ツール・ド・ラ・プロヴァンス最終日の集団スプリントでフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)が今季初勝利。イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が危なげなく総合優勝を達成した。



スタートを待つファビオ・アル(イタリア、クベカ・アソス)スタートを待つファビオ・アル(イタリア、クベカ・アソス) (c)CorVos首位イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)と総合2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)首位イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)と総合2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos

最大4分差で逃げたトニー・ガロパン(フランス、AG2Rシトロエン)たち最大4分差で逃げたトニー・ガロパン(フランス、AG2Rシトロエン)たち (c)CorVos
その名の通り、南仏プロヴァンスを舞台に続いたツール・ド・ラ・プロヴァンス(UCI2.Pro)もいよいよ最終日。モンヴァントゥーを登った前日よりもぐっと難易度を下げた、アヴィニヨンからサロン・ド・プロヴァンスまでの163kmで4日間の戦いが決着した。

この日のスタート時点で総合2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)と総合3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)のタイム差僅か2秒。ドゥクーニンクは逃げ狙いのアタックを封じ込め、16.5km地点の中間スプリントポイントでアラフィリップを1位通過させることに成功する。こうしてボーナスタイムを得た世界チャンピオンが総合2位浮上を叶え、続いて4名がエスケープ。こうしてレースは落ち着きを取り戻した。

中間スプリントで総合2位浮上を叶えたジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)中間スプリントで総合2位浮上を叶えたジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)CorVos
リーダージャージを着て走るイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)リーダージャージを着て走るイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
イネオス・グレナディアーズや、アルノー・デマール(フランス)の今季初勝利を目指すグルパマFDJがコントロールする集団から逃げたのは、ルイス・マス(スペイン、モビスター)とアンドレアス・レックネスン(ノルウェー、チームDSM)、トニー・ガロパン(フランス、AG2Rシトロエン)そしてジェレミー・ルヴォー(フランス、ゼリス・ルーべリールメトロポール)という4名。ワールドチーム主導による逃げだったものの、集団スプリントを見据えるメイン集団はタイム差をがっちりと4分前後でキープしていく。

フィニッシュまで25kmを切り、タイム差が1分半を割り込むと先頭からマスが独走に持ち込んだものの、およそ15kmを逃げた後に3名に引き戻される。「クレルモン=フェランのTGV」ことレミ・カヴァニャ(フランス)が強力にペーシングするメイン集団は、スプリントに向けた位置取り争いを繰り広げながらフィニッシュへ。残り1.8kmで逃げ続けた4名を捉え、右に左に曲がるコースを飛ばしに飛ばした。

ウルフパックは残り800mからアラリフィップが、続いてゼネク・スティバル(チェコ)が3勝目を狙うダヴィデ・バッレリーニ(イタリア)をお膳立て。そのチームワークはデマールをふるい落としたが、肝心のバッレリーニに開幕日のような初速の伸びは見られない。右からフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)が、左側からはナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)が並びかけるもバッレリーニにフェンスに追いやられ失速してしまう。3者横並びの接戦の末、手を挙げたのはバウハウスだった。

バッレリーニやブアニとの接戦を制したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)バッレリーニやブアニとの接戦を制したフィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)CorVos
26歳のドイツ人スプリンターが、バーレーン・ヴィクトリアスに幸先良い2021年1勝目を献上。「ひどくこの勝利を待ち望んでいたよ。最終盤は超ハイスピードで、そこからもがきあう戦いだった。残り600m時点で先頭に位置しなければならないことは分かっていて、最後まで勢いを保つことができた。スプリンターとして勝つことが嬉しいことはもちろん、チームにとっても良い雰囲気を作ってくれる勝利になった」と、バウハウスは語っている。

フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)CorVos
総合優勝を射止めたイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)総合優勝を射止めたイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
最後に牽引役を担ったアラフィリップをはじめ、総合上位陣は軒並み集団内でフィニッシュ。ベルナルよりも1歳年下のソーサが2019年のブエルタ・ア・ブルゴス以来となる総合優勝を射止め、ボーナスタイムで逆転したアラフィリップが2位、ベルナルが3位。この日のスタート時点で総合5位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)と6位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)の順位が入れ替わった状態でプロヴァンスは無事閉幕している。
ツール・ド・ラ・プロヴァンス2021第4ステージ結果
1位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)3:47:01
2位ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
3位ナセル・ブアニ(フランス、アルケア・サムシック)
4位マッテオ・モスケッティ(イタリア、トレック・セガフレード)
5位ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、ロット・スーダル)
6位ブライアン・コカール(フランス、B&Bホテルズ KTM)
7位マチュー・ウォールス(イギリス、ボーラ・ハンスグローエ)
8位ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、トタル・ディレクトエネルジー)
9位エドゥアルド・グロス(ルーマニア、デルコ)
10位アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
個人総合成績
1位イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)17:00:17
2位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:18
3位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:19
4位ワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトリアス)0:39
5位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:57
6位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
7位ジャック・ヘイグ(ニュージーランド、バーレーン・ヴィクトリアス)0:58
8位マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)
10位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)
その他の特別賞
ポイント賞ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
山岳賞フィリッポ・コンカ(イタリア、ロット・スーダル)
ヤングライダー賞イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
チーム総合成績イネオス・グレナディアーズ
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 2021 プロヴァンスの猫たちカレンダー ([カレンダー])
カテゴリー:
メーカー: 労働教育センター
参考価格: ¥1,320
最安価格: ¥5,010
アマゾン価格: ¥1,320
の画像 南仏プロヴァンスの12か月 (河出文庫)
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: 河出書房新社
参考価格: ¥594
最安価格: ¥594
アマゾン価格: ¥594
の画像 フィガロジャポン ヴォヤージュ Vol.38  南仏プロヴァンスとコートダジュールへ。 (メディアハウスムック)
カテゴリー:
メーカー: CCCメディアハウス
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥496
アマゾン価格: ¥1,650