名コース"ゾルダー"で繰り広げられた高速レース。スーパープレスティージュ第7戦は、レースの半分を独走したマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)と、ゴールスプリントでライバルを下したルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)が勝利している。



荒れた砂の下りを飛ばすマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)荒れた砂の下りを飛ばすマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
シリーズ全8戦で開催されるスーパープレスティージュも既に第7戦。フランダース東部のリンブルフ州ヒュースデン=ゾルダー近郊にあるゾルダーサーキットに男女トップクロッサーたちが再び相まみえた。

1960年代までのF1ベルギーグランプリ開催地である、テラーメンの森に設営されている起伏に富んだサーキットは、2016年に世界選手権を迎えた由緒あるシクロクロスコースでもある。

長いホームストレートで欧州王者エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)がダッシュを決め、最初のボトルネックコーナーでは前方で起きた落車で第6戦勝者のトーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)が足止めを受ける。世界選手権のダークホースと目される21歳はほぼ最後尾からの追い上げを強いられた。

ライバル関係を築くマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)とワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)が争うように先頭を固めたが、ファンアールトは1周目に後輪パンクで20番手ほどまで遅れてしまった。

序盤の混乱に巻き込まれ、最後尾から追走したトーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)は9位に序盤の混乱に巻き込まれ、最後尾から追走したトーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)は9位に photo:CorVos欧州王者エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)は落車リタイヤ欧州王者エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)は落車リタイヤ photo:CorVos

2番手グループ率いるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)2番手グループ率いるワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
ピドコックが、そしてファンアールトが遅れる中、リードを奪ったのはファンデルプールだった。「パンクで遅れていったファンアールトを復帰させたくなかった。こんなに早く一人になるとは思わなかったけれど、ここで初めてペースアップした」と振り返る世界王者が早くも独走態勢を築き、小柄なイゼルビッドとラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)コンビが2,3番手。しかし3周目、中継カメラは地面に転がるイゼルビッドの姿を捉えた。

コーナーの立ち上がりでスリップダウンしてフェンスにぶつかり、後続のファンデルハールとコルネ・ファンケッセル(オランダ、トルマンスシクロクロスチーム)に衝突されたイゼルビッドは立ち上がることができず、そのまま救急車に運び込まれてリタイア。肘脱臼の診断が下ったイゼルビッドはスーパープレスティージュ総合リーダーの座から降りることとなってしまった。

バイクを押し上げるマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)バイクを押し上げるマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
好調ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)は3位に好調ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)は3位に photo:CorVos
ファンケッセルやファンアールト、ファンデルハール、ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)ら2番手グループの追走を物ともせず、淡々とペースを刻んだファンデルプールはこの日最強だった。「十分なリードを得ていたのでマイペースで走ることができた。調子自体は良かったけれど、一人の時間が長く、決して簡単なレースではなかった」と振り返る世界王者はレース時間の半分以上に渡り、リードを守り抜いた。

38秒リードでフィニッシュを切るマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)38秒リードでフィニッシュを切るマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
スーパープレスティージュ2020-2021第7戦男子エリート表彰台スーパープレスティージュ2020-2021第7戦男子エリート表彰台 photo:CorVos
ヨーロッパ屈指の高速コースを飛ぶように駆け抜けたファンデルプールがゾルダーで4年連続5度目の勝利。「パンクした瞬間、目標を切り替えて走った」と言うファンアールトは全9周回中の8周目にアタックし2位。調子を上げているファンデルハールが第2戦ルッデルフォールデに続く3位表彰台を射止めている。

また、トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)は7位に甘んじながらも、0ポイントに終わったイゼルビッドを抜いてシリーズリーダーに。一時70番手前後からの追い上げを強いられたピドコックは9位まで挽回し、世界選手権に向けてのコンディションを披露している。



44名がスタートラインに並んだ女子レースで好スタートを切ったのは、「身体の声を聞いて休むことにした」と約2週間レースから離れていたアンマリー・ワースト(オランダ、777)だった。

4人スプリント勝負を制したルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)4人スプリント勝負を制したルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ) photo:CorVos
ハイペースを刻む元欧州王者には絶好調ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)や、世界王者セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)、デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)、そしてインゲ・ファンデルヘイデン(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)といったオランダ勢が追従する。

決まりどころの少ないパワーコース。先頭グループ内ではアタックと追走、そして合流が繰り返され、その中で元U23世界王者のファンデルヘイデンが脱落。今季表彰台を分け合っているオランダ勢が、5位以降を突き放しながらハイペースを刻んだ。

最終周回が近づくと、牽制状態に陥った先頭グループに再びファンデルヘイデンが追いつき、マノン・バッカー(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)ら3名が背後に迫った状態からブラントがアタックするも不発に。これらメンバーが全員まとまったことで、フィニッシュまで半周を残して先頭グループは8名に膨れ上がった。

スーパープレスティージュ2020-2021第7戦女子エリート表彰台スーパープレスティージュ2020-2021第7戦女子エリート表彰台 photo:CorVos
間髪入れずベッツィマがアタックするも合流組を再脱落させるに留まり、続いてブラントがペースアップを図る。するとフィニッシュ直前の急勾配登坂で2番手アルバラードが足をつくミスを出してしまう。背後につけていたワーストとベッツィマは降車を強いられ、ただ一人セクションをスムーズにクリアしたブラント優勢でホームストレートへ。ブラントが追いすがるアルバラードを抑え、急激に近寄るワーストとベッツィマを寄せ付けることなく勝利した。

15秒遅れた5位グループではバッカーが先着し、アリシア・フランク(ベルギー、プロキシマス・アルファモーターホームズ・ドルチーニ)がキャリアハイライトとなる8位。プレ五輪にも参加したMTB選手のアン・タウバー(オランダ、CST)が後方スタートから9位に入る快走を見せている。
スーパープレスティージュ2020-2021第7戦男子エリート結果
1位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)1:02:07
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)0:38
3位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)0:39
4位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:44
5位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:48
6位コルネ・ファンケッセル(オランダ、トルマンスシクロクロスチーム)0:51
7位トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)0:55
8位ジャンニ・フェルメルシュ(ベルギー、クレディショップ・フリスタッズ)0:59
9位トーマス・ピドコック(イギリス、トリニティレーシング)1:01
10位ダーン・ソエテ(ベルギー、グループヘンス・マースコンテナーズ)1:08
スーパープレスティージュ2020-2021第7戦女子エリート結果
1位ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)40:38
2位セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)
3位アンマリー・ワースト(オランダ、777)
4位デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)
5位マノン・バッカー(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)0:15
6位インゲ・ファンデルヘイデン(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)0:16
7位アンナ・カイ(イギリス、スターカジノCXチーム)0:17
8位アリシア・フランク(ベルギー、プロキシマス・アルファモーターホームズ・ドルチーニ)0:20
9位アン・タウバー(オランダ、CST)0:30
10位ラウラ・フェルドンショット(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:31
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 IRC tire IRC SERACCX MUD TUBELESS M129/TL 19048K 700X32c ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,539
アマゾン価格: ¥ 5,648
の画像 IRC M129シラクCX MUD シクロクロス用チューブレス X-ガード 700*32C
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 5,560
アマゾン価格: ¥ 6,081
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ カセットスプロケット CS-R9100 11S 11-28T 33558
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 29,154
最安価格: ¥ 20,437
アマゾン価格: ¥ 20,437