ビンディングペダルの祖として自転車の歴史に名前を刻むブランドでもあるルックがMTB向けフラットペダルに進出した。街乗り向けフラットペダルGEO CITYシリーズ、オフロード向けビンディングX−TRACKシリーズとともに紹介しよう。



ルック GEO CITY GRIP(BLACK、CAMO、LIME、RED)ルック GEO CITY GRIP(BLACK、CAMO、LIME、RED) (c)日直商会
日直商会が2月1日より取り扱いを開始するルックのプラットフォームペダル(フラットペダル)。フラットペダル製品の構成はGEOシリーズに始まり、街乗り用GEO CITY、オフロードのフリーライド向けTRAILシリーズという3つに分かれ、そこにMTB向けビンディングX−TRACKが加わる展開とされている。

ベースモデルとなるGEOシリーズは片面フラット、片面ビンディングというハイブリッド式であり、様々なサイクリストが多様なシチュエーションで使うことのできるマルチモデル。ラインアップにはGEO TREKKINGやGEO GRIP、GEO TREKKING ROCとさらに分けられ、ユーザーにマッチしたペダルを選択することが可能となっている。

ルック GEO CITY GRIP VISIONルック GEO CITY GRIP VISION (c)日直商会
派生モデルであるGEO CITYシリーズにもいくつかの種類が用意されている。GEO CITYのベースモデルはグリップに配慮した意匠が施された樹脂ボディにルックのプレミアムスピンドルを組み合わせたシンプルなプロダクト。リフレクターも備えられており、クロスバイクなどに合わせるのにぴったりだ。

そのGEO CITYの踏み面をビブラム製ラバーで覆ったモデルがGEO CITY GRIPだ。水捌け性を考慮した溝と勾配が設けられた踏み面は、ドライとウェットどちらの状況でも一般的なフラットペダルよりも優れたグリップ力を発揮してくれるという。雨天時のライドで足を滑らせる事は非常に危険なため、毎日の通勤通学で自転車に乗るというサイクリストに安全性をもたらしてくれるはずだ。ラバー部分はオプション品が用意されているため、カラーの変更等も可能だ。

ルック GEO CITYルック GEO CITY (c)日直商会
そしてこのGEO CITY GRIPのボディにライトを装着したモデルが、GEO CITY VISION GRIPだ。一般的にリフレクターが配されている部分がライトであり、サイクリストの存在を強くアピールすることが可能となっている。

ライトの性能は最大20時間のランタイムを誇り、点灯・デイライト・フラッシュエコという3つの発光パターンが備えられている。ペダリング停止の1分後に自動的に消灯するオートスリープ機能も搭載されているため、ライトの切り忘れなども防いでくれる。防水規格はIPX7と優れており、雨天ライドにも対応している。

ルック TRAIL ROCルック TRAIL ROC (c)日直商会
エンデューロやフリーライドでは、ピン付きのフラットペダルがポピュラーな存在になっており、ルックもついにMTB向けモデル「TRAIL ROC」を用意することとなった。大胆な肉抜き加工が施されたアルミボディのそれぞれの面に12個のピンを配置しグリップ力を獲得。シャフトはルックのプレミアムスピンドルを採用した。

TRAILにもビブラム製ラバーを配置したTRAIL GRIPモデルが用意されている。GEO CITY版は溝で排水性を獲得していたが、TRAIL版ではシューズのブロックパターンのような表面形状が採用され、さらなる排水性を確保。各所にシューズを捉えるためのピンが配置されており、泥などで滑りやすい状況でも高いグリップ力を発揮する。また、このモデルもラバーを交換することが可能だ。

ルック X-TRACK ENRAGE BLACKルック X-TRACK ENRAGE BLACK (c)日直商会ルック X-TRACK ENRAGE PLUS TIルック X-TRACK ENRAGE PLUS TI (c)日直商会

ルック X-TRACK ENRAGE BLACKルック X-TRACK ENRAGE BLACK (c)日直商会ルック X-TRACK ENRAGE GOLDルック X-TRACK ENRAGE GOLD (c)日直商会


また、2つ穴クリートのビンディングペダルX−TRACKにも新作「ENRAGE」が登場している。ENRAGEはケージを設けることで踏み面を拡大したモデルであり、ペダルキャッチの容易さやグリップ力を向上させたことが特徴だ。最適なシューズ幅は95mm〜105mm。ISOの耐衝撃試験よりも厳しい独自テストをクリアするほどの耐久性を備えていることもポイントだ。

ENRAGEモデルは通常の「X−TRACK ENRAGE」と、より踏み面が大きく、ピンも備えられた「X−TRACK ENRAGE Plus」、チタンシャフトを採用した「X−TRAIL ENRAGE Plus Ti」という3種類が揃う。
モデル名GEO CITYGEO CITY GRIPGEO CITY VISION GRIP
表面積110mm x 107mm107mm x 103mm107mm x 103mm
ボディ合成素材加硫合成ゴム、合成素材加硫合成ゴム、合成素材
シャフトプレミアムスピンドルクロモリ合金製クロモリ合金製
Q-ファクター幅61.5mm63mm63mm
重量165g(片側)265g(片側)290g(片側)
カラーBLACKBLACKBLACK、CAMO、LIME、RED
入荷予定日2021年2月中旬頃同左同左
税抜価格4000円8500円16500円
モデル名TRAIL ROCTRAIL GRIP
表面積110mm x 110mm107mm x 103mm
素材アルミ合金加硫合成ゴム、合成素材
シャフトプレミアムスピンドルクロモリ合金製
Q-ファクター幅61.5mm63mm
重量215g(片側)265g(片側)
カラーBLACKBLACK、CAMO、LIME、RED
入荷予定日2021年2月中旬頃同左
価格9500円(税抜)8500円(税抜)
モデル名X-TRACK ENRAGEX-TRACK ENRAGE plusX-TRACK ENRAGE plus Ti
カラーBLACKBLACK、GOLDBLACK
プラットフォーム面積545mm2664mm2664mm2
ボディアルミ製鍛造アルミ製鍛造アルミ製
シャフトクロモリ合金クロモリ合金チタン製
Q-ファクター幅53mm55mm55m
重量210g(片側)225g(片側)200g(片側)
入荷予定日2021年4月中旬頃2021年2月中旬頃、GOLDは後日掲載後日掲載予定
税抜価格8500円14000円29500円