「魔の山」モンヴァントゥーの中腹にフィニッシュするプロヴァンス3日目をイネオス・グレナディアーズが制圧。独走したイバン・ソーサとエガン・ベルナル(コロンビア)がステージ、総合成績共にワンツーを達成している。



逃げに乗ったジェローム・クザン(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)たち逃げに乗ったジェローム・クザン(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)たち (c)CorVos
南仏を舞台に開催中のツール・ド・ラ・プロヴァンス(UCI2.Pro)3日目は、当地が誇るモンヴァントゥーを駆け上がるクイーンステージ。雪に包まれた山頂ではなく、そこから6km下った中腹「シャレ・レイナール」にフィニッシュが引かれているが、登坂距離14.6km/平均勾配7.6%というプロフィールは破壊力満点。これまで2日間息を潜めてきたクライマーが登坂勝負を繰り広げた。

距離153.9km、主催者による難易度は最高レベルの星4つ。風邪をひいたティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)が未出走となったこの日はジェローム・クザンとダミアン・ゴダンというトタル・ディレクトエネルジーコンビを筆頭に、フロリアン・フェルメールス(ベルギー、ロット・スーダル)、ニコラ・バジオーリ(イタリア、B&Bホテルズp/b KTM)、アレッサンドロ・フェデーリ(イタリア、デルコ)、そしてルイ・ルヴェ(フランス、サンミシェル・オベール93)という6名が逃げた。

フランスレースらしいメンバー構成の逃げに対し、リーダーチームのドゥクーニンク・クイックステップに加えてイネオス・グレナディアーズやアスタナ、トレック・セガフレードといったクライマーを揃えるチームがメイン集団先頭を牽引する。モンドリアンカラーの総合リーダージャージを着用するダヴィデ・バッレリーニ(イタリア)もジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)のためにローテーションに加わった。

メイン集団をコントロールするゼネク・スティバル(チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ)メイン集団をコントロールするゼネク・スティバル(チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)CorVos
特にアタックも掛からず、平穏に進む逃げグループとメイン集団のタイム差は一時4分弱まで広がったものの、やはりモンヴァントゥーが近づくと縮小傾向に。緩斜面の登りが始るとアスタナ・プレミアテックがペースアップを図り、次々と逃げメンバーをキャッチしていった。

アスタナは残り9kmからアロルド・テハダ(コロンビア)を先行させて他チームの様子を伺ったが、エガン・ベルナルとイバン・ソーサ(共にコロンビア)を揃えるイネオス・グレナディアーズは動じることなく列車を組み、吸収。20歳のカルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)の高速牽引が始まると昨年総合3位のアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)やワレン・バルギル(フランス、アルケア・サムシック)たちが遅れを取った。

プロトンを牛耳るイネオスからは、残り5kmを切ったタイミングでイバン・ソーサ(コロンビア)がアタック。一発で独走に持ち込んだソーサに対し、マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)がジュリアン・アラフィリップ(フランス)のために追走したが、距離を縮めるには至らない。霧むせぶ「魔の山」ヴァントゥーでソーサが磐石の独走態勢を築き上げた。

ソーサは顔を歪めながらハイペースを保ち、もう一人のイネオスのリーダーであるベルナルはアラフィリップのアタックをマークする。先頭ソーサ、2番手ベルナル&アラフィリップ、4番手ワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトリアス)がそれぞれシャレ・レイナールを目指した。

モンヴァントゥーを制したイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)モンヴァントゥーを制したイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
2番手でフィニッシュするエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)2番手でフィニッシュするエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVosジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)は3着ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)は3着 (c)CorVos


最後までペースを守ったソーサが最後の180度コーナーを回り、胸に十字を切り、両手ピースでフィニッシュ。その15秒後にはアラフィリップを千切ったベルナルが2位を確保し、イネオスのコロンビア勢がワンツーフィニッシュを達成した。

「とても難しいステージで、僕らの作戦はエガンか僕がアタックすること。僕ら二人はとてもよく協調できたと思う」と、ベルナルに19秒、ラフィリップに21秒差で総合首位に立ったソーサは言う。「チームが全力で仕事を果たし、その最後にああやって勝てたことが喜ばしい。作戦通りに走ることができたし、今日僕たちは最強だった」と加えている。

リーダージャージを手にしたイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)リーダージャージを手にしたイバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
アヴィニヨンからサロン・ド・プロヴァンスにフィニッシュする最終日の予想はゴールスプリント。昨年ユンボ・ヴィズマに押されていたイネオス勢が復活の狼煙を上げている。
ツール・ド・ラ・プロヴァンス2021第3ステージ結果
1位イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)4:08:14
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:15
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:18
4位ワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトリアス)0:29
5位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)0:48
6位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
7位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
8位マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位ジャック・ヘイグ(ニュージーランド、バーレーン・ヴィクトリアス)
10位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
個人総合成績
1位イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)13:13:16
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)0:19
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:21
4位ワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトリアス)0:39
5位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)0:57
6位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:58
7位ジャック・ヘイグ(ニュージーランド、バーレーン・ヴィクトリアス)
8位マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位ヘスス・エラダ(スペイン、コフィディス)
10位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)
その他の特別賞
ポイント賞ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
山岳賞フィリッポ・コンカ(イタリア、ロット・スーダル)
ヤングライダー賞イバン・ソーサ(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
チーム総合成績イネオス・グレナディアーズ
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 2021 プロヴァンスの猫たちカレンダー ([カレンダー])
カテゴリー:
メーカー: 労働教育センター
参考価格: ¥1,320
最安価格: ¥5,010
アマゾン価格: ¥1,320
の画像 南仏プロヴァンスの12か月 (河出文庫)
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: 河出書房新社
参考価格: ¥594
最安価格: ¥594
アマゾン価格: ¥594
の画像 フィガロジャポン ヴォヤージュ Vol.38  南仏プロヴァンスとコートダジュールへ。 (メディアハウスムック)
カテゴリー:
メーカー: CCCメディアハウス
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥496
アマゾン価格: ¥1,650