チームリーダーのペテル・サガンのリタイアに伴い、逃げ切りに作戦を変更したボーラ・ハンスグローエ。ツール・ド・フランス第12ステージの終盤12kmを独走したニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が自身初のステージ優勝を飾った。


スタート地点でリタイアを告げるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)スタート地点でリタイアを告げるペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
7月8日(木)第12ステージ
サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム
距離:159.4km
獲得標高差:1,700m
天候:晴れ
気温:26度

7月8日(木)第12ステージ サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム 159.4km7月8日(木)第12ステージ サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム 159.4km image:A.S.O.7月8日(木)第12ステージ サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム 159.4km7月8日(木)第12ステージ サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム 159.4km image:A.S.O.

ピレネー山脈に向かうトランジション(移動)が始まった。サン=ポール=トロワ=シャトーをスタートする第12ステージは、序盤から細かいアップダウンと小刻みなワインディングを繰り返すアルデッシュ峡谷を通過。中盤にかけて3級山岳も設定された獲得標高差1,700mのアップダウンコースだが、スプリンターに残された数少ないチャンスでもある。

ニームに向かう道のりはカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が勝利した2019年大会第16ステージとほぼ同じで、サルバドールアジェンデ通りのフィニッシュラインも同じ。マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)がエディ・メルクスの記録ステージ34勝に並ぶことができるかに注目が集まったものの、前日に過酷なモンヴァントゥー二重登坂のタイムリミットと戦って疲弊した多くのスプリンターチームは作戦Bを実行した。

カテゴリー山岳とスプリントポイント
83.7km地点 3級山岳タロー峠(全長4.4km・平均4.6%)
132.7km地点 スプリントポイント

マイヨアポワのナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)と仲良くスタートに向かうナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)マイヨアポワのナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)と仲良くスタートに向かうナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック) photo:Kei Tsuji


アラフィリップら13名がアルデッシュ峡谷を逃げる

朝から強い北風がローヌ渓谷を吹き抜けた。ニームに向かって南下するレースは概ね追い風の中を走ることになる。レースの高速化が予想されるため主催者はスタート時間を10分間遅らせた。

第3ステージで落車した際にチェーンリングで負傷した膝が完治せず、調子を落としていたペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)はスタート地点のインタビューでDNSを宣言。8度目のマイヨヴェール獲得を逃したばかりか、2012年から続いていたツール完走記録が9で途絶えたサガンを除く155名がサン=ポール=トロワ=シャトーをスタートする。

案の定、ローヌ川をわたってすぐの平坦区間でレースは超高速化した。60km/hを超えるハイスピードで進行したメイン集団の後方ではエシュロンが発生。ピエール・ラトゥール(フランス、トタルエネルジー)やゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)、ヤコブ・フルサン(デンマーク、アスタナ・プレミアテック)らが後方に取り残されたものの、アルデッシュ峡谷のアップダウンが始まると風は弱まり、ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ら13名が飛び出したところでメイン集団はペースを落とした。

逃げグループを形成した13名
アンドレ・グライペル(ドイツ、イスラエル・スタートアップネイション)
エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
イマノル・エルビティ(スペイン、モビスター)
ニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
ハリー・スウェニー(オーストラリア、ロット・スーダル)
シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)
シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーション・NIPPO)
コナー・スウィフト(イギリス、アルケア・サムシック)
ブレント・ファンムール(ベルギー、ロット・スーダル)
ルカ・メズゲッツ(スロベニア、バイクエクスチェンジ)
セルヒオルイス・エナオ(コロンビア、クベカ・ネクストハッシュ)
エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、トタルエネルジー)

ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)を含む逃げグループジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)を含む逃げグループ photo:Kei Tsuji
アルデッシュ峡谷を通過するマイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)アルデッシュ峡谷を通過するマイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji
アンドレ・グライペル(ドイツ、イスラエル・スタートアップネイション)やニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を含む逃げグループアンドレ・グライペル(ドイツ、イスラエル・スタートアップネイション)やニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)を含む逃げグループ photo:Luca Bettini
ドゥクーニンク・クイックステップをはじめとするスプリンターチームも逃げに選手を乗せ、グライペルやトゥーンス、ボアッソンハーゲンといった自ら集団スプリントを狙えるスピード自慢もエスケープ。スプリンターを擁するアルペシン・フェニックスやバーレーン・ヴィクトリアス、ユンボ・ヴィスマ、コフィディス、チームDSMが集団牽引に興味を示さなかったため、ステージ序盤の時点で先頭13名の逃げ切りはほぼ確定する。逃げに乗った総合22位エナオは50分57秒遅れ。UAEチームエミレーツにも逃げグループを懸命に追いかける理由がなく、フィニッシュまで90kmを残してタイム差は10分を超えた。

この日唯一のカテゴリー山岳である3級山岳タロー峠を越えた時点でタイム差は11分50秒。タイム差が12分45秒を超えた残り50km地点で逃げグループの中からステージ優勝争いが始まる。ポリッツのアタックをきっかけに協調体制は崩れ、残り40km地点でキュング、エルビティ、スウェニー、ポリッツの4名が抜け出して先頭グループを形成する。

まだステージ優勝経験のない4名の先行。追走グループではアラフィリップがカウンターアタックを仕掛けたものの、先頭とのタイム差30秒を詰めることができずに引き戻される。すると、スプリントポイントを先頭通過したポリッツが残り12km地点の短い登りを利用して飛び出した。

総合に関係のない逃げグループを見送ったメイン集団内で走るタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)総合に関係のない逃げグループを見送ったメイン集団内で走るタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Luca Bettini
残り12km地点から独走したニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)残り12km地点から独走したニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Luca Bettini
ポリッツに先行を許したイマノル・エルビティ(スペイン、モビスター)らポリッツに先行を許したイマノル・エルビティ(スペイン、モビスター)ら photo:Luca Bettini
カチューシャ・アルペシン時代の2019年パリ〜ルーベで2位に入った大柄なルーラーがニームまで独走した。追走したエルビティとスウェニーとのタイム差を広げながらポリッツが独走フィニッシュ。追い風が吹いていたこともあり、独走開始からフィニッシュラインまでの平均スピードは57.2km/hだった。

2018年ドイツツアーでステージ優勝を飾っているポリッツが6年間のプロキャリアの中で2勝目。サガンがリタイアしたこの日、ボーラ・ハンスグローエに念願のステージ1勝目をもたらしたポリッツは、フィニッシュ後にバイクを高く掲げて喜んだ。「ペテル・サガンのリタイアは残念だったけど、ここ数日間調子の良さを感じていたので逃げに乗ることにした。逃げグループにはスプリンターが揃っていたので、ハードな展開に持ち込んで早めにアタックすることにしたんだ。全開でアタックして、独走でステージ優勝するなんて夢のようだ」。

メイン集団はマイヨヴェールを着るカヴェンディッシュを先頭に15分53秒遅れでフィニッシュ。マイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)は平穏に集団内で第12ステージを終えている。

独走でフィニッシュに飛び込むニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)独走でフィニッシュに飛び込むニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Luca Bettini
メイン集団の先頭でフィニッシュするマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)メイン集団の先頭でフィニッシュするマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
ステージ優勝とステージ敢闘賞を獲得したニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)ステージ優勝とステージ敢闘賞を獲得したニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
マイヨジョーヌと黄色いライオンを受け取ったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)マイヨジョーヌと黄色いライオンを受け取ったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji
ツール・ド・フランス2021第12ステージ結果
1位ニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)3:22:12
2位イマノル・エルビティ(スペイン、モビスター)0:00:31
3位ハリー・スウェニー(オーストラリア、ロット・スーダル)
4位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)0:01:58
5位ルカ・メズゲッツ(スロベニア、バイクエクスチェンジ)0:02:06
6位アンドレ・グライペル(ドイツ、イスラエル・スタートアップネイション)
7位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
8位ブレント・ファンムール(ベルギー、ロット・スーダル)
9位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
10位セルヒオルイス・エナオ(コロンビア、クベカ・ネクストハッシュ)
DNSペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)47:22:43
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)0:05:18
3位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:05:32
4位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)0:05:33
5位ベン・オコーナー(オーストラリア、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:05:58
6位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)0:06:16
7位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:06:30
8位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:07:11
9位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)0:09:29
10位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:10:28
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)221pts
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)162pts
3位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)142pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)50pts
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)44pts
3位マイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)42pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)47:22:43
2位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:05:32
3位オレリアン・パレパントル(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:24:44
チーム総合成績
1位バーレーン・ヴィクトリアス143:03:26
2位アージェードゥーゼール・シトロエン0:10:01
3位イネオス・グレナディアーズ0:12:47
text:Kei Tsuji in Nîmes, France
Amazon.co.jp 
の画像 ガーミン Edge 530 Bundle ブラック
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥49,800
最安価格: ¥49,800
アマゾン価格: ¥49,800
の画像 ガーミン Edge 530 Bundle ブラック
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥49,800
最安価格: ¥49,800
アマゾン価格: ¥49,800