2箇所の登坂を含む14kmの個人タイムトライアル。イツリア・バスクカントリー第1ステージで、並み居るライバルを抑えたプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)トップタイムを叩き出した。



イツリア・バスクカントリー2021第1ステージ コースプロフィールイツリア・バスクカントリー2021第1ステージ コースプロフィール (c)CorVosベルギーのフランドル地方でロンド・ファン・フラーンデレンが開催されたその翌日、スペインのバスク地方で6日間のステージレース「イツリア・バスクカントリー(バスク一周レース)」が開幕した。1924年に第1回大会が開催された歴史あるステージレースであり、1936年から1968年までの中断区間を挟んで今年で開催59回目を迎える。長年スペイン語の「ブエルタ・アル・パイスバスコ」の名称が使用されてきたが、2018年からUCI登録名を含めて現地バスク語と英語を組み合わせた「イツリア・バスクカントリー」に変更されている。

初日はバスクの最大規模の街ビルバオを発着する14kmの個人タイムトライアルで、スタートから距離2.3km、平均勾配6.9%の3級山岳を駆け上がり、緩やかなダウンヒルで標高を下げ、最後は距離500m、平均10%近い登坂を駆け上がる。登坂力とスピードの両方が問われる難コースだ。

2年ぶりに開催されたUCIワールドツアーレースには、この先のグランツールを目指すオールラウンダーと、その山岳アシスト勢が多数参参加中。ジロ・デ・イタリア覇者テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)とツール・ド・フランス覇者タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)といったメンバーがしのぎを削る中、初日トップタイムをマークしたのはブエルタ・ア・エスパーニャ覇者プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)だった。

ステージ1位:プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)ステージ1位:プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) (c)CorVos
ステージ2位:ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ)ステージ2位:ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ) (c)CorVos
全体の10番目という序盤スタートを選んだログリッチのタイムは17分17秒。そのタイムに唯一肉薄したのはブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ)ただ一人だった。マクナルティは4.7km地点の中間計測でログリッチを5秒上回ったものの、中盤以降失速して2秒遅れでフィニッシュ。ツールの山岳個人TTでログリッチからマイヨジョーヌを奪ったポガチャルも28秒遅れに沈み、長くホットシートに座り続けたログリッチがステージ優勝を飾るとともにリーダージャージを手に入れた。

リーダージャージに袖を通したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)リーダージャージに袖を通したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) (c)CorVos
「この勝利と、そして僕の今日のパフォーマンスを嬉しく思っているよ。いつだって勝利は特別で美しいものだ。バスク1周のタイムトライアルはいつも厳しく、勝ちたいと思うレース。登りと下り、高速コーナー、そして最後の壁のような登りを組み合わせたチャレンジングなコースだった。素晴らしいダッシュを決めることができたけれど、この先には厳しい日々がなっている。ライバル勢も協力だし、これからのステージはとても厳しいものになるだろう」とログリッチは話している。

ツールで雪辱を晴らすことを誓うログリッチは、今年シーズンインレースのパリ〜ニースで区間3勝を挙げ総合優勝目前に迫っていたものの、迎えた最終日に2度落車していたが、1週間の休養を取り、アルプスでのトレーニングを経てバスクに乗り込んできた。ユンボは3位にヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク)を、4位にトビアス・フォス(ノルウェー)を送り込むなど、チームとして総合力の高さを見せつけている。

ステージ5位:タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)ステージ5位:タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) (c)CorVos
ステージ6位:アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)ステージ6位:アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
ステージ10位:マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)ステージ10位:マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) (c)CorVos
ボルタ・ア・カタルーニャで総合優勝したアダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)はポガチャルと同タイムのステージ6位で終え、先のパリ〜ニースで落車したログリッチに代わり総合優勝を果たしたマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)は31秒遅れのステージ10位。終盤に2級山岳を超え、距離800mの丘を登ってフィニッシュする翌第2ステージは逃げを狙うアタッカーと、総合成績に差をつけたいオールラウンダーたちが入り乱れてステージ優勝争いを繰り広げるはずだ。

ステージ19位:アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)ステージ19位:アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) (c)CorVosステージ28位:セルヒオ・イギータ(コロンビア、EFエデュケーションNIPPO)ステージ28位:セルヒオ・イギータ(コロンビア、EFエデュケーションNIPPO) (c)CorVos

ステージ42位:テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)ステージ42位:テイオ・ゲイガンハート(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVosステージ43位:ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ・プレミアテック)ステージ43位:ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ・プレミアテック) (c)CorVos

ステージ69位:バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)ステージ69位:バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) (c)CorVosステージ89位:エステバン・チャベス(コロンビア、バイクエクスチェンジ)ステージ89位:エステバン・チャベス(コロンビア、バイクエクスチェンジ) (c)CorVos


イツリア・バスクカントリー2021第1ステージ結果
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)17:17
2位ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ)0:02
3位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィズマ)0:18
4位トビアス・フォス(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)0:24
5位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:28
6位アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)
7位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、イスラエル・スタートアップネイション)
8位イーデ・スヘリンフ(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)0:29
9位アレックス・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)0:30
10位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:31
108位新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)1:50
個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)17:17
2位ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ)0:02
3位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィズマ)0:18
4位トビアス・フォス(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)0:24
5位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:28
6位アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)
7位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、イスラエル・スタートアップネイション)
8位イーデ・スヘリンフ(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)0:29
9位アレックス・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)0:30
10位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:31
その他の特別賞
ポイント賞プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
ヤングライダー賞ブランドン・マクナルティ(アメリカ、UAEチームエミレーツ)
チーム総合成績ユンボ・ヴィズマ
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) スポーツサングラス CUTLINE カットライン バーレンマクラーレン スペシャルエディション RACING BLACK M. MLS ORANGE SP634006-R000 重量:36g
カテゴリー: Sports
メーカー: ルディプロジェクト(RUDYPROJECT)
参考価格: ¥27,592
最安価格: ¥27,225
アマゾン価格: ¥27,592
の画像 [RUDYPROJECT] サングラス カットライン ホワイトフレーム / ImpX2調光パープル バンパー ホワイト 重量:26g
カテゴリー: Sports
メーカー: ルディプロジェクト(RUDYPROJECT)
参考価格: ¥33,660
最安価格: ¥33,660
アマゾン価格: ¥33,660