前日の集団スプリントで2位に入ったワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィスマ)がモンヴァントゥーを2度登る難関山岳ステージで逃げ切り勝利。ツール・ド・フランス第11ステージで、チームメイトのヨナス・ヴィンゲゴーが登りでマイヨジョーヌを引き離す走りを見せた。



プロヴァンスらしい煉瓦色の街並みを横目に進むプロヴァンスらしい煉瓦色の街並みを横目に進む photo:Luca Bettini
7月7日(水)第11ステージ
ソルグ〜マロセーヌ
距離:198.9km
獲得標高差:4,600m
天候:晴れ
気温:18〜30度

7月7日(水)第11ステージ ソルグ〜マロセーヌ 198.9km7月7日(水)第11ステージ ソルグ〜マロセーヌ 198.9km image:A.S.O.7月7日(水)第11ステージ ソルグ〜マロセーヌ 198.9km7月7日(水)第11ステージ ソルグ〜マロセーヌ 198.9km image:A.S.O.

ツール・ド・フランス第11ステージには「魔の山」を2度登る難関コースが用意された。遠方からその姿を仰ぐことができる「プロヴァンスの巨人」こと単独峰モンヴァントゥーを2回登っては下るを繰り返すコースの獲得標高差は4,600mに達する。

「風の山」という名前が示す通り、モンヴァントゥーは一年を通して風が強く、荒凉とした禿山には風や太陽から身を守る樹木が存在しない。1回目がカテゴリー1級で、2回目がカテゴリー超級。アンテナ塔が立ったモンヴァントゥー頂上の2回目にはボーナスタイム(8秒、5秒、2秒)が設定されており、そこから22kmにわたるダウンヒルをこなしてようやくフィニッシュにたどり着く。

スタート時点ですでに気温は高く、この日は最高気温が30度まで上昇。前日同様に雷雨の予報が出ていたが、プロヴァンスにはほぼ1日を通して夏らしい熱い太陽が降り注いだ。

カテゴリー山岳とスプリントポイント
32.1km地点 4級山岳フォンテーヌ=ド=ボークリューズ峠(全長1.9km・平均6%)
40.2km地点 スプリントポイント
43.7km地点 4級山岳ゴルド峠(全長2.5km・平均5.1%)
83.6km地点 1級山岳ラ・リギエール峠(全長9.3km・平均6.7%)
122.5km地点 1級山岳モンヴァントゥー(全長22km・平均5.1%)
176.9km地点 ボーナス/超級山岳モンヴァントゥー(全長15.7km・平均8.8%)


アラフィリップにファンアールトが合流し、モンヴァントゥーへ

正式スタートともに始まったアタック合戦で逃げへの意欲を見せたのはジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)。マイヨアポワを守るためになんとしても逃げに乗りたいナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)を振り切って独走に持ち込んだ世界チャンピオンには、ステージ序盤の2連続4級山岳でダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)とアントニー・ペレス(フランス、コフィディス)、そして1回目の休息日の記者会見で質問されるまで「モンヴァントゥーの山頂フィニッシュだと思っていた」というピエール・ロラン(フランス、B&Bホテルズ・KTM)の3名が追いついた。

スタート直後からアタックを繰り返したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)スタート直後からアタックを繰り返したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
追走グループでじわりと先頭とのタイム差を詰めるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)ら追走グループでじわりと先頭とのタイム差を詰めるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)ら photo:Luca Bettini
ラベンダー畑の広がる南仏プロヴァンスを走るラベンダー畑の広がる南仏プロヴァンスを走る photo:Luca Bettini
イネオス・グレナディアーズ率いるメイン集団イネオス・グレナディアーズ率いるメイン集団 photo:Luca Bettini
アラフィリップグループの後方ではワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)やジュリアン・ベルナール(フランス、トレック・セガフレード)、バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)、ケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)、グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)、ヴェガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)ら13名が追走グループを組織したものの、先頭に追いつくことができないまま続く1級山岳ラ・リギエール峠へ。ツール初登場のこの登りをマーティンが先頭で初登頂を果たすと、30秒遅れで追走グループ、5分遅れでイネオス・グレナディアーズ率いるメイン集団が続いた。

セミが乾いた泣き声を響かせ、オリーブの樹やラベンダー畑が広がる下界を離れ、いよいよ選手たちの目の前には「魔の山」モンヴァントゥーが現れる。全長22kmに達する1級山岳の突入前に、長らく追走していたグループが先頭4名に合流。セレクションの末にアラフィリップやファンアールトら7名が抜け出した。

イネオス・グレナディアーズが牽引するメイン集団は5分遅れのまま、総合10位ダヴィド・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)やマイヨアポワのキンタナをふるい落としながら1回目の「魔の山」を登っていく。濃霧と晴れを頻繁に切り替える頂上が近づくと先頭に追走モレマが追いつき、アラフィリップを先頭に下り区間に突入した。

1回目のモンヴァントゥーを登るジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ら1回目のモンヴァントゥーを登るジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ら photo:Luca Bettini
霧に覆われたモンヴァントゥーの頂上を目指す逃げグループ霧に覆われたモンヴァントゥーの頂上を目指す逃げグループ photo:Kei Tsuji
イネオス・グレナディアーズを先頭に1回目のモンヴァントゥーを登るプロトンイネオス・グレナディアーズを先頭に1回目のモンヴァントゥーを登るプロトン photo:Kei Tsuji
2回目のモンヴァントゥーでファンアールトとヴィンゲゴーが動く

先頭に3名(エリッソンド、モレマ、ベルナール)を揃えたトレック・セガフレードが逃げグループを率い、やがて最後の超級山岳モンヴァントゥーの登りでベルナールが力尽きるとエリッソンドがアタック。後方では、ベルギーチャンピオンのファンアールトが世界チャンピオンのアラフィリップらを振り切って単独追走モードに入る。

西側からの2回目のモンヴァントゥー登坂は東側からの1回目よりも距離は短いものの勾配が大きい。延々と10%前後の勾配が続く登坂前半に先頭エリッソンドに追いついたファンアールトは、頂上まで11kmを残して、フィニッシュまで33kmを残して独走に持ち込んだ。

先頭エリッソンドに追いついて2回目のモンヴァントゥーに挑むワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)先頭エリッソンドに追いついて2回目のモンヴァントゥーに挑むワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Luca Bettini
ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)が献身的にメイン集団を牽引ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)が献身的にメイン集団を牽引 photo:Luca Bettini
独走で2回目のモンヴァントゥーを登るワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)独走で2回目のモンヴァントゥーを登るワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Luca Bettini
バカンスシーズンに入ったこともあり、前週よりも明らかに多いベルギー人応援団に後押しされてファンアールトが独走。樹々に覆われた登りを終えて、5年前にクリストファー・フルーム(イギリス)がランニングした中腹のシャレ・レナールを通り過ぎ、横風が吹き付ける登り後半に差し掛かる。遅れたエリッソンドはモレマとともに追走を続けたものの、一定ペースで登り続ける先頭ファンアールトとのタイム差は広がっていった。

イネオス・グレナディアーズ率いるメイン集団はモンヴァントゥー前半の急勾配区間で人数を減らし、ここで総合2位ベン・オコーナー(オーストラリア、アージェードゥーゼール・シトロエン)が脱落。イネオス・グレナディアーズのリッチー・ポート(オーストラリア)に続いてミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド)が集団先頭に立ち、ラファウ・マイカ(ポーランド、UAEチームエミレーツ)もペースアップに尽力。アシスト陣が姿を消してエースの勝負に持ち込まれると、総合4位のヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)が仕掛けた。

頂上まで2kmを残したタイミングで加速したヴィンゲゴーにはタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)だけがしっかりと反応。しかし、しばらくしてマイヨジョーヌが遅れ始めた。

2回目のモンヴァントゥーでメイン集団のペースを上げるラファウ・マイカ(ポーランド、UAEチームエミレーツ)2回目のモンヴァントゥーでメイン集団のペースを上げるラファウ・マイカ(ポーランド、UAEチームエミレーツ) photo:Luca Bettini
2回目のモンヴァントゥーでタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)を引き離したヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)2回目のモンヴァントゥーでタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)を引き離したヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ) photo:Luca Bettini
フィニッシュに向かってハイスピードダウンヒルをこなすワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)フィニッシュに向かってハイスピードダウンヒルをこなすワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Kei Tsuji
フィニッシュに向かって独走するワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)フィニッシュに向かって独走するワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Kei Tsuji
今大会初とも言えるポガチャルの失速。トレック・セガフレードの2人に1分05秒差をつけて先頭でモンヴァントゥーを登り切ったファンアールトから1分20秒遅れでヴィンゲゴー、2分遅れでポガチャル、2分05秒遅れでリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)とリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)という位置関係でフィニッシュに至る下り区間へ。

ファンアールトの超級山岳モンヴァントゥー(全長15.7km・平均8.8%)登坂タイムは51分53秒。ヴィンゲゴーは48分24秒だった。参考までに2009年にアンディ・シュレク(ルクセンブルク)とアルベルト・コンタドール(スペイン)は48分56秒、2013年にフルームは48分35秒で登坂。歴代最高記録は2004年にイバン・マヨ(スペイン)がドーフィネの個人TTで記録した45分47秒で、1994年マルコ・パンターニ(イタリア)の46分00秒が続く。

エリッソンドとモレマの懸命の追走も届かずに、トップスピードが100km/hを超えるモンヴァントゥーの下りをスムーズに走ったファンアールトがステージ優勝。2019年のステージ1勝と2020年のステージ2勝に続いて、難関山岳ステージでステージ通算4勝目を飾った。

モンヴァントゥーの下りをこなすマイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)モンヴァントゥーの下りをこなすマイヨジョーヌのタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji
モンヴァントゥーを下るグルペットモンヴァントゥーを下るグルペット photo:Kei Tsuji
「まさかこのステージで勝てるとは思っていなかった。昨日になって、もし逃げに乗ることができれば、ステージ優勝のチャンスがあるんじゃないかと感じたんだ。ロードレースにおいて最も象徴的な登りであるモンヴァントゥーでの勝利。キャリア最大の勝利かもしれない。できると信じていれば全て可能だと思っていた。自分が成し遂げたことを誇りに思う」と26歳のファンアールトは語る。引き続きヴィンゲゴーのアシストを担うが、自身も総合13位に浮上している。

下り区間でヴィンゲゴーはリードを失い、40秒近いタイム差を詰めたポガチャルとウラン、カラパスが合流。今大会最も登れているこの4名は、ファンアールトから1分38秒遅れでフィニッシュにたどり着いた。

独走でフィニッシュまで逃げ切ったワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)独走でフィニッシュまで逃げ切ったワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Luca Bettini
5分35秒遅れたオコーナーが総合2位から総合5位まで順位を下げたのに対し、総合首位ポガチャルがリードを守り、ウランとヴィンゲゴーがそれぞれ総合2位と総合3位に浮上。25分以上遅れたゴデュに代わってペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)が総合トップ10入りしている。

初めてのモンヴァントゥーでマイヨジョーヌを守ったポガチャルは「2回目の登坂は麓からずっとハイペースだった。ヨナス・ヴィンゲゴーがアタックした時、ただ着いていくことができなかった。彼のペースに着いて行こうとした結果、失速してしまったんだ。ヴィンゲゴーから遅れてからはとにかく落ち着いて自分のペースを保とうと努めた。それに、頂上手前だったので、下りで追いつけると思った。幸いウランとカラパスと協力して彼を引き戻すことができたので、良い一日になったよ」とコメントする。総合2位以下とは依然として5分以上の大差がついている。

ポガチャルに対して攻撃に出たユンボ・ヴィスマとイネオス・グレナディアーズ。しかしそれぞれトニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィスマ)とルーク・ロウ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)という平坦ステージで重要な役割を担うルーラーを失う結果になっている。マルティンは落車によりリタイア。ロウはタイムリミット内に走り切ることができなかった。

この日のタイムリミットは47分39秒遅れ(ステージ優勝者+15%)。この日もマイヨヴェールのマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)はチームメイトに守られて走り切った。グルペットから一人遅れたセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チームDSM)タイムリミットまで3秒でフィニッシュに滑り込んでいる。マルティンとロウの他にもヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)やティシュ・ベノート (ベルギー、チームDSM)ら合計8名がレースを去った。

マイヨジョーヌを守ったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)マイヨジョーヌを守ったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Luca Bettini
ツール・ド・フランス2021第11ステージ結果
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)5:17:43
2位ケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)0:01:14
3位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
4位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:01:38
5位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)
6位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)
7位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)
8位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:01:56
9位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)
10位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:03:02
11位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:03:28
12位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)0:04:05
15位ベン・オコーナー(オーストラリア、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:05:35
73位ダヴィド・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)0:25:07
OTLルーク・ロウ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)
DNFマイルズ・スコットソン(オーストラリア、グルパマFDJ)
DNFダニエル・マクレー(イギリス、アルケア・サムシック)
DNFクレモン・ルッソ(フランス、アルケア・サムシック)
DNFティシュ・ベノート (ベルギー、チームDSM)
DNFトッシュ・ファンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)
DNFトニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィスマ)
DNFヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)43:44:38
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)0:05:18
3位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:05:32
4位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)0:05:33
5位ベン・オコーナー(オーストラリア、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:05:58
6位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)0:06:16
7位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:06:30
8位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:07:11
9位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)0:09:29
10位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:10:28
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)218pts
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)160pts
3位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)142pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)50pts
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)44pts
3位マイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)42pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)43:44:38
2位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:05:32
3位オレリアン・パレパントル(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:24:44
チーム総合成績
1位バーレーン・ヴィクトリアス132:09:11
2位アージェードゥーゼール・シトロエン0:10:01
3位イネオス・グレナディアーズ0:12:47
text:Kei Tsuji in Mont Ventoux, France
Amazon.co.jp 
の画像 ガーミン Edge 530 Bundle ブラック
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥49,800
最安価格: ¥49,800
アマゾン価格: ¥49,800
の画像 ガーミン Edge 530 Bundle ブラック
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ガーミン(GARMIN)
参考価格: ¥49,800
最安価格: ¥49,800
アマゾン価格: ¥49,800