13年前に自身初のステージ優勝を飾ったシャトールーで再びマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)が勝利。ツール・ド・フランス第6ステージを締めくくる大集団スプリントでカヴェンディッシュが今大会ステージ2勝目、ステージ通算32勝目を飾った。



晴れ渡る青空とレインボージャージ晴れ渡る青空とレインボージャージ photo:Kei Tsuji
7月1日(木)第6ステージ
トゥール〜シャトールー
距離:160.6km
獲得標高差:850m
天候:快晴
気温:25度

7月1日(木)第6ステージ トゥール〜シャトールー 160.6km7月1日(木)第6ステージ トゥール〜シャトールー 160.6km image:A.S.O.7月1日(木)第6ステージ トゥール〜シャトールー 160.6km7月1日(木)第6ステージ トゥール〜シャトールー 160.6km image:A.S.O.

ブルターニュからアルプス山脈まで国土を斜めに横断する道中にプロトンはロワール渓谷を通過する。サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏のトゥールからシャトールーまで南下する160.6kmコースに大きな起伏は登場せず、4級山岳が一つ設定されただけ。獲得標高差が900mに満たない平坦ステージはスプリンターのためのものだ。

開幕からここまで不安定な天候が続き、常に気温が20度を下回っていたが、スタート地点トゥールの街には夏らしい太陽が燦々と降り注いだ。最高気温は26度まで上がり、「涼しい」から「暖かい」を通り越して「暑い」ツールがようやく始まった。

カテゴリー山岳とスプリントポイント
72.6km地点 4級山岳サンテニャン(全長2.1km・平均2.9%)
104.3km地点 スプリントポイント

ツール・ド・フランスに熱い太陽がやってきたツール・ド・フランスに熱い太陽がやってきた photo:Kei Tsuji前日の個人TTで勝利したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)前日の個人TTで勝利したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji



ファンアーヴェルマートやデヘントが果敢にアタック

ステージ後半にかけて強風が吹けば総合争いも加熱すると見られたが、この日の風は沿道の応援旗を優しく揺らしただけ。集団ペースアップが予想されないことから、逃げ切りのチャンスだと判断したチームがスタート直後からアタックを連発した。

オリヴェル・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)やブレント・ファンムール(ベルギー、ロット・スーダル)の飛び出しを皮切りに高速アタック合戦が始まり、総合で1分40秒遅れのカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)を含む8名の逃げが形成される。スプリンターチームであるドゥクーニンク・クイックステップやボーラ・ハンスグローエ、アルペシン・フェニックスが選手を乗せたこの逃げは、ローテーションがうまく回らないながらも高速走行を続けた。

序盤に逃げグループを形成した8名
カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ニルス・ポリッツ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
ジョナス・リカールト(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)
セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チームDSM)
トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)
ゲオルク・ツィマーマン(ドイツ、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
トムス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)

ステージ序盤に形成された8名の逃げステージ序盤に形成された8名の逃げ photo:Kei Tsuji
アンボワーズ城を通過するマイヨジョーヌとマイヨブランアンボワーズ城を通過するマイヨジョーヌとマイヨブラン photo:Kei Tsuji
スタート直後から積極的に動いたグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)スタート直後から積極的に動いたグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン) photo:Luca Bettini
逃げに選手を送り損ねたチーム、そして強力な選手が揃う危険な逃げを許したくないチームであるアルケア・サムシックやグルパマFDJ、クベカ・ネクストハッシュの集団牽引によってタイム差は1分を超えない。タイム差が広がらない展開を嫌ったトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)が逃げグループの中からアタックを繰り返したが決まらず、最終的に独走に持ち込んだグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)にロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル)が追いつく形で2人の逃げが始まった。

31km地点から逃げ始めた2名
グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)
ロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル)

2人の逃げが決まるとようやくメイン集団は落ち着く2人の逃げが決まるとようやくメイン集団は落ち着く photo:Kei Tsuji
逃げるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)とロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル)逃げるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)とロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji
追いついたロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル)と2人で逃げるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン)追いついたロジャー・クルーゲ(ドイツ、ロット・スーダル)と2人で逃げるグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、アージェードゥーゼール・シトロエン) photo:Luca Bettini
マイヨヴェールを着るマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)マイヨヴェールを着るマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji


ドゥクーニンクとアルペシンを先頭にシャトールーへ

最初の1時間を平均スピード49.9km/hで駆け抜けたファンアーヴェルマートらを、アルペシン・フェニックスとドゥクーニンク・クイックステップ率いるメイン集団が追いかける。タイム差30秒で差し掛かったスプリントポイント(104.3km地点)では、マイヨヴェールを着るマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)がソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)とジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)、マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)に敗れて7番手通過に甘んじている。

逃げグループとメイン集団のタイム差は常に1分以内に押さえ込まれたが、フィニッシュまで45kmを残してコースが直線基調になるとファンアーヴェルマートとクルーゲがペースアップした。残り20km地点で15秒差まで縮まったタイム差を一旦は40秒まで戻した状態で残り10kmを切る。

緩い追い風に乗るファンアーヴェルマートとクルーゲは15秒程度のリードでフィニッシュ地点シャトールーに差し掛かったが、結局は残り2.5km地点で吸収。スプリンターチームを先頭にテクニカルコーナーを抜ける。

アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)のリードアウト役を務めるジャコポ・グアルニエーリ(イタリア、グルパマFDJ)が残り3km地点で落車した一方で、ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)も集団先頭に立ち、ドゥクーニンク・クイックステップが主導権を握ってフラムルージュを迎える。しかし、マイヨジョーヌのマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)に引き上げられたアルペシントレインが先頭に立った。

メルリールの後ろから発進するマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)メルリールの後ろから発進するマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
先頭に立つマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)先頭に立つマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:Luca Bettini
先頭でフィニッシュに向かうマイヨヴェールのマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)先頭でフィニッシュに向かうマイヨヴェールのマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji
ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)のリードアウトを受けたフィリプセンがスプリント開始のタイミングを図るその後ろに、ミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)のスリップストリームから乗り換えたカヴェンディッシュがすっぽりと入る。フィリプセンのスプリント開始を待たずに、メルリールのリードアウト中にカヴェンディッシュが先に腰を上げる。

下ハンドルを握り、低い大勢でもがき続けるマイヨヴェールがフィリプセンに並ぶ。番手につけていたナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)のスプリントも伸びたが(最高スピード73.5km/h)、道のど真ん中を走るカヴェンディッシュが最高スピード70.5km/hでフィニッシュラインを突き抜け、マイヨヴェールに合わせて用意された緑色のヘルメットを両手で抱えた。

残り30km地点からフィニッシュラインまでの平均スピードは55.3km/h。残り10kmに至っては平均スピード58.1km/hに達している。

ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)とナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)に先行を許さないマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)とナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)に先行を許さないマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
フィニッシュライン手前でハンドルから両手を離すマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)フィニッシュライン手前でハンドルから両手を離すマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
ヘルメットを抱えてフィニッシュするマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ヘルメットを抱えてフィニッシュするマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
今大会ステージ2勝目を飾ったマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)今大会ステージ2勝目を飾ったマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini


ステージ通算32勝目をマークしたカヴェンディッシュ

「今日も協力して集団を牽引したアルペシン・フェニックスは終盤にかけて最も速いトレインを組んだ。右側から風が吹いていたので、ミケル(モルコフ)に左側からポジションを上げてもらったものの、もう少しスプリント開始を遅らせたくてトレインを乗り換えたんだ。一日中チームメイトが働き続けてくれたし、残り数キロでは世界チャンピオンまで集団先頭を引いてくれた。彼らの働きに報いるスペシャルな勝利になった」。大会1週目最後の平坦ステージを制し、マイヨヴェールのリードを大きく広げたカヴェンディッシュはスプリントに向けた位置取りについてそう語る。

勝利を喜ぶマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)勝利を喜ぶマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
ステージ2勝目を飾ったマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ステージ2勝目を飾ったマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji
カヴェンディッシュにとってシャトールーは2008年に記念すべきステージ初優勝を飾った地であり、ツールが最後にシャトールーを訪れた2011年の第7ステージでも優勝。つまり、カヴェンディッシュはシャトールーにフィニッシュするステージで負けなしの3連勝。ちなみに13年前に勝利した際に、トップ10に入った選手の中で現役で走っているのはカヴェンディッシュだけだ。

今大会ステージ2勝目、ステージ通算32勝目。エディ・メルクスがもつステージ通算34勝まで残り2勝となったが、カヴェンディッシュは「そのことについては考えていない。ステージ1勝目であろうが、32勝目であろうが、ツールでステージ優勝したことには変わりないし、幸せな気持ちは変わらない」とコメントしている。なお、今大会にはパリシャンゼリゼを含めてスプリンター向きのステージが残り5つ用意されている。

チームメイトのフィリプセンが敗れたため、ファンデルプールは少し不本意な表情を浮かべながらマイヨジョーヌの表彰台に登壇した。翌日は終盤にかけて急勾配の2級山岳シニアル・デュションを含むアップダウンが組み込まれた今大会最長249.1kmステージ。ファンデルプールはタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)から8秒のリードを持ってこの中級山岳ステージに挑む。

マイヨヴェールのリードを広げたマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)マイヨヴェールのリードを広げたマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Luca Bettini
表情が晴れないマイヨジョーヌのマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)表情が晴れないマイヨジョーヌのマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:Luca Bettini
ツール・ド・フランス2021第6ステージ結果
1位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)3:17:36
2位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
3位ナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)
4位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
5位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
6位ケース・ボル(オランダ、チームDSM)
7位ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
8位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)
9位マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)
10位マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)20:09:17
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:08
3位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)0:00:30
4位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:48
5位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:01:21
6位ピエール・ラトゥール(フランス、トタルエネルジー)0:01:28
7位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)0:01:29
8位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:01:43
9位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)0:01:44
10位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:01:48
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)148pts
2位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)102pts
3位ナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)99pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位イーデ・スヘリンフ(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)5pts
2位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)4pts
3位アントニー・ペレス(フランス、コフィディス)3pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)20:09:25
2位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィスマ)0:01:35
3位ダヴィド・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)0:02:27
チーム総合成績
1位ユンボ・ヴィスマ60:32:02
2位EFエデュケーション・NIPPO0:02:25
3位バーレーン・ヴィクトリアス0:03:02
text:Kei Tsuji in Châteauroux, France
Amazon.co.jp 
の画像 マーク・カヴェンディッシュ
カテゴリー:
メーカー: 未知谷
参考価格: ¥2,750
最安価格: ¥2,750
アマゾン価格: ¥2,750
の画像 チェイシング・レジェンド(特典DVD付き2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
の画像 At Speed (English Edition)
カテゴリー: eBooks
メーカー: Ebury Digital