3つの1級山岳が登場したクイーンステージのツール・ド・ポローニュ5日目。ラストは集団スプリントに持ち込まれ、ニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)がマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)を下し勝利した。



スタートを待つリーダージャージのジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップスタートを待つリーダージャージのジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ (c)Tour de Pologne
ツール・ド・ポローニュ2021 第5ステージ コースプロフィール ツール・ド・ポローニュ2021 第5ステージ コースプロフィール (c)Tour de Pologneホホウフからビエルスコ・ビャワまでの173kmで行われたツール・ド・ポローニュ第5ステージ。3つある1級山岳はいずれも勾配が緩いことに加え、レース中盤に設定されているため、総合争いに影響することはない。残り22kmから7kmの周回コースを3周して登りフィニッシュに向かう終盤は、ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)が勝利した2018年第5ステージと同じレイアウトになっている。

スタート後10kmほどで形成されたのは、ロブ・パワー(オーストラリア、クベカ・ネクストハッシュ)やダニエル・アロヤベ(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)を含む6名の逃げ集団。メイン集団と4分差をつけて先行するなか、逃げに乗った山岳賞ジャージのルーカス・オウシアン(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)とそれを狙うエミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)との山岳ポイント争いが勃発した。

序盤2つの1級山岳をトップで通過したのはリエピンスだったが、オウシアンも2位と着実にポイントを重ねる。そして今大会唯一得点が2倍(20ポイント)与えられる1級山岳に入ると、逃げ集団から飛び出したジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス)にオウシアンが反応し、トップ通過で山岳賞ジャージを守った。なお翌日以降は平坦の個人タイムトライアルと、2級山岳しかない最終日の第7ステージため、これにより2位のリエピンスに20点差をつけたオウシアン山岳賞が事実上確定している。

激しい山岳賞争いを繰り広げたエミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)とルーカス・オウシアン(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)激しい山岳賞争いを繰り広げたエミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)とルーカス・オウシアン(ポーランド、ポーランドナショナルチーム) (c)Tour de Pologne
序盤から絶えず集団先頭を引いたイネオス・グレナディアーズ序盤から絶えず集団先頭を引いたイネオス・グレナディアーズ (c)Tour de Pologneレース後半に逃げ集団と形成したローレンス・ワーバス(アメリカ、AG2Rシトロエン)ら4名レース後半に逃げ集団と形成したローレンス・ワーバス(アメリカ、AG2Rシトロエン)ら4名 photo:CorVos

メイン集団はクフィアトコフスキで2018年の再現を狙うイネオス・グレナディアーズが積極的な牽引で、逃げていた選手たちを吸収していく。残り30km地点の1級山岳の下りから単独走行になったリカールト。そこにメイン集団から飛び出したローレンス・ワーバス(アメリカ、AG2Rシトロエン)とショーン・ベネット(アメリカ、クベカ・アソス)、トーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・スーダル)の3名が合流した。

4名の先行集団が40秒差で周回コースに突入。しかし、相変わらずイネオスが積極的に牽引するメイン集団に残り3km地点で吸収されると、テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)を先頭にフラムルージュ(残り1km)を通過する。

ゲイガンハートの引きが終わり、コースいっぱいに広がった集団の中央付近でミヒャエル・シュヴァルツマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を含む4名程度の落車が発生。それにより人数の絞られた先頭集団の右側から、ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)がステファノ・オルダーニ(イタリア)を引き連れ加速した。

残り200mでオルダーニの番手についていたクイントン・ヘルマンス(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が飛び出し、オルダーニとの一騎打ちかと思われたがこの2人の加速が伸びない。ニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)とマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)の猛追が届き、2人がフィニッシュラインを目がけてハンドルを投げた。勝負の行方は写真判定に託され、アルントが僅かの差で勝利を掴んだ。

ハンドルを投げるスプリントを制したニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)とマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)ハンドルを投げるスプリントを制したニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)とマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス) photo:CorVos
「一日を通して調子が良く、特に最終周の感触は素晴らしいものだった。だが選手が右から左から入り乱れるとても厳しいスプリントだった。それでもなんとか加速し、長いスプリントの末に最後はモホリッチとどちらが勝ったのか分からなかった。チームに勝利を届けることができ本当に嬉しいよ」と、プロデビューから今年で同じチームで9シーズン目を迎えたアルントは語る。「僕はいつもチームメイトのサポートという役割を楽しみながら全うしているのだが、今日は僕が勝利を託された。何よりもチームが僕の勝利を信じてくれたのが嬉しかった」。

リーダージャージはステージ4位のジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)がキープ。ステージ2位で総合でも2位につけるモホリッチはそのタイム差を2秒に縮めた。総合は明日の平坦な19km個人タイムトライアルで激しく争われそうだ。

2年振りの勝利となったニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)2年振りの勝利となったニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM) photo:CorVos
ツール・ド・ポローニュ2021 第5ステージ結果
1位ニキアス・アルント(ドイツ、チームDSM)4:02:20
2位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
3位ステファノ・オルダーニ(イタリア、ロット・スーダル)
4位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)
5位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
6位クイントン・ヘルマンス(ベルギー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
7位ダヴィド・デッケル(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)
8位ジェイク・スチュワート(イギリス、グルパマFDJ)
9位アンドレア・ヴェンドラーメ(イタリア、AG2Rシトロエン)
10位ミッケルフレーリク・ホノレ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
124位別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)14:03
個人総合成績
1位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ22:54:44
2位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:02
3位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:14
4位ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)0:21
5位ロレンツォ・ロータ(イタリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)0:32
6位ジョヴァンニ・アレオッティ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)
7位ディラン・トゥーンス(ベルギー、バーレーン・ヴィクトリアス)
8位エイネルアウグスト・ルビオ(コロンビア、モビスター)0:36
9位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
10位ミッケルフレーリク・ホノレ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:37
その他の特別賞
ポイント賞マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
山岳賞ルーカス・オウシアン(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)
チーム総合成績アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ
text:Sotaro.Arakawa
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 NEPTUN スモークオイルサーディン(スプラット)ポーランド産110g3缶セット
カテゴリー: Grocery
メーカー: WILLBO
参考価格: ¥970
最安価格: ¥970
アマゾン価格: ¥970
の画像 ポーランド軍 ポンチョテント一式 サイズ2(170-180)軍倉庫放出品
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ポーランド軍
参考価格: ¥25,800
最安価格: ¥25,800
アマゾン価格: ¥25,800
の画像 IBG 1/35 ポーランド軍 7TP 単砲塔型戦車 フルインテリア ポーランド戦車兵・金属砲身付 プラモデル PB35074L
カテゴリー: Toy
メーカー: IBG
参考価格: ¥6,751
最安価格: ¥6,751
アマゾン価格: ¥6,751