北米ラウンドを終え、ヨーロッパに戻ったシクロクロスサーキット。スーパープレスティージュ第2戦でエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)とデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が勝利した。



北米ラウンドを終えたシクロクロスのコンチネンタルサーキットはヨーロッパに凱旋。ベルギーはブルージュの南に位置する街ルッデルフォールデでスーパープレスティージュ第2戦が行われた。

小刻みなアップダウンや、長い登りの砂セクションが組み込まれたレースには、渡米を見送りヨーロッパで調整を続けてきたローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)やフェリペ・オルツ(スペイン、ブルゴスBH)たちが加わり、あるいはマリアンヌ・フォス(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)やマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)など参加を見送る選手も。

独走勝利を飾ったデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)独走勝利を飾ったデニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
フォスや、血液数値の乱れによって翌日ワールドカップでのシーズンインを予定しているセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)不在の女子エリートレースでスタートダッシュを決めたのは元世界王者のサンヌ・カント(ベルギー、IKOクレラン)だった。

テクニカルなキャンバーが行く手を阻むコースで飛ばすカントには、デニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)とインゲ・ファンデルヘイデン(オランダ、777)が追従。3名がトップグループを組み、世界王者ルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)はその背後で追走を強いられた。

ハイペースを刻む先頭グループからはやがてカントが遅れ、全6周回中の3周目に入るとファンデルヘイデンを引き離したベッツィマが独走体制に。「スタート直後から自分のリズムでレースを走れた。誰かのミスに阻まれることもなかったし、それもアドバンテージになった」と言うベッツィマの勢いが弱まることは最後までなかった。

ワールドカップで熾烈な勝負を繰り広げたフォス不在のレースで、ベッツィマが手堅く今季3勝目を確保。スタートで出遅れてから追走を続けたアンマリー・ワースト(オランダ、777)が2位、好調ぶりを発揮したファンデルヘイデンは3位に食い込んだ。



男子エリート:ヘルマンスを引き離したイゼルビット勝利

ヘルマンスを引き離し、独走態勢を築くエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)ヘルマンスを引き離し、独走態勢を築くエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
シケイン越えの失敗に泣いたクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・サーカスCXチーム)シケイン越えの失敗に泣いたクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・サーカスCXチーム) photo:CorVosエリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が勝利エリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が勝利 photo:CorVos


スイスチャンピオンであり、ロードレースでは織田聖とチームメイトであるケヴィン・クーン(トルマンス・サーカスCXチーム)のホールショットで幕開けた男子エリートレースは、やがて絶好調のクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・サーカスCXチーム)と欧州王者エリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)が抜け出す形に。宇都宮CXでおなじみのオルツはベルギー/オランダ勢に割り込んで追走グループでのポジションをキープした。

先頭グループを組むヘルマンスとイゼルビットは全9周回中の5周目までランデブーを維持していたものの、ヘルマンスはシケインでのバニーホップに失敗し、さらにチェーンを落としたことで復帰に手間取り脱落。こうして単独先頭となったイゼルビットが、最後までリードを守りきって勝利した。

スーパープレスティージュ2021-2022第2戦男子エリート表彰台スーパープレスティージュ2021-2022第2戦男子エリート表彰台 photo:CorVos
「絶好調と言える状態ではなく、レース中は体に疲れを感じていたんだ。脚もあまり動かなかったけれど、ヘルマンス以外の全員は同じ状態だったように思う。勝てて嬉しいけれど、明日のW杯はポディウムや、できる限りロスしない走りを心掛けたいと思う」とヘルマンスは話している。

スーパープレスティージュ2021-2022第2戦男子エリート結果
1位エリ・イゼルビット(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)59:22
2位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・サーカスCXチーム)0:27
3位トーン・アールツ(ベルギー、バロワーズ・トレック・ライオンズ)0:42
4位ラース・ファンデルハール(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)0:55
5位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)1:33
6位トーン・ファンデボッシュ(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)1:43
7位フェリペ・オルツ(スペイン、ブルゴスBH)1:50
8位ディエテル・スウェーク(ベルギー、パウェルスサウゼン・ビンゴール)2:02
9位ヴィンセント・バエスタンス(ベルギー、CXチームデスハフト・グループヘンス・マースコンテナーズ)2:15
10位ニルス・ファンデプッテ(ベルギー、アルペシン・フェニックス)2:22
スーパープレスティージュ2021-2022第2戦女子エリート結果
1位デニセ・ベッツェマ(オランダ、パウェルスサウゼン・ビンゴール)47:03
2位アンマリー・ワースト(オランダ、777)0:43
3位インゲ・ファンデルヘイデン(オランダ、777)0:58
4位サンヌ・カント(ベルギー、IKOクレラン)1:13
5位ルシンダ・ブラント(オランダ、バロワーズ・トレック・ライオンズ)1:52
6位アニック・ファンアルフェン(オランダ、777)2:22
7位マリオン・ノーブルリブロール(フランス、スターカジノCXチーム)2:44
8位マノン・バッカー(オランダ、IKOクレラン)2:51
9位ヤラ・カステリン(オランダ、IKOクレラン)3:33
10位ゾーイ・バックステッド(イギリス、トルマンス・アクログCX)4:09
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 チャレンジ (Challenge) シクロクロス ベイビーライムス 33 オープン WOタイヤ 306730001 33C
カテゴリー: Sports
メーカー: チャレンジ (Challenge)
参考価格: ¥8,492
最安価格: ¥8,492
アマゾン価格: ¥8,492
の画像 IRC tire SERAC CX シラクシーエックス/SERAC CX EDGE シラクシーエックス エッジ 700X32C 19048V
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 8,030
最安価格: ¥ 4,978
アマゾン価格: ¥ 5,256
の画像 IRC(アイアールシー) SERAC CX シラクシーエックス/SERAC CX EDGE シラクシーエックス エッジ 700X32C HT M138 (EDGE) 19048N
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,548
アマゾン価格: ¥ 5,658