ティレーノ〜アドリアティコを締めくくる10.1kmの個人タイムトライアルでワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)が最速タイムをマーク。ステージ4位に食い込んだタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)が第56代総合優勝者として槍のトロフィーを受け取った。



今年もまた、ティレーノ〜アドリアティコはサンベネデット・デル・トロントでの10.1km個人タイムトライアルで締めくくられた。アドリア海のビーチリゾート地を駆け抜けるコースは真っ平ら&直線基調。トップ選手で11分強という短時間&高強度の戦いはシーズン序盤の風物詩になっている。

ティレーノ〜アドリアティコ2021第7ステージティレーノ〜アドリアティコ2021第7ステージ photo:LaPresse/RCS Sportティレーノ〜アドリアティコ2021第7ステージティレーノ〜アドリアティコ2021第7ステージ photo:LaPresse/RCS Sport

ここでの優勝候補は、1年前に10分42秒(平均スピード56.636km/h)という驚異的なコースレコードを記録したフィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)だ。トラック世界選手権個人追い抜きで3連覇を達成(4分01秒934の世界記録保持者)し、2020年1月以降に出場した8つの個人タイムトライアルで負けなしの8勝(世界選手権個人タイムトライアルを含む)を飾っている24歳に注目が集まったが、1週間にわたって総合エースをアシストし続けた影響か、それとも東京五輪トラック&タイムトライアルに照準を合わすためのコンディショニングの影響か、この日はタイムを伸ばすことができなかった。

58x13Tというビッグギアを踏んだガンナは、ヨーロッパチャンピオンジャージを着るシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)のタイムに5秒届かずに、前年比プラス35秒でフィニッシュ。連覇を逃したガンナは「自分も人間であり、ロボットではなく、負けることもある。出力の数値的には良かったけど、いつも勝てるわけじゃない」と語っている。ガンナは週末のミラノ〜サンレモに出場予定だ。

ステージ2位/6秒差 シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)ステージ2位/6秒差 シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ) photo:CorVos
ステージ3位/11秒差 フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ3位/11秒差 フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
好走したキュングとガンナの、さらにその上を行く走りを見せたのが総合2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)だった。すべての計測ポイントでトップタイムを連発したファンアールトが、キュングに6秒、ガンナに11秒のタイム差をつける貫禄の走りで優勝。総合争いのために1週間にわたって連日ステージ上位に絡む走りを見せていたファンアールトが、2020年のガンナ(10分42秒)とカンペナールツ(11分00秒)に続く歴代3番目のタイムを叩き出した(下記ランキング「サンベネデット・デル・トロント個人TT歴代記録」参照)。

「距離は短いけどとてもハードなレースだった。大いに苦しんだよ。今シーズンはバイクが(ビアンキからサーヴェロに)変わったので、時間をかけてポジション調整を行ったんだ。昨日は力を温存することができたし、世界最高峰のTTスペシャリストたちを退けての勝利は本当に嬉しい」。初日の集団スプリントを制したファンアールトが、最終日の個人タイムトライアル勝利で締めくくった。

ステージ優勝を飾ったワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)ステージ優勝を飾ったワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVos
ベルギーチャンピオンのワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)がステージ優勝ベルギーチャンピオンのワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)がステージ優勝 photo:LaPresse/RCS Sport
ファンアールトは名だたるグランツールレーサーをおさえての総合2位。集団スプリントでも個人タイムトライアルでもリードを奪うことができる新規格のオールラウンダーに進化しつつあるファンアールトは「初めて総合成績を狙ったステージレースで、ツール・ド・フランス優勝者だけに敗れたことは大きな自信につながる。これからもっと(総合成績を)狙っていきたいけど、今は(連覇がかかった)ミラノ〜サンレモから始まるクラシックシーズンに集中したい。トップコンディションに近い仕上がりなので、土曜日までにしっかりとリカバリーしたい」と語っている。

そして、ファンアールト、キュング、ガンナという2020年世界選手権個人タイムトライアルと同じトップスリーに次いで、12秒差のステージ4位に入ったタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)が文句なしの走りで総合優勝に輝いた。

ステージ4位/12秒差 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)ステージ4位/12秒差 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
総合表彰台、2位ファンアールト、1位ポガチャル、3位ランダ総合表彰台、2位ファンアールト、1位ポガチャル、3位ランダ photo:LaPresse/RCS Sport
総合1位だけでなくステージ1勝、山岳賞1位、ポイント賞2位、ヤングライダー賞1位という圧倒的なパフォーマンスを見せた22歳ポガチャルは「シーズン最初の目標であるUAEツアーで結果を出して、その調子を維持したまま挑んだこのレースで再び優勝。自分の走りには満足しているし、最高のシーズン幕開けになったよ」と語る。

総合トップ10の選手たちがタイム差1分〜3分に収まる場合がほとんどのティレーノ〜アドリアティコにおいて、総合1位ポガチャルと総合10位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)のタイム差は7分45秒。総合2位ファンアールトとの総合タイム差は最終的に1分03秒だった。

ステージ7位/24秒差 ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)ステージ7位/24秒差 ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVosステージ11位/28秒差 ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)ステージ11位/28秒差 ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
ステージ53位/55秒差 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ53位/55秒差 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVosステージ67位/1分01秒差 マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)ステージ67位/1分01秒差 マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos

ポイント賞を獲得したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)ポイント賞を獲得したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:LaPresse/RCS Sport山岳賞を獲得したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)山岳賞を獲得したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:LaPresse/RCS Sport
ヤングライダー賞を獲得したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)ヤングライダー賞を獲得したタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:LaPresse/RCS Sport総合敢闘賞を獲得したマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)総合敢闘賞を獲得したマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:LaPresse/RCS Sport

ティレーノ〜アドリアティコ2021第7ステージ結果
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)0:11:06
2位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)0:00:06
3位フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)0:00:11
4位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:12
5位バンジャマン・トマ(フランス、グルパマFDJ)0:00:16
6位アルベルト・ベッティオル(イタリア、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:18
7位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:24
8位カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:26
9位マイケル・ヘップバーン(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)0:00:27
10位トビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、グルパマFDJ)0:00:28
11位ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)
26位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:42
36位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)0:00:48
53位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:00:55
55位マッテオ・ファッブロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)
63位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)0:00:59
64位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)
79位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:01:09
個人総合成績
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)26:36:17
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)0:01:03
3位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:03:57
4位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:04:13
5位マッテオ・ファッブロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:04:37
6位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:04:54
7位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)0:05:00
8位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)0:05:50
9位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)0:06:30
10位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)0:07:45
ポイント賞
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)55pts
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)42pts
3位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)39pts
山岳賞
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)24pts
2位マッズ・ウルスシュミット(デンマーク、イスラエル・スタートアップネイション)20pts
3位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)18pts
ヤングライダー賞
1位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)26:36:17
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:04:13
3位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:04:54
チーム総合成績
1位アスタナ・プレミアテック80:16:45
2位イネオス・グレナディアーズ0:02:48
3位モビスター0:13:15
サンベネデット・デル・トロント個人TT歴代記録
2020年/1位フィリッポ・ガンナ(イタリア)0:10:42
2020年/2位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー)0:11:00
2021年/1位ワウト・ファンアールト(ベルギー)0:11:06
2020年/3位ローハン・デニス(オーストラリア)0:11:08
2016年/1位ファビアン・カンチェラーラ(スイス)0:11:08
2020年/4位ゲラント・トーマス(イギリス)0:11:10
2021年/2位シュテファン・キュング(スイス)0:11:12
2018年/1位ローハン・デニス(オーストラリア)0:11:14
2020年/5位トビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン)0:11:15
2020年/6位バンジャマン・トマ(フランス)0:11:16
2021年/3位フィリッポ・ガンナ(イタリア)0:11:17
text:Kei Tsuji
photo:LaPresse, CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス2020 スペシャルBOX(Blu-ray2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥7,630
最安価格: ¥7,630
アマゾン価格: ¥7,630
の画像 栗村修が振り返るツール・ド・フランス2020
カテゴリー:
メーカー: 辰巳出版
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥1,350
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 新城幸也・バイシクルトレーニング・バイブル 初級者向けベース・ビルディング編
カテゴリー: DVD
最安価格: ¥ 5,038
アマゾン価格: ¥ 5,038