースを制した織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)  photo:Itaru Mitsui 
表彰台では野辺山の疲れが残っていたコメントした織田だが、「UCIポイントが獲れたのが大きいかなと思います。」とUCIレース2連勝について振り返る。「沢田選手がいないということで、絶対に勝たないといけないレースをしっかりと勝てて良かったと思います。」と、勝つべきレースをしっかりと勝った織田。

レース内容については、「レース前は特に戦略らしい戦略は考えていませんでしたが、独走できればいいなと考えていて、1周目の後半からしっかりと独走できたので良かったと思います」と振り返る。

「来週の能登はチームスポンサーである弱虫ペダルがスポンサーをしている大会なので、しっかりといい走りができるように頑張ります。全日本選手権ではゼッケンの番号は意識せず、去年取れなかったタイトルをしっかり取りに行きたいと思います。」と、3週間後の全日本選手権をしっかりと見据える織田の姿があった。



【女子エリート】

女子エリート、ホールショットは鵜飼知春(andmore)が獲得女子エリート、ホールショットは鵜飼知春(andmore)が獲得  photo:Itaru Mitsui 
スタートしてすぐに先頭は石田唯(早稲田大学)と福田咲絵(AX cyclocross team)の2名にスタートしてすぐに先頭は石田唯(早稲田大学)と福田咲絵(AX cyclocross team)の2名に  photo:Itaru Mitsui 
女子エリートも男子エリート同様、先週の野辺山で2連勝を飾った渡部春雅(明治大学)や中島瞳(弱虫ペダルサイクリングチーム)、矢吹優夏(B.B.Q)らがMTB全日本選手権出場のため欠場。
一方で、幕張クロスで優勝した石田唯(早稲田大学)や3レース連続で2位表彰台に上がっている福田咲絵(AX cyclocross team)らが参戦。

12時55分にスタートが切られると、鵜飼知春(andmore)と石田が好スタートを決め、イン側にいた鵜飼がホールショットを獲得。好スタートを決めた石田に対し、福田はスタートで出遅れるもののすぐに挽回。S/F地点奥のキャンバーセクションをクリアする頃には石田と福田が抜け出す。
さらに福田は石田を突き放し、1周目完了時点でトップ福田、2番手石田、3番手パックに赤松綾(AYA BIKES)、鵜飼の2名という状況。

得意なエリアでタイムを稼ぐ福田咲絵(AX cyclocross team)得意なエリアでタイムを稼ぐ福田咲絵(AX cyclocross team)  photo:Itaru Mitsui 
3番手パックの鵜飼、望月、赤松3番手パックの鵜飼、望月、赤松  photo:Itaru Mitsui 最終周回で逆転し3位に入った赤松綾(AYA BIKES)最終周回で逆転し3位に入った赤松綾(AYA BIKES)  photo:Itaru Mitsui 

福田を追う石田唯(早稲田大学)福田を追う石田唯(早稲田大学)  photo:Itaru Mitsui 
福田は周回を重ねるごとに石田とのタイム差を広げていく。一方3番手パックには1周目に出遅れた望月美和子(ORCA CYCLING TEAM)が追いつき、3名に。さらに4周目には望月が単独3番手に浮上し、ペースが落ちてきた石田を追う。

福田は5周目に4秒ほどタイムを落とすものの、それでも各周回におけるラップタイムのばらつきは6秒以内と非常に安定した走りでUCI/JCXレースを初めて制した。2位には石田が入り、3位には最終周回で望月を逆転した赤松が入った。

CL1、JCX、UCIすべてで初優勝となった福田咲絵(AX cyclocross team)CL1、JCX、UCIすべてで初優勝となった福田咲絵(AX cyclocross team)  photo:Itaru Mitsui 
UCI/JCXレース初優勝、さらにはCL1でも初優勝となった福田は「スタートでミスってしまいましたが、キャンバーへ行くまでに前に上がることができました。(石田選手に)後ろにつかれてしまったら幕張の二の舞になってしまうと思い、今回は力と力の勝負に持ち込もうと独走に持ち込みました」とレースを振り返る。

「芝生区間はしっかりと踏んで、キャンバー区間は丁寧に走ることを心がけました。」と、自身の得意な部分でタイムを稼いだ福田。「今シーズンは表彰台に上がることを目標にしていましたが、想定以上にいい走りができているので、ここまで来たら全日本選手権での優勝、世界選手権出場を目標にしっかりと走りたいです。」と3週間後の全日本選手権に向け、福田は気合十分な様子だった。



【その他のカテゴリー】
男子ジュニアで優勝した川畑有矢男子ジュニアで優勝した川畑有矢  photo:Itaru Mitsui CM1で優勝した太田好政(Rapha Cycling Club)CM1で優勝した太田好政(Rapha Cycling Club)  photo:Itaru Mitsui 

C3で優勝した天野壮悠(シマノレーシング)C3で優勝した天野壮悠(シマノレーシング)  photo:Itaru Mitsui U17で優勝した澤井千洋(SNEL)U17で優勝した澤井千洋(SNEL)  photo:Itaru Mitsui 

CK1で優勝した大石理人CK1で優勝した大石理人  photo:Itaru Mitsui CK3(男子)で優勝した伊藤隆聖(AS京都)CK3(男子)で優勝した伊藤隆聖(AS京都)  photo:Itaru Mitsui 


こちらもUCIレースとなった男子ジュニアは唯一の出走となった川畑有矢がしっかりと完走し、優勝。CM1では先週の野辺山Day2に続いて太田好政(Rapha Cycling Club)が2連勝を飾った。

C2Open+C2およびCL2Open+CL2では、JCF主催レースでのマスターズ出場資格に配慮し、C1やCL1カテゴリーに所属する選手がOpen扱いで出走することを許可された。C2Open+C2全体では、普段はC1で走る村田憲治(京都岩井商会レーシング)がトップとなり、表彰/昇格対象となるC2では今年限りでの引退を表明している木村圭佑(シマノレーシング)が優勝を飾った。

CL2Open+CL2全体では、CL1資格を持ちながらも今シーズンからWMで走る安藤沙弥(SHIDO-WORKS)がトップとなり、表彰/昇格対象となるCL2では森知多(SNEL)が優勝を飾った。

C2表彰式C2表彰式  photo:Itaru Mitsui CL2表彰式CL2表彰式  photo:Itaru Mitsui 

CM2表彰式CM2表彰式  photo:Itaru Mitsui CM3表彰式CM3表彰式  photo:Itaru Mitsui 

CK2表彰式CK2表彰式  photo:Itaru Mitsui CK3(女子)で優勝した大石沙奈CK3(女子)で優勝した大石沙奈  photo:Itaru Mitsui 

関西シクロクロス2021 UCI資生堂琵琶湖グランプリ リザルト
・男子エリート(9Laps)
1位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) 1時間1分50秒
2位小坂光(宇都宮ブリッツェン) +1分23秒
3位横山航太(シマノレーシング) +2分24秒
4位比護任(PAXPROJECT) +2分44秒
5位加藤健悟(臼杵レーシング) +3分4秒
6位宇賀隆貴(TEAM UKYO SAGAMIHARA) +3分35秒
7位丸山厚(BOMA/ROND CX TEAM) +3分42秒
8位津田悠義 +4分2秒
9位舟山祥弘(AKIRUNO CYCLING ACADEMY PROJECT) +4分9秒
10位前田充貴(Becky cyclocross) +4分29秒
・女子エリート(6Laps)
1位福田咲絵(AX cyclocross team)48分14秒
2位石田唯(早稲田大学) +1分44秒
3位赤松綾(AYA BIKES) +2分14秒
4位望月美和子(ORCA CYCLING TEAM) +2分28秒
5位鵜飼知春(andmore) +2分52秒
6位伊藤あすみ +4分47秒
7位川崎路子(PAXPROJECT) +5分1秒
8位小田恵利花 +7分13秒
9位加納尚子(京都岩井商会レーシング) -1Lap
10位水谷有紀子(BUCYO COFFE CLT Cycling Team) -1Lap
・男子ジュニア(5Laps)
1位川畑有矢 41分43秒
・C2Open+C2
FIN/Open村田憲治(京都岩井商会レーシング)
FIN/Open藤田耕志(RINGOROAD)
1位木村圭佑(シマノレーシング) 46分6秒
FIN/Open梶田晋(Club La.sista Offroad Team)
2位石井晋也(EURO-WORKS Racing) +46秒
3位中森大樹(シマノドリンキング) +1分
・C3(4Laps)
1位天野壮悠(シマノレーシング)28分54秒
2位沖本拓己(立命館大学) +14秒
3位水本賢太(多武峰朝練の芝刈り機) +1分34秒
・C4(4Laps)
1位深谷優光(零式)31分20秒
2位佐藤友浩 +35秒
3位小池智之(ベーリンガー) +39秒
・CL2Open+CL2(4Laps)
FIN/Opne安藤沙弥(SHIDO-WORKS)
1位森知多(SNEL)39分52秒
FIN/Opne清水友恵(京都MTB朝ライド)
2位鎌谷麻里(村上建具) -1Lap
FIN/Opne林明美(大垣ピストンズ チームもんきち)
3位山口成美-1Lap
・CM1(5Laps)
1位太田好政(Rapha Cycling Club)38分17秒
2位國分圭二(Mt.HASE321) +1分6秒
3位湯浅勉(RIDE LIFE GIANT) +1分11秒
・CM2(4Laps)
1位藤田誠士(PWJ) 34分15秒
2位福永祐二 +2秒
3位田中識章(TEAM SKY KYOTO) +35秒
・CM3(4Laps)
1位前川裕之(bicycleplanner)36分9秒
2位滋野春紀(SHIDO-WORKS) +35秒
3位中島丈敬 +1分15秒
・U17(4Laps)
1位澤井千洋(SNEL) 30分6秒
・U15(3Laps)
1位堂上駿介(Biketeam回転木馬) 33分8秒
・CK3(男子)(3Laps)
1位伊藤隆聖(AS京都) 13分15秒
2位鎌谷律(村上建具) +42秒
3位佐野凌麻(ZERO BIKE FACTORY) +1分17秒
・CK3(女子)(3Laps)
1位大石沙奈 17分54秒
・CK2(4Lasp)
1位富樫悠太郎10分36秒
2位瀬戸山紀介(TOKAI POTENZA/OCF) +8秒
3位齋藤結陽(Limited Team 846) +54秒
・CK1(4Laps)
1位大石理人12分34秒
2位渡邉水翔 +16秒
3位佐野真麻(ZERO BIKE FACTORY) +1分12秒
text&photo:Itaru Mitsui
Amazon.co.jp 
の画像 【MAURTEN JAPAN公式】MAURTEN (モルテン) DRINK MIX 320 1袋
カテゴリー: Grocery
メーカー: MAURTEN
最安価格: ¥ 1,080
アマゾン価格: ¥ 1,080
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥306
アマゾン価格: ¥792