7日間に戻ったツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)が開幕。別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)が参戦するステージレースの初日、登坂スプリントでフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)が勝利した。



ルブリンの街から第78回ツール・ド・ポローニュがスタートルブリンの街から第78回ツール・ド・ポローニュがスタート (c)Tour de Pologne
ツール・ド・ポローニュ2021 第1ステージ コースプロフィールツール・ド・ポローニュ2021 第1ステージ コースプロフィール (c)Tour de Pologne8月9日(月)から15日(日)までの一週間、ポーランド南部を舞台にしたツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)が開幕した。

ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)とファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)の落車事故に騒然とした昨年はコロナ禍で5日間日程だったものの、第78回目を迎えた2021年大会は正規の7日間へと復活。ブエルタ・ア・エスパーニャと会期が2日間重なるためマイヨロホを狙うオールラウンダーたちの出場はないものの、ポローニュの丘陵レイアウトで強みを見せるパンチャーや「登れるスプリンター」たちが多数集結した。

合計1142kmを走る7日間の内訳は、パンチャー向けステージが4、スプリンター向けステージが2、そして19kmの個人タイムトライアルが1。タイム差がつきにくいコース設定であり、かつ中間スプリントやフィニッシュにボーナスタイムが設けられているため、総合成績は数秒を争う激しい戦いになるはずだ。なお、前述の落車を大きなものにした下りスプリントフィニッシュは廃止され、衝突してもダメージの少ないコースバリアの設置など、安全面においても配慮がなされている。

今年はUAEチームエミレーツと5年契約を結んだジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)やマテイ・モホリッチ(スロベニア、UAEチームエミレーツ)、年初に心筋炎の手術を経て以降変わらず第一線で活躍しているディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)、ポーランドの期待を背負うミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)といった面々が集結。7月末のツール・ド・ワロニーで久々のレース復帰した別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)も参戦中だ。

中間スプリントポイントで先着し、ボーナスタイムを稼いだエフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)中間スプリントポイントで先着し、ボーナスタイムを稼いだエフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック) (c)Tour de Pologne
おどけるトーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・スーダル)たちおどけるトーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・スーダル)たち (c)Tour de Pologne
ルブリンを出発し、ウクライナ国境に近い街ヘウムまでの216.4kmで争われた第1ステージで逃げたのはエフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)、ショーン・ベネット(アメリカ、クベカ・ネクストハッシュ)、そしてミハウ・パルタ(ポーランドナショナルチーム)の3名。合計3箇所設定されたスプリントポイントのうち、2箇所で先着したフェドロフはボーナスタイムを稼ぎ、この日最終的に総合3位までジャンプアップに成功している。

UAEチームエミレーツやドゥクーニンク・クイックステップなど有力チームがメイン集団のペースを上げ、45kmを切って逃げグループは吸収される。ここから一箇所残されたスプリントポイントに向けて、各チームの激しい位置取り合戦が始まった。

長閑な郊外を走るプロトン長閑な郊外を走るプロトン (c)Tour de Pologne
3箇所目の中間スプリントポイントで先着したミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)3箇所目の中間スプリントポイントで先着したミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ) (c)Tour de Pologne
ロット・スーダルを押しのけてイネオス・グレナディアーズがリードアウトトレインを組み、クフィアトコフスキは対抗したモホリッチを下して狙い通りボーナスタイムを獲得。このカウンターでヨス・ファンエムデン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)たちが飛び出したものの、ゴールスプリントを狙うメイン集団に残り14km地点で引き戻された。

アップダウンコースで次々と掛かるアタックは潰され、ドゥクーニンク・クイックステップ主導の高速トレインが先行する。タイトコーナーが連続する市街地コースを駆け抜け、最後に控える石畳登坂へ。ペースダウンを強いられる上り勾配の残り300m地点から、アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)が発進した。

フィニッシュに向けてドゥクーニンク・クイックステップ先導で突き進むフィニッシュに向けてドゥクーニンク・クイックステップ先導で突き進む (c)Tour de Pologne
アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)を追い抜くフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)を追い抜くフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Tour de Pologne
上りスプリントで勝利したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)上りスプリントで勝利したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Tour de Pologne
「最終盤はハードで、数人が早めに仕掛けていたのでその流れに乗った。最後まで逃げ切れると信じた」と言うホッジは大きなリードを稼いだものの、唯一フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)が追い上げて並び、二人がハンドルを投げ込んでフィニッシュ。体力を搾り尽くすような登坂スプリントで勝利したのはバウハウスだった。

「(フェルナンド)ガビリアの背後につけていたけれど、彼がクイックステップの隊列と距離を空けていたので不安になり、自らその差を詰める必要があった。僅かな上り勾配だったので最後の150mに向けて脚を貯め、そこからもう一段階加速した。ホッジを捕まえなければならなかったけれど、やり遂げたよ」と話すバウハウス。今季6勝目を挙げた27歳はボーナスタイム10秒を得て総合リーダージャージにも袖を通している。

リーダージャージに袖を通したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)リーダージャージに袖を通したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Tour de Pologne
ツール・ド・ポローニュ2021 第1ステージ結果
1位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)5:01:24
2位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
3位ユーゴ・オフステテール(フランス、イスラエル・スタートアップネイション)
4位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
5位ダヴィド・デッケル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
6位ディオン・スミス(ニュージーランド、バイクエクスチェンジ)
7位ジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
8位ビニヤム・ギルマイ(エリトリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
9位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
10位ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)
104位別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)0:44
個人総合成績
1位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)5:01:14
2位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:04
3位エフゲニー・フェドロフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)
4位ユーゴ・オフステテール(フランス、イスラエル・スタートアップネイション)0:06
5位ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド、イネオス・グレナディアーズ)0:07
6位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:08
7位エミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)0:09
8位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)0:10
9位ダヴィド・デッケル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
10位ディオン・スミス(ニュージーランド、バイクエクスチェンジ)
その他の特別賞
ポイント賞フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)
山岳賞ミハウ・パルタ(ポーランド、ポーランドナショナルチーム)
チーム総合成績バーレーン・ヴィクトリアス
Text:So.Isobe
Photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 NEPTUN スモークオイルサーディン(スプラット)ポーランド産110g3缶セット
カテゴリー: Grocery
メーカー: WILLBO
参考価格: ¥970
最安価格: ¥970
アマゾン価格: ¥970
の画像 ポーランド軍 ポンチョテント一式 サイズ2(170-180)軍倉庫放出品
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ポーランド軍
参考価格: ¥25,800
最安価格: ¥25,800
アマゾン価格: ¥25,800
の画像 IBG 1/35 ポーランド軍 7TP 単砲塔型戦車 フルインテリア ポーランド戦車兵・金属砲身付 プラモデル PB35074L
カテゴリー: Toy
メーカー: IBG
参考価格: ¥6,751
最安価格: ¥6,751
アマゾン価格: ¥6,751