フルモデルチェンジを遂げたラピエールの新型XELIUS SLを初披露し注目を集めたグルパマFDJ。AIRCODE DRSや、プロトホイールを装着したAEROSTORMなど、伝統あるフランスチームのツール使用機材にフォーカス。



ツールで初披露された新型XELIUS SL。第3世代にあたる軽量オールラウンダーだツールで初披露された新型XELIUS SL。第3世代にあたる軽量オールラウンダーだ photo:Makoto AYANO
背中の痛むに苦しむティボー・ピノ(フランス)ではなく、24歳のダヴィ・ゴデュ(フランス)を総合エースに、スプリントステージではアルノー・デマール(フランス)をエースに据えてツールを戦ったグルパマFDJ。ゴデュは連日の山岳ステージでトップ10入りを繰り返したが、その走りだけでなく、詳細未発表の新型XELIUS SLにも大きな注目が集まった。

ラピエールならではのデザインと、近代軽量モデルのトレンドである直線的なエアロフォルムを融合させた第3世代のXELIUSは、「グルパマFDJのルーラーやパンチャー、そしてクライマーたちのニーズを叶え、それと同時にパフォーマンスやスリルを求めるアマチュアライダーにもフィットする(ラピエール公式リリース)」ようデザインされたもの。

モデルチェンジを経てもなお、ラピエールのデザインコンセプトは存続モデルチェンジを経てもなお、ラピエールのデザインコンセプトは存続 photo:Makoto AYANO新型XELIUS SL専用と思われるステム一体型ハンドルをセット新型XELIUS SL専用と思われるステム一体型ハンドルをセット photo:Makoto AYANO

第10ステージからはラピエール75周年を祝うゴールドロゴのXELIUS SLが登場第10ステージからはラピエール75周年を祝うゴールドロゴのXELIUS SLが登場 photo:Makoto AYANO
平坦〜丘陵ステージで使用されるAIRCODE DRS平坦〜丘陵ステージで使用されるAIRCODE DRS photo:Makoto AYANO
スプリントエースを務めるアルノー・デマール(フランス)はマットブラック仕上げのAIRCODE DRSも使用したスプリントエースを務めるアルノー・デマール(フランス)はマットブラック仕上げのAIRCODE DRSも使用した photo:Makoto AYANO手前から2番目の旧型XELIUS SLはヴァランタン・マデュアス(フランス)のバイク手前から2番目の旧型XELIUS SLはヴァランタン・マデュアス(フランス)のバイク photo:Makoto AYANO


重量などは公開されていないものの、「超軽量ディスクブレーキフレーム」かつ「登り下り問わず攻められるアグレッシブなジオメトリー」、「UHMカーボンファイバーを使い、最適化された構造」、そして「フルケーブル内装」といった4つの柱を中心に据えている。グルパマFDJは主に山岳ステージでこの新型XELIUS SLを、平坦〜丘陵ステージでは昨年モデルチェンジしたばかりのAIRCODE DRSを乗りわけて運用。なお第10ステージからは、ラピエールの創業75周年を記念したゴールドロゴのバイクが登場している。

TTバイク「AEROSTORM」もディスクブレーキ採用であるため、チームは今年ようやくディスクブレーキ100%化を果たしたこととなる。なおパンク時のホイール交換時間を短縮するため、すべてのバイクにレバー付きのスルーアクスルが取り付けられていた。なおヴァランタン・マデュアス(フランス)はディスクブレーキ仕様の旧型XELIUS SLをメインバイクに選ぶ日もあった。

TTステージで使われたAerostorm DRSTTステージで使われたAerostorm DRS photo:Makoto AYANO
ホイールはDURA-ACEのC40またはC60ホイールはDURA-ACEのC40またはC60 photo:Makoto AYANOロードステージは100%チューブラータイヤ。ALX表記があるコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTDを使用ロードステージは100%チューブラータイヤ。ALX表記があるコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTDを使用 photo:Makoto AYANO

50mmほどのハイトを持つプロトタイプホイールも使用された50mmほどのハイトを持つプロトタイプホイールも使用された photo:Makoto AYANO
プロトタイプと思われるバトンホイール。カーボンの柄が特徴的プロトタイプと思われるバトンホイール。カーボンの柄が特徴的 photo:Makoto AYANOクイックレバー付きのスルーアクスルを採用するクイックレバー付きのスルーアクスルを採用する photo:Makoto AYANO


例年のチームカラーよりもシックな色調のバイクに組み合わせるのは、もちろんシマノのDURA-ACE Di2。グルパマは長年シマノとパートナーシップを組んでおり、複数選手がノーロゴのプロトタイプと思われるホイールを使用していたりとその関係深さが垣間見える。通常仕様はDURA-ACEのC40またはC60で、TTステージで使われたバトンホイールとディスクホイールもプロトタイプだと思われる。チューブラータイヤを運用しており、組み合わせるタイヤはコンチネンタルのプロ供給専用品であるCOMPETITION PRO LTD。

ラピエールの専用ステムやハンドル、シートピラーを主に使うが、バーテープは引き続きシマノグループのプロを継続使用中。TTバイクのハンドル周りはPROだが、TTヨーロッパチャンピオンカラーに塗られたシュテファン・キュング(スイス)らのバイクにはデダと思われるTTハンドルがロゴを消した状態で装着されていた。

text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥295
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥295
アマゾン価格: ¥792