スイスで第74回ツール・ド・ロマンディが開幕。登坂フィニッシュが用意された4kmプロローグでローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)が最速タイムを叩き出した。ゲラント・トーマス(イギリス)が2位、リッチー・ポート(オーストラリア)が3位とイネオス勢が上位独占に成功している。



ステージ優勝:ローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ優勝:ローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
ツール・ド・ロマンディ2021プロローグ コースプロフィールツール・ド・ロマンディ2021プロローグ コースプロフィール (c)www.tourderomandie.ch第二次世界大戦後すぐの1947年に初開催され、コロナ禍による2020年大会中止を挟んで復活したツール・ド・ロマンディ(UCIワールドツアー)。今年で開催74回目を迎える歴史あるスイスのステージレースであり、2005年からUCIプロツアー(現UCIワールドツアー)カレンダーに組み込まれている。大会期間は6日間で、アルデンヌクラシックを走り終えたばかりの選手やグランツールに向けて調整を続ける選手たちがこぞって参戦中だ。

4kmのプロローグで開幕し、過酷な山岳ステージを挟んでフリブールでの個人タイムトライアルで終幕する2021年大会の合計獲得標高は過去最大の12,500m。最難関の第4ステージは前半と後半につづら折れの1級山岳を登り、最後は登坂距離20km/平均勾配7.6%という超級山岳ティヨン2000にフィニッシュする。

2016年から継続されている開幕プロローグの距離は4km。フランスと国境を隔てるレマン湖北側のオロンを走るコースの大半はフラットだが、ラスト800mから始まる平均勾配7.3%の登りをいかにこなすかが鍵を握る。このコースを誰よりも速く駆け抜けたのは、2018、2019年個人タイムトライアル世界王者のローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)だった。

パリ〜ニースの個人タイムトライアルを制し、フィニッシュタイム5分37秒でホットシートに座っていたシュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーションNIPPO)を11秒18上回る、5分26秒67を叩き出したデニス。現世界王者フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)やヨーロッパ王者のシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)といった重量級クロノマンが登りでペースを失った一方、「平坦区間でのロスを最小限に抑え、登りで全力を出す」という作戦を選んだデニスが勝利を掴んだ。

ステージ2位:ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)ステージ2位:ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
ステージ3位:リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ3位:リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
リーダージャージに袖を通したローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)リーダージャージに袖を通したローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
「フルガス(全力)、いや、フルガス以上だった。時間にして1分半の登りはパワーを出すこと以外にスピードを乗せる方法が無い。最後の7〜800mは本当に苦しんだよ。登りに入った時には遅すぎると感じていたけれど、登坂中にはそう思わなかった。最後の400mからは永遠に登りが続くかと思った」と言うデニスにとってはボルタ・カタルーニャ第2ステージに続く今季2勝目。キャリア通算勝利数を30にすると共に、黄色いリーダージャージを手に入れている。

「明日はスプリントになる可能性が高いのでリーダージャージをできるだけ長く守りたい。ただしメインはG(トーマス)とポートのために働くことになる。(この勝利で)最終日に向けての自信がついたし、フルパワーで走る短距離TTでこれだけの走りができることを示すことができた。ここまでのレースでとても上手く登りをこなしてきたし、良い1週間になると思う」と加えている。

イネオス・グレナディアーズはデニスから9秒遅れの2位にゲラント・トーマス(イギリス)を、同タイムの3位にリッチー・ポート(オーストラリア)を送り込むことに成功。圧倒的な戦力で総合ワンツースリー(総合優勝Aイェーツ、2位ポート、3位トーマス)を決めたカタルーニャの再来となるかに注目が集まっている。

TT世界王者フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)はステージ9位TT世界王者フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)はステージ9位 photo:CorVos
レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)はイネオス勢に一歩及ばずステージ4位で、ロマンディのプロローグと相性の良いヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)は6位に入った。
ツール・ド・ロマンディ2021プロローグ結果
1位ローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)5:26
2位ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)+0:09
3位リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)
4位レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)+0:11
5位シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーションNIPPO)
6位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)+0:13
7位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)+0:14
8位マルク・ヒルシ(スイス、UAEチームエミレーツ)+0:15
9位フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)
10位マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
個人総合成績
1位ローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)5:26
2位ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)+0:09
3位リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)
4位レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)+0:11
5位シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーションNIPPO)
6位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)+0:13
7位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)+0:14
8位マルク・ヒルシ(スイス、UAEチームエミレーツ)+0:15
9位フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)
10位マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
その他の特別賞
スプリント賞ローハン・デニス(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)
ヤングライダー賞シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーションNIPPO)
チーム総合成績イネオス・グレナディアーズ
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) 日本限定フォトニック レーシングホワイトグロスフレーム マルチレーザーアイスレンズ 0145SP456869-RC
カテゴリー: Sports
メーカー: ルディプロジェクト(RUDYPROJECT)
参考価格: ¥18,300
最安価格: ¥18,300
アマゾン価格: ¥18,300
の画像 [オークリー] Men's Sutro Rectangular Sunglasses, Black Ink, 0 mm
カテゴリー: Shoes
メーカー: Oakley
参考価格: ¥17,220
最安価格: ¥16,879
アマゾン価格: ¥17,220
の画像 Oakley APPAREL メンズ US サイズ: One Size カラー: ブルー
カテゴリー: Shoes
メーカー: Oakley
参考価格: ¥15,212
最安価格: ¥15,212
アマゾン価格: ¥15,212