総合輸入販売代理店フカヤの専売ブランドRide Oasis(ライドオアシス)より、サイクルキャリーバッグというプロダクトが登場。車載で自転車を持ち運ぶ時など、自転車の汚れを他の荷物につけてしまわないようにするためなど様々な使い方ができるキャリーバッグだ。



ミノウラVERGOに固定した時のサイクルキャリーバッグ使用イメージミノウラVERGOに固定した時のサイクルキャリーバッグ使用イメージ (c)フカヤ
ライドオアシス サイクルキャリーバッグライドオアシス サイクルキャリーバッグ (c)フカヤ
トレーニングマットなど自転車にまつわる用品を展開するライドオアシスが、ユーザーやショップからの要望を形にした多目的キャリーバッグをリリースする。自動車で自転車を運搬する時などに周りの物を汚さず、自転車自体への傷つきを防いでくれるプロダクトだ。

作りは至ってシンプル。長方形の1枚布を二つ折りにした時に合わせ目となる部分をジッパーで綴るタイプのバッグとされているため、自転車の収納が非常に容易。サイクルキャリーバッグはミノウラの車載ストレージ"VERGO"のオプション品でもあり、自転車をストレージに固定する時にフォーク部分のみジッパーを開放させられる仕様となっている。

サイクルキャリーバッグは1枚の大きな生地で、左右のファスナーを閉めるだけという簡単な収納方法となっているサイクルキャリーバッグは1枚の大きな生地で、左右のファスナーを閉めるだけという簡単な収納方法となっている (c)フカヤ(※写真のVERGO用リアエンドサポートは別売)
付属するベルトでタイヤを固定する付属するベルトでタイヤを固定する (c)フカヤ
収納方法は車輪を前後ともに外し、付属するベルトでフレームに括りつけるのは輪行袋と同じ。VERGOに固定する時は正位置かつエンドサポートを使用し、それ以外の時は横置き式輪行袋のように上下を反転させても良い。

バッグ自体に肩紐が縫い付けられているため、輪行袋のように持ち運び用のベルトを取り付ける必要がない。車からの積み込み、積み下ろし、持ち運びやすいことも特徴だ。輪行袋のように使えそうだが、バッグ自体に重さがかかるためジッパーや生地に負荷がかかりやすいことには気をつけたい。

サイクルキャリーバッグは車内を汚しにくいケースであり、車載を簡単に行えるため、レンタカーで遠征に行く時などに活躍してくれる。収納袋も用意されているので、保管時も邪魔になりにくいだろう。価格は4,500円(税抜)。

収納ケースとタイヤ固定用のベルトが付属する収納ケースとタイヤ固定用のベルトが付属する (c)フカヤ


ライドオアシス サイクルキャリーバッグ
バッグ本体 サイズ: 150 ㎝× 99 ㎝
収納袋サイズ: 30 ㎝× 22 ㎝× 6 ㎝
総重量:約700g
付属品:本体収納袋・車輪止め用ストラップ 3 本付属
価格:4,500円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 MINOURA(ミノウラ) RS-1800 レーススタンド
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
最安価格: ¥ 16,709
アマゾン価格: ¥ 16,709
の画像 MINOURA(ミノウラ) DS-532 600L ・チェーンステイ/シートステイフック式スタンド
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
参考価格: ¥3,827
最安価格: ¥3,045
アマゾン価格: ¥3,827
の画像 ミノウラ(MINOURA) ローラー台 ハイブリッドローラー FG542 前輪/固定式 後輪/自重式
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
参考価格: ¥ 58,300
最安価格: ¥ 41,459
アマゾン価格: ¥ 46,640