バルデが無念のリタイアを喫したものの、コヌフロワのマイヨアポア着用で存在感を示したアージェードゥーゼール。フレンチチームが使用したエディ・メルクスのStockeu69と、リドレーのDean Fastと思われるタイムトライアルバイクに焦点を当てる。



ロマン・バルデは特別カラーのメディ・メルクス Stockeu69を駆るロマン・バルデは特別カラーのメディ・メルクス Stockeu69を駆る photo:Makoto.AYANO
フランスの期待を背負うロマン・バルデを擁してツールを戦ったアージェードゥーゼール。今ツールではバルデが途中リタイアを喫してしまったが、第2ステージから16ステージまでブノワ・コヌフロワがマイヨアポアを着用し続け、存在感を放った。

アージェードゥーゼールは昨年に引き続きエディ・メルクスのStockeu69を、全マスドステージを通じて使用。現在エディ・メルクスのブランドは同郷リドレーの傘下にあり、Stockeu69はHellium SLXがベースとなっていることは周知の事実。なお525は使われておらず、全日間を通してディスクブレーキの使用率はゼロ。

COSMIC ULTIMATE、COMETE PRO CARBON SLの2種類を使い分ける。この写真は大会序盤のグラフィックCOSMIC ULTIMATE、COMETE PRO CARBON SLの2種類を使い分ける。この写真は大会序盤のグラフィック photo:Makoto.AYANOヴィットリアのCORSAに見えるトレッドと、ブレデシュタインに近い色味のケーシングを組み合わせたタイヤヴィットリアのCORSAに見えるトレッドと、ブレデシュタインに近い色味のケーシングを組み合わせたタイヤ photo:Makoto.AYANO

大会前半と中盤ではマヴィックロゴのデザインが異なるホイールを使用していた大会前半と中盤ではマヴィックロゴのデザインが異なるホイールを使用していた photo:Makoto.AYANO
Stockeu69というモデル名自体は昨年から変わりないが、今年は機械式変速用のワイヤーホールが廃された模様。電動変速専用と思しきアージェードゥーゼールのマシンは、Di2を使うチームへと供給されている専用品と思われる。しかしその一方、オリバー・ナーセン(ベルギー)はワイヤー受けが備えられたバイクに乗っていたようだ。タイムトライアル用のバイクも昨年に引き続き、リドレーDean Fastと思われるバイクを使用する。

アージェードゥーゼールにはタイヤサプライヤーとしてブレデシュタインが就いているが、シーズン初戦のツアー・ダウンアンダーでコンチネンタルのタイヤを使用していた。ツールで使ったタイヤはやや茶色がかったスキンサイドの色味からしてブレデシュタインだと思われるが、トレッドパターンはヴィットリアのCORSA。その詳細は謎のままだ。

タイムトライアル用バイクはリドレーのDean Fastと思われるタイムトライアル用バイクはリドレーのDean Fastと思われる photo:Makoto.AYANO
リアホイールにはCOMETE ROADをチョイスリアホイールにはCOMETE ROADをチョイス photo:Makoto.AYANOTT用の前輪はIOではなく、COMETE PRO CARBON SLを使用したTT用の前輪はIOではなく、COMETE PRO CARBON SLを使用した photo:Makoto.AYANO


ホイールはマヴィックのCOSMIC ULTIMATEもしくはCOMETE PRO CARBONのチューブラー。タイムトライアルではIOは使わず前輪にCOMETE、後輪にはCOMETE ROADをチョイスする。大会前半はプロ供給品のみの黄色いワンポイントロゴのみのプリントだったが、後半以降は白く大きな"MAVIC"ロゴのプリントに切り替わった。

シマノDURA-ACE DI2がメインコンポーネントで、ローターの2INPOWER、KMCのチェーンを組み合わせるセットアップには変更無し。ボトルケージはエリートのCUSTOM RACE PLUS、サドルはフィジークで統一されている。ハンドル/ステム/シートポスト周りはデダエレメンティを採用しており、ステム一体型ハンドルのALANERAと、それぞれが別体のSUPERZEROを選手によって使い分けている。バルデはALANERAユーザーだ。

バルデのブラケットフード下の工夫がアップデートされていたバルデのブラケットフード下の工夫がアップデートされていた photo:Makoto.AYANO
昨年はULTEGRAグレードのカセットスプロケットだったが、今年はDURA-ACEグレードを使用していた昨年はULTEGRAグレードのカセットスプロケットだったが、今年はDURA-ACEグレードを使用していた photo:Makoto.AYANOラインアップには無いチェーンリングを使用する選手も。プリントされた文字から推測すると54/39Tのようだラインアップには無いチェーンリングを使用する選手も。プリントされた文字から推測すると54/39Tのようだ photo:Makoto.AYANO

アージェードゥーゼールはローターの2INPOWER、KMCのX11SLを使用するアージェードゥーゼールはローターの2INPOWER、KMCのX11SLを使用する photo:Makoto.AYANO
バルデのハンドル周りと言えば、STIレバーのブラケットフード下にゴムブロックを仕込んでいるのが特徴。昨年はブロックのようなものを使用して手を置く部分を一段高くしていた(写真はこちら)が、今年は一箇所のみ盛り上がるカスタムに。バルデならではの工夫に試行錯誤の形跡とアップデートが今年は見られた。

text:Gakuto.Fujiwara
photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 Eddy Merckx: The Cannibal
カテゴリー: Book
メーカー: Ebury Press
参考価格: ¥1,563
最安価格: ¥1,563
アマゾン価格: ¥1,563
の画像 Merckx 69: Celebrating the World's Greatest Cyclist in His Finest Year
カテゴリー: Book
メーカー: Bloomsbury Sport
参考価格: ¥8,047
最安価格: ¥12,757
アマゾン価格: ¥8,047
の画像 Eddy Merckx, on m'appelait le Cannibale: Biographie (French Edition)
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: La Boîte à Pandore
参考価格: ¥1,663
最安価格: ¥1,663
アマゾン価格: ¥1,663