テクニカルかつスリッピーな泥コースで争われたスーパープレスティージュの第4戦で、マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)がシリーズ初勝利。女子レースは好調ぶりを見せつけたルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)が連勝している。



1周目から長らく独走態勢を築いたラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)1周目から長らく独走態勢を築いたラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ) photo:CorVos
ベルギー各地を転戦して争われるスーパープレスティージュの第4戦の舞台は、アントワープにある街メルクスプラス。郊外の草地と森を組み合わせたコースはテクニカルで、特に急勾配のキャンバーを小刻みに登り降りする森林セクションは乗車・降車の判断を分ける難しいもの。決定打が生まれにくいコースは雨に濡れたことで落車を誘発させ、男女レース共に力とテクニックをぶつけ合う名勝負が繰り広げられた。

男子レースで好ダッシュを決めたのはクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンスシクロクロスチーム)とラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)で、ヘルマンスが落車したことで3番以降が引っかかったことでファンデルハールが独走態勢に。かつてオランダ選手権と欧州選手権で優勝している29歳は20秒差を得て、レース中盤まで一人旅を続けることになる。

単独でファンデルハールを追うローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)単独でファンデルハールを追うローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
3番手グループを率いるエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)3番手グループを率いるエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
追走グループを率いたのは11月11日に開催された第3戦で勝利した好調ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)で、徐々にファンデルハールとの差を詰め、全9周回中の5周目に30分間逃げ続けていたファンデルハールをキャッチする。後方からは第1戦勝者トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)も追いついた。

この時点でテレネットバロワーズ・ライオンズは2対1と数的優位を築いたものの、6周目にマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)が、更に第2戦勝者で欧州王者のエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)も合流、さらに序盤力を使ったファンデルハールが遅れがちになるなど状況をひっくり返されてしまう。状況を打開するべくアールツがアタックするも決定打には繋がらず、ファントーレンハウトが8周目にカウンターアタックで抜け出した。

「スタートで出遅れ、一人ずつ抜いて先頭争いに加わったとき、アールツの走りにキレがないと分かった。最終周回に入った時のリードは数秒。何も考えずにただひたすらペダルを回し続けたよ」と言うファントーレンハウトは、アールツとチームメイトのイゼルビッドに対してノーミスで森林セクションを通過する。最終周回突入時5秒だったリードは9秒までに広がった。

独走態勢を築いたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)独走態勢を築いたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
スーパープレスティージュ初勝利を挙げたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)スーパープレスティージュ初勝利を挙げたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
2位でフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2位でフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVosスプリントでアールツを下したローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)スプリントでアールツを下したローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos


残るフラットセクションを危なげなくこなしたファントーレンハウトは、イゼルビッドを8秒、そしてスウェークとアールツを13秒引き離してフィニッシュへ。ビッグレースでコンスタントに上位に食い込むものの、勝利から遠ざかっていた26歳が涙と共にスーパープレスティージュ初勝利を挙げた。

「素晴らしいレースになったよ。大きなレースで勝利がなかったので尚更だ。特にテクニカルな森林セクションは僕向きで、大きな差がつきやすい砂もうまくこなすことができた」と振り返るファントーレンハウト。アールツは最後の砂場でイゼルビッドから遅れを取り、さらにゴールスプリントでスウェークに破れて4位に。レースをひっくり返したパウェルズサウゼン・ビンゴールが表彰台独占に成功している。

パウェルズサウゼン・ビンゴール勢が表彰台を独占パウェルズサウゼン・ビンゴール勢が表彰台を独占 photo:CorVos
ここまでスーパープレスティージュは4戦を終え、4選手が勝利を分け合う形に。獲得ポイントで争われるシリーズランキングはイゼルビッドが2位アールツを3ポイント、3位スウェークを5ポイント上回る僅差で首位を保持している。



55名が出場した女子レースは、序盤からシクロクロス界を席巻するオランダ勢がトップグループを築き上げる。世界王者セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)、ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)、そしてアンマリー・ワースト(オランダ、777)が飛ばしに飛ばし先頭グループを築き上げた。

女子エリートレースを制したルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)女子エリートレースを制したルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ) photo:CorVos
中でもペースを作ったのは第3戦で勝利しているブラントだった。ブラントの刻むハイペースにワーストは徐々に遅れ、レース終盤に入ってスタートで出遅れたデニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)が3位に浮上する。昨シーズンから何度も好勝負を繰り広げてきたブラントとアルバラードが火花を散らしながら先頭グループを築きあげた。

先頭グループに動きが生まれたのは、全6周回中の5周回目終盤にあるサンドセクションだった。先頭で砂に入ったブラントは轍を見失って砂に捕まり、上手くクリアしたアルバラードが7秒差で最終周回突入の鐘を聴く。しかしパワフルかつスムーズな走りを披露するブラントは、一時決まりかけたかに思えた差をすぐに埋めてプレッシャーをかけていく。すると、滑りやすいキャンバーに前輪を滑らせたアルバラードが落車した。

スーパープレスティージュ2連勝を飾ったルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)スーパープレスティージュ2連勝を飾ったルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ) photo:CorVos
アルバラードはすぐさまレースに復帰したものの、大チャンスを掴んで逃げるブラントの背中は遥か彼方。世界王者は再びコーナーでスリップダウンし、ベッツィマにパスされたことで3位へと転落してしまう。遅れたライバルを尻目にブラントがスーパープレスティージュ2連勝を挙げることとなった。

ブラントはシリーズランキングで首位アルバラードに1ポイント差まで詰め寄り、終始パワフルな走りで追い上げ続けたベッツィマが2位。「タフなレースで限界に達してしまい、何度もミスを重ねてしまった」と悔やむ世界王者は3位に入っている。
スーパープレスティージュ2020-2021第4戦男子結果
1位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)59:33
2位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:08
3位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:13
4位トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)
5位コルネ・フェンケッセル(オランダ、トルマンスシクロクロスチーム)0:22
6位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)0:27
7位フェリペ・オルツ(スペイン、テイカ・BH・Gスポート)0:36
8位ニルス・ファンデプッテ(ベルギー、アルペシン・フェニックス)0:43
9位ダーン・ソエテ(ベルギー、グループヘンス・マースコンテナーズ)0:50
10位ディエテル・スウェーク(ベルギー、クレディショップ・フリスタッズ)1:15
スーパープレスティージュ2020-2021第4戦女子結果
1位ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)43:10
2位デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:06
3位セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)0:16
4位アンマリー・ワースト(オランダ、777)0:20
5位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)0:36
6位ヤラ・カステリン(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)0:42
7位マノン・バッカー(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)
8位アンナ・カイ(イギリス、スターカジノCXチーム)0:56
9位パック・ピーテルス(オランダ、アルペシン・フェニックス)1:05
10位ペリーヌ・クラウゼル(フランス、A.S.バイククロスチーム)1:20
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ FC-R8000 46X36T 165mm 11S IFCR8000AX66
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥22,758
最安価格: ¥22,758
アマゾン価格: ¥22,758
の画像 シマノ RD-R8000 11S SS 対応CS ロー側最大25-30T ・トップ14Tギアに対応しています
付属/OT-RS900 ブラック IRDR8000SS
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 9,479
最安価格: ¥ 7,354
アマゾン価格: ¥ 7,440
の画像 シマノ CS-R8000 11S 11-25T 12345679135 ICSR800011125
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 5,999
アマゾン価格: ¥ 5,999