ツアー・オブ・ジ・アルプスはクイーンステージとなる第4ステージを迎えた。ダウンヒルで速さをみせたペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)が優勝。この日が命日のミケーレ・スカルポーニに勝利を捧げた。



アルプスの山々を縫うように駆け抜けるツアー・オブ・ジ・アルプス2021第4ステージアルプスの山々を縫うように駆け抜けるツアー・オブ・ジ・アルプス2021第4ステージ (c)Bettini Photo/Vitesse
ツアー・オブ・ジ・アルプス2021第4ステージコースプロフィールツアー・オブ・ジ・アルプス2021第4ステージコースプロフィール (c)Vitesseナトゥルンスからピエーヴェ・ディ・ボーノまで、トレンティーノ=アルト・アディジェ州内を南下する168.6kmコースは第45回ツアー・オブ・ジ・アルプスのクイーンステージ。前半から標高差1400mのノンカテゴリー登坂をこなし、中盤に標高1682mの1級山岳パッソ・ カンポ・カルロ・マーニョを越え、長い下りを経てフィニッシュ前に用意された2級山岳ボニプラーティ(登坂距離10km/平均勾配6.8%)に挑む。

この日は前日2位に甘んじたフェリックス・グロスシャートナー(オーストリア、ボーラ・ ハンスグローエ)やハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス)、ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ・プレミアテック)といった2日連続逃げメンバーに加え、未だ復調過程にあるクリストファー・フルーム(イギリス、イスラエル・スタートアップネイション)、ニコラス・ロッシュ(アイルランド、チームDSM)といったメンバーがエスケープ。逃げ切りやエースの為の前待ちなど、様々な思惑を持った9名が先行した。

クリストファー・フルーム(イギリス、イスラエル・スタートアップネイション)を含む9名が先行するクリストファー・フルーム(イギリス、イスラエル・スタートアップネイション)を含む9名が先行する (c)Josef Vaishar/Vitesse
メイン集団ではリーダーチームのバイクエクスチェンジが牽引役を担い、残り50km地点で1分強と逃げ切りを許さない姿勢を見せる。2級山岳ボニプラーティが目前に迫った残り20km地点でのタイム差は20秒。登りに向けて位置取りを激しく争うメイン集団は残り19kmであっさりと逃げメンバーを飲み込んだ。

最大勾配10.1%のボニプラーティではパヴェル・シヴァコフ(ロシア)を総合エースに据えるイネオス・グレナディアーズがハイペースを刻んだ。レオナルド・バッソ(イタリア)やイバン・ソーサ(コロンビア)の牽引でメイン集団をふるいに掛け、ダニエル・マルティネス(コロンビア)にバトンタッチすると約15名だけに絞り込まれる。その状況下で真っ先に仕掛けたのは総合8位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションNIPPO)だった。

イネオス・グレナディアーズ勢が登りでペースを上げるイネオス・グレナディアーズ勢が登りでペースを上げる (c)tornati.cc/Vitesse
最終の2級山岳で抜け出したサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)とアレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)最終の2級山岳で抜け出したサイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)とアレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック) (c)Bettini Photo/Vitesse
カーシーのアタックにはイェーツ自ら反応。やがてイェーツ、カーシー、アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)とダニエル・マーティン(アイルランド、 イスラエル・スタートアップネイション)が先行したが、前日の落車が響くシヴァコフはチーム一丸となったペースメイクの甲斐なく遅れてしまう。最終的に15位フィニッシュしたシヴァコフは総合成績を2位から5位へと下げることに。余裕のクライミングを見せるイェーツと、苦しみながらもフォローするウラソフの2人がボニプラーティ頂上を越えてダウンヒルに入った。

つづら折れが続く下りでは追走マーティンがオーバーランで落車(怪我なし)し、反対に登りで遅れていた総合3位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)が残り2km地点で先頭2人にジョイン。猛スピードで下りを攻め続けるビルバオは2人から僅かなリードを奪ってフィニッシュ前に到達し、追いつかれざまにスプリントを始め、そのまま先頭でフィニッシュ。ダウンヒルを味方につけたビルバオが勝利した。

アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)とのスプリント勝負で先行するペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)とのスプリント勝負で先行するペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Bettini Photo/Vitesse
スプリント勝負を制したペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)スプリント勝負を制したペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Josef Vaishar/Vitesse
「昨日も最後までチャレンジしたけれど勝利には届かなかった。どうしてもこのレースでステージ優勝したいと思っていたんだ。今日は大きなチャンスがあると思っていたし、有利な条件が揃っていた。火曜日は残念な結果に終わり、昨日復調するとともに総合3位に。明日も厳しい戦いになると思うけれど、この総合成績を守りたい」と言うビルバオ。シヴァコフが遅れたことで、ビルバオが総合2位に、ウラソフが総合3位にジャンプアップを果たしている。

「今日は僕たちにとって大切な日で、誰もがスカルポーニのために自ら勝利を捧げたいと思っていた」と加えるビルバオ。ちょうど4年前のこの日、ミケーレ・スカルポーニは交通事故によって急逝。当時アスタナに所属していたビルバオにとって、リスクを冒してでも勝ち取りたい勝利だったと話した。

スカルポーニ捧げる勝利をあげたペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)スカルポーニ捧げる勝利をあげたペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)Josef Vaishar/Vitesse
ツアー・オブ・ジ・アルプス2021第4ステージ
1位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)4:39:42
2位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)
3位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)
4位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)0:58
5位ジェフェルソン・セペダオルティス(エクアドル、アンドローニジョカトリ・シデルメク)1:06
6位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションNIPPO)
7位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EFエデュケーションNIPPO)1:16
8位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)
9位ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)
10位マッテーオ・ファッブロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)1:22
87位新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)14:32
個人総合成績
1位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)15:31:48
2位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:58
3位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)1:06
4位ジェフェルソン・セペダオルティス(エクアドル、アンドローニジョカトリ・シデルメク)2:18
5位パヴェル・シヴァコフ(ロシア、イネオス・グレナディアーズ)2:37
6位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションNIPPO)
7位ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)2:54
8位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EFエデュケーションNIPPO)3:12
9位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)
10位ニック・シュルツ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)3:36
Amazon.co.jp 
の画像 キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
参考価格: ¥ 9,291
最安価格: ¥ 5,900
の画像 キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト [VOLT200] HL-EL151RC USB充電 ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
最安価格: ¥ 2,873
アマゾン価格: ¥ 2,873