1月のツアー・ダウンアンダーの中止でワールドツアー開幕戦となったUAEツアー。中東にビッグネームたちが集結しシーズンのスタートを切った第1ステージは早くも横風に翻弄される波乱の展開に。絞り込まれた有力選手集団のスプリントを制したのはシクロクロス世界王者のマチュー・ファンデルプール(オランダ)だった。



クリストファー・フルーム(イギリス)がイスラエル・スタートアップネイションのジャージで登場クリストファー・フルーム(イギリス)がイスラエル・スタートアップネイションのジャージで登場 photo:CorVosマチュー・ファンデルプール(オランダ)らアルペシン・フェニックスが出場マチュー・ファンデルプール(オランダ)らアルペシン・フェニックスが出場 photo:CorVos


スタート地点のアル・ダフラ城前に並んだチームDSMスタート地点のアル・ダフラ城前に並んだチームDSM photo:CorVos
新型コロナの影響で1月のオーストラリアで開催を予定していたツアー・ダウンアンダー含む2レースが中止となり、2021シーズンのUCIワールドツアー開幕戦となったUAEツアー。中東の石油産油国、アラブ首長国連邦にワールドツアーチーム含む世界トップチームが集結した。

アラブ首長国連邦の国旗が砂漠に翻るアラブ首長国連邦の国旗が砂漠に翻る photo:CorVos
出場権があるUCIワールドツアー19チームに加え、昨年のUCIワールドランキングでセカンドディビジョン首位プロチームであるアルペシン・フェニックスがワールドツアー全戦の出場権を得て参戦。1チーム7人、全20チーム・140人の選手たちによる7日間・全7ステージのレースとなる。

昨年の総合覇者はミッチェルトン・スコットからイネオス・グレナディアーズに移籍したアダム・イェーツ(イギリス)。しかし総合2位だったツール・ド・フランス覇者タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)がゼッケン1をつける。イスラエル・スタートアップネイションに移籍したクリストファー・フルーム(イギリス)を含むビッグネームが中東の砂漠の国に集結した。第1ステージはアル・ダフラ城からアル・ミルファの176km。

砂漠に伸びる道に強風によって砂煙が舞う砂漠に伸びる道に強風によって砂煙が舞う photo:CorVos
遮るもののない砂漠地帯に吹き付ける強い風を受け、レースはスタートから荒れ模様となる。序盤すぐに横風を受けて集団はいくつものグループに分断した。横方向からの風に、斜め後ろにつくことで前走者のスリップストリームに入ろうとする選手たちが「エシュロン」と呼ぶフォーメーションを形成。集団はすぐに4つのグループに分断した。先頭グループに複数人を送り込んで意欲的にスピードを上げたのはホストチームでもあるUAEチームエミレーツと、クラシックの横風レースを支配するドゥクーニンク・クイックステップ、そしてアルペシン・フェニックスら。

横風によって形成されるエシュロン。斜めになって風の抵抗を避けようとする選手たち横風によって形成されるエシュロン。斜めになって風の抵抗を避けようとする選手たち photo:CorVos
レース途中にはボーナスタイムが獲得できる中間スプリントが設けられた。最初のポイントを 先頭通過して3秒のボーナスタイムを獲得したのはジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)。アルメイダは2つ目の中間ポイントもトップ通過して合計6秒のボーナスタイムを獲得し、総合争いを優位に進める。第2中間ポイントでは昨年総合2位の苦汁をなめたタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)が2位通過し、2秒を獲得。総合優勝争いは第1ステージから秒差を重ねる争いが始まった。

エシュロンによって23人にまで絞り込まれた先頭グループエシュロンによって23人にまで絞り込まれた先頭グループ photo:CorVos
横風によってエシュロンが発生。集団は4つに分断する横風によってエシュロンが発生。集団は4つに分断する photo:CorVos
序盤に絞り込まれた先頭グループは23人にその数を減らしながらそのまま協調して逃げ続け、後続を大きく引き離してレース終盤へ。ラスト9.5kmを残してアルメイダがアタック。スプリンターのジャンニ・フェルメールシュ(ベルギー、アルペシン・フェニックス)らが反応して4人に。しかしゴールスプリントに向けて思惑の違う4人は協調はうまくできず、集団に飲み込まれる。

後方集団に取り残されたクリストファー・フルーム(イギリス、イスラエル・スタートアップネイション)後方集団に取り残されたクリストファー・フルーム(イギリス、イスラエル・スタートアップネイション) photo:CorVos
スプリントを待たず激しいアタックの攻防が続く。ドゥクーニンク・クイックステップが波状攻撃をかけ、ラスト6kmからマティア・カッタネオ(イタリア)が独走に持ち込む。後方の先頭集団ではポガチャルでさえアタックに加わり、スプリントへのバトルが白熱。カッタネオは距離を広げた。

ラスト1.5km、追走ペースが緩んだグループからしびれを切らしたフェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)が追撃アタック。昨年このAEツアーで新型コロナに感染して苦しんだ有力スプリンターの単独アタックは瞬く間にカッタネオを捉える。しかしスプリントに向けて後方グループもそれを許すはずはなかった。

マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)が腰を上げて加速するとすぐに先頭に立ったマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)が腰を上げて加速するとすぐに先頭に立った photo:CorVos
ラスト500kmを切り、数を揃えるドゥクーニンク・クイックステップが3人で前を固めてスプリントへ。エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)が早掛けするも、後ろにつけたマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)が腰を上げて加速するとすぐに先頭に立った。オランダナショナルジャージに身を包んだシクロクロス世界選手権王者はそのままのスピードで余裕をもってフィニッシュをトップ通過。プロデビューの若手スプリンター、ダヴィド・デッケル(チーム ユンボ・ヴィスマ) を下し、ワールドツアー初戦の覇者となった。

フィニッシュをトップ通過して雄叫びを上げるマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)フィニッシュをトップ通過して雄叫びを上げるマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
CX王者MVDPことファンデルプールは言う。「いい位置に居るなければならないことは分かっていたし、正しい瞬間にスプリントを始めることができた。(チームメイトの)ジャンニ・フェルメールシュは逃げた選手を捕まえるいい仕事をしてくれた。この結果にとてもハッピーだ。こんな結果は期待していなかった。レースが厳しさを増すごとにボクのスプリントは良くなるんだ。(シクロクロス世界選手権の後)少し休みをとってから1週間チームと一緒にトレーニングしてからここに来た。シクロクロスの調子が砂漠でも発揮できたね」。

第1ステージを制したマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)第1ステージを制したマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
総合争いの有力勢ではジョアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がボーナスタイム2度・6秒獲得で総合4位に。そしてスプリントでも6位に入ったタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)が総合5位につけた。昨年総合覇者アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)は先頭集団に入ることに成功したが、後方に取り残された多くの総合狙いの選手たちが初日から望みを絶たれる結果となった。

新人賞ジャージを獲得した2位のダヴィド・デッケル(オランダ、チーム ユンボ・ヴィスマ) 新人賞ジャージを獲得した2位のダヴィド・デッケル(オランダ、チーム ユンボ・ヴィスマ)  photo:CorVos
UAEツアー2021第1ステージ結果
1位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)3:45:47
2位ダヴィド・デッケル(オランダ、チーム ユンボ・ヴィスマ) 
3位ミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ) 
4位エミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)
5位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)
6位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
7位アントニー・ルー(フランス、グルパマ・エフデジ) 
8位クリス・ハーパー(オーストラリア、チーム ユンボ・ヴィスマ)+0:00:03
9位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)
10位ファウスト・マスナダ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
総合
1位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)3:45:37
2位ダヴィド・デッケル(オランダ、チーム ユンボ・ヴィスマ) 0:00:04
3位ミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:06
4位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:07  
5位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)0:00:08
6位エミルス・リエピンス(ラトビア、トレック・セガフレード)0:00:10
7位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス) 
8位アントニー・ルー(フランス、グルパマ・エフデジ)
9位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)
10位クリス・ハーパー(オーストラリア、チーム ユンボ・ヴィスマ)0:00:13
photo:CorVos
text:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) チェーンリング FC-6800 46T-MB Y1P498050
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 13,037
最安価格: ¥ 9,608
アマゾン価格: ¥ 10,459
の画像 シマノ(SHIMANO) 補修パーツ FC-6800 ギア固定ボルト/ナット Y1P498090
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥3,093
最安価格: ¥2,813
アマゾン価格: ¥3,093
の画像 Dingtai スクエアテーパーボトムブラケットチタンねじ用の2個M8x15自転車クランクボルト レインボー
カテゴリー: Sports
メーカー: Dingtai
参考価格: ¥1,800
最安価格: ¥1,800
アマゾン価格: ¥1,800