Jプロツアー第16戦「群馬CSCロードレース9月Day2」が、9月25日(土)に群馬サイクルスポーツセンターで開催された。72kmで行われたレースは集団ゴールスプリントになり、チームメートの絶妙なアシストを受けた兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)がキャリア初となるロードレースでの優勝を飾った。女子は植竹海貴(Y’s Road)が渡部春雅(明治大学)を僅差のゴールスプリントで下し、今シーズンの勝利数を10の大台に乗せた。



前日に今シーズン限りでの引退を発表したアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が笑顔でスタートラインに整列する前日に今シーズン限りでの引退を発表したアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が笑顔でスタートラインに整列する photo:Nobumichi KOMORI72kmのショートレースがスタート72kmのショートレースがスタート photo:Nobumichi KOMORI

Jプロツアー第16戦は、前日に続き群馬CSCの6kmコースを逆回りして開催される3連戦の2戦目。今シーズン最長距離となった前日の半分以下の72kmと距離が短いこともあり、激しいハイスピードバトルになることも予想される中でスタートを迎えた。

この日も群馬CSC6km逆回りコースでの開催この日も群馬CSC6km逆回りコースでの開催 photo:Nobumichi KOMORI
フランシスコ・マンセボと安原大貴(ともにマトリックスパワータグ)、大前翔と當原隼人(ともに愛三工業レーシングチーム)、中井唯晶と床井亮太(ともにシマノレーシング)、中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)、山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)の8人が逃フランシスコ・マンセボと安原大貴(ともにマトリックスパワータグ)、大前翔と當原隼人(ともに愛三工業レーシングチーム)、中井唯晶と床井亮太(ともにシマノレーシング)、中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)、山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)の8人が逃 photo:Nobumichi KOMORI
ローリングスタートの後に正式スタートが切られたレースは、すぐさま激しいアタック合戦に。2周目になるとその中からフランシスコ・マンセボと安原大貴(ともにマトリックスパワータグ)、大前翔と當原隼人(ともに愛三工業レーシングチーム)、中井唯晶と床井亮太(ともにシマノレーシング)、中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)、山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)の8人が抜け出し逃げ集団を形成することに成功する。その後、當原が集団に戻り7人となった逃げ集団に対し、メイン集団はチームブリヂストンサイクリングが先頭に立ってコントロールを開始。タイム差を30秒程度に保ちながらレースは進んでいった。

前日に優勝した今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)が献身的な働きを見せる前日に優勝した今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)が献身的な働きを見せる photo:Nobumichi KOMORI
追走のペースが上がるメイン集団がタテに伸び始める追走のペースが上がるメイン集団がタテに伸び始める photo:Nobumichi KOMORI
レースも折り返しを過ぎると逃げ集団からは大前がメイン集団に戻り、愛三工業レーシングチームもゴールスプリントに向けてメイン集団で体制を整える展開になり、逃げ集団は6人に。メイン集団先頭では前日に優勝した今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)もペースアップに加わる姿が見られ、逃げ集団とのタイム差が周回を重ねるごとにじわじわと縮まっていく状況になった。

フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)がアタックを仕掛けたことで逃げ集団は崩壊フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)がアタックを仕掛けたことで逃げ集団は崩壊 photo:Nobumichi KOMORI入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)ら数人の選手がメイン集団から抜け出しを図るも吸収されてスプリントに入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)ら数人の選手がメイン集団から抜け出しを図るも吸収されてスプリントに photo:Nobumichi KOMORI

着々とタイム差が縮まる中、逃げ集団では残り4周となる9周目に入ったところでマンセボが単独で飛び出す。山本だけが追従するも、心臓破りの下りで落車してしまい、マンセボが独走する展開に。逃げていた選手を吸収しながらメイン集団もマンセボとの差を縮めていく中、入部正太朗(弱虫ペダルサイクリングチーム)らがブリッジをかけようと抜け出したがメイン集団の勢いを削ぐには至らず。ゴールスプリントが濃厚な状態でレースは最終周に。

ゴールスプリントで兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)が優勝ゴールスプリントで兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)が優勝 photo:Nobumichi KOMORI
自身初となるロードレースの優勝でチームに連勝をもたらした兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)自身初となるロードレースの優勝でチームに連勝をもたらした兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング) photo:Nobumichi KOMORI
バックストレートに姿を現した集団の先頭を固めるチームブリヂストンサイクリングの後方に愛三工業レーシングチームやシマノレーシングが陣取って勝利を狙ったが、チームブリヂストンサイクリングのアシスト陣の働きから発射された兒島がしっかりと後続を退けるスプリントを見せて、自身ロードレースでは初となる優勝。チームも連勝を飾った。

表彰式表彰式 photo:Nobumichi KOMORIJプロツアーリーダーとU23リーダーはホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)と山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)がともにキープJプロツアーリーダーとU23リーダーはホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)と山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)がともにキープ photo:Nobumichi KOMORI

優勝した兒島は「最後はチームメートが3人残っていたので、託して自分はもがくだけでした。中盤から今村選手がずっとメイン集団の先頭を引いてくれて、他の選手も休むことができて最後に力を残せたと思います。群馬CSCでのブリヂストンの勝率は高いですし、今日は自分が勝とうと思っていたので、勝てて良かったです。連勝していい流れなので明日も勝って3連勝したいと思います」と喜びを語った。
Jプロツアー第16戦 群馬CSCロードレース9月Day2 結果(72km)
1位兒島直樹(チームブリヂストンサイクリング)1時間43分51秒
2位岡本隼(愛三工業レーシングチーム)+0秒
3位草場啓吾(愛三工業レーシングチーム)
4位湯浅博貴(EQADS)
5位横山航太(シマノレーシング)
6位中村龍吉(群馬グリフィンレーシングチーム)
◆中間スプリント賞
1回目 該当者なし
2回目 中島渉(弱虫ペダルサイクリングチーム)

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 山本哲央(チームブリヂストンサイクリング)



女子 植竹海貴が僅差のスプリントを制して今シーズン10勝目

E1に続きFクラスタのレースもスタートするE1に続きFクラスタのレースもスタートする photo:Nobumichi KOMORI終盤に入ると渡部春雅(明治大学)と植竹海貴(Y’s Road)の一騎打ちに終盤に入ると渡部春雅(明治大学)と植竹海貴(Y’s Road)の一騎打ちに photo:Nobumichi KOMORI

僅差で植竹海貴(Y’s Road)が勝利僅差で植竹海貴(Y’s Road)が勝利 photo:Nobumichi KOMORI
女子のレースも12周72km。スタート直後こそ集団での展開となったが、その後は次々と遅れていく選手が現れ、先頭は植竹海貴(Y’s Road)、唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、大堀博美と米田和美(ともにMOPS)、滝川陽希(Live GARDEN BICI STELLE)、渡部春雅(明治大学)、川口うらら(日本体育大学)の7人での展開がしばらく続く。

中盤を過ぎるとその中から大堀と米田、滝川がドロップし先頭は4人に。終盤に入り渡部が積極的にアタックを繰り返すと唐見と川口が遅れ、植竹と渡部の一騎打ちの状態に。その後はそれぞれ持ち味を出して相手を引き離そうとするも違いに譲らず、勝負はマッチスプリントとなり、僅差の争いを制した植竹が今シーズン10勝目となる優勝を飾った。
女子(F) 結果(72km)
1位植竹海貴(Y’s Road)2時間4分11秒
2位渡部春雅(明治大学)+0秒
3位川口うらら(日本体育大学・オープン参加)+49秒
◆中間スプリント賞
1回目・2回目 植竹海貴(Y's Road)

フェミニンリーダー 植竹海貴(Y’s Road)



E1・E2・E3 結果

ゴールスプリントを制した池川辰哉(VC VELOCE)がガッツポーズを見せるゴールスプリントを制した池川辰哉(VC VELOCE)がガッツポーズを見せる photo:Nobumichi KOMORIU19ジャージの岩田聖矢(Avenir Yamanashi Yamanakako)とイエロージャージの池川辰哉(VC VELOCE)U19ジャージの岩田聖矢(Avenir Yamanashi Yamanakako)とイエロージャージの池川辰哉(VC VELOCE) photo:Nobumichi KOMORI

E1 結果(120km)
1位池川辰哉(VC VELOCE)3時間4分59秒
2位吉木匠(eNShare Cycling Team)+0秒
3位岩田聖矢(Avenir Yamanashi Yamanakako)
4位石橋利晃(湾岸サイクリング・ユナイテッド)
5位奥村祐希(サイファアスリートクラブ岡山)
6位川勝敦嗣(MiNERVA-asahi)+1秒
E2優勝 鬼形卓弥(COW GUMMA)E2優勝 鬼形卓弥(COW GUMMA) photo:Satoru KatoE3優勝 藤井涼介(日本体育大学)E3優勝 藤井涼介(日本体育大学) photo:Satoru Kato
E2、E3 結果
E2(60km)E3(42km)
1位鬼形卓弥(COW GUMMA)1時間33分37秒藤井涼介(日本体育大学)1時間3分0秒
2位松本天照(那須ハイ-りんどう湖レーシングチーム)+0秒成毛千尋(ALDINA)+1秒
3位日置江草太(サイクルフリーダム・レーシング)中林航大(VC福岡エリート)
4位山内怜旺(イナーメ信濃山形)重田倫一郎(作新学院大学)
5位石橋宏介(VC VELOCE)佐藤裕太(TEAM YOU CAN)
6位井清大樹(ZERO BIKE FACTORY)堀江郁人(MiNERVA-asahi)

text&photo:Nobumichi KOMORI、Satoru Kato
edit:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 IZAMESHI(イザメシ) CAN 缶詰 具材いろいろ鶏五目ごはん 長期保存食 防災食 非常食
カテゴリー: Grocery
メーカー: 杉田エース
参考価格: ¥410
最安価格: ¥410
アマゾン価格: ¥410
の画像 缶詰 セット 15種 やきとり さば缶 いわし缶 +お茶碗いっぱいの感謝ふりかけ 8g
カテゴリー: Grocery
メーカー: 極洋 ホテイ あおは
参考価格: ¥3,390 (¥3,390 / 個)
最安価格: ¥3,390 (¥3,390 / 個)
アマゾン価格: ¥3,390 (¥3,390 / 個)
の画像 レスキューフーズ ホテイ 缶詰 21缶 セット おかず缶・やきとり 缶詰 +お茶碗いっぱいの感謝ふりかけ
カテゴリー: Grocery
メーカー: ホリカ・ ホテイ ・あおは
参考価格: ¥3,980 (¥3,980 / 個)
最安価格: ¥3,980 (¥3,980 / 個)
アマゾン価格: ¥3,980 (¥3,980 / 個)